京都でかなり人気があるキャンプ場が笠置キャンプ場で、オンシーズンはもちろん寒い時期でもたくさんキャンプに来られています。笠置キャンプ場の人気がある理由は、大阪や京都市内から比較的近いことで、来られている方は大阪や京都の方がかなり多い印象。料金が割と安い: ...

フィールドチャッカーは、新富士バーナーのアウトドアブランド、ソト(SOTO)から発売されているガストーチ。我が家が、数あるガストーチからSOTOのフィールドチャッカーを選んだ理由は、使い勝手がよく安全だから。カセットガスを使用するので、安心して使えて信頼できるメー ...

フジカハイペットは、純日本製の石油ストーブ。日本製でしっかりとつくられているので、他の石油ストーブと比べて値段が高くなっています。値段は3万円以上しますが、日本製なので安心して使えるのがフジカハイペットのメリット。石油ストーブは芯交換すると何十年と使え、我 ...

最近はハイスタイルよりロースタイルの方が人気。我が家もキャンプを始めた頃はハイスタイルでしたが、時間が経つにつれ徐々にロースタイルに変わってきました。ハイスタイルは、自宅で使っているテーブルとイスのような感じなので、調理や食事がやりやすく、自宅にいるよう ...

10月の後半から3月にかけての気温が下がる季節は、必ず石油ストーブ持って行く我が家。石油ストーブがあると電源を使わなくてもよく、電源なしのキャンプ場が利用できるので、行けるキャンプ場の数が増えます。電源なしサイトは、電源があるサイトよりも利用料金が安く節約に ...

暑い日、自宅で過ごす場合はクーラーなどの冷房設備があり快適に過ごせますが、キャンプでは冷房設備がありません。特に夏場は朝から暑いので、朝食もできたら冷たい食べ物が食べたくなってきます。冷たい食べ物で、我が家がおすすめするのが冷やし中華。冷やし中華を作る時 ...

気温が高くなってくると、虫の活動が活発になり、いろいろな虫が現れます。厄介なのが、刺されると腫れて痒くなる蚊蚊は、どこのキャンプ場でも発生して、気づかないうちに刺されます。蚊に気を付ける時間帯は、気温が下がる朝と夕方から夜にかけて。35度以上になると、蚊の ...

ミニ焚き火台は、雑誌「fam 2015 Autumn」の特別付録としてついていたものですが、2017年にはSOTOからミニ焚き火台テトラとして製品化されました。特別付録のミニ焚き火台とSOTOのテトラの違いは、テトラには「Columbia 」の文字が入っていないことだけで、形や大きさなどは ...

新しくテントを購入したらグランドシートを一緒に購入されるか、自作されることをおすすめします。グランドシートは絶対必要!テントを設営する時は、グランドシートを必ず敷いて予防するのが大事。グランドシートの役割は雨のしみ込みを防いだり、テントの底の痛みを保護し ...

アラジンと開発を手掛ける株式会社千石が技術を融合させた、新ブランドのセンゴクアラジン。アラジンはブルーフレームが有名で、80年以上の歴史がある石油ストーブ。ブルーフレームは80年間、基本的な形は変わっていないこだわりの強さで、自宅はもちろんキャンプで使用され ...

↑このページのトップヘ