年間50泊している我が家は、気温が低くなった冬場でもキャンプに行きます。冬のキャンプは装備をきっちりとしておけば、それ程寒くはなく、自宅にいるより快適に過ごせます。冬場は焚き火だけで暖をとるのは厳しく、石油ストーブや電気毛布、ホットカーペットが必要になって ...

年間を通して一番過ごしやすい季節は秋キャンプで、真夏程暑くもなく真冬にキャンプをするよりも気温が下がらないので、重装備ではなくても手軽にキャンプができます。外にいる時は焚き火で暖がとれ、テントやシェルターの中はカセットガスストーブや石油ストーブ1台で快適に ...

キャンプやデイキャンプで炭を使う時、段ボールに入ったまま持っていっても全部使いきれず持って帰ってきます。何回か持ち運びすると段ボールは弱くなってくる段ボールが傷んでくると、隙間から炭くずが落ちてきて、車やキャンプ道具が汚れることもあります。粉々の炭が車に ...

キャンプでテントやタープを設営するのに必要なのがペグで、そのままペグ持っていくとばらけてしまうので、ケースが必ず必要。アウトドアメーカーからたくさんの種類のペグケースが販売されていますが、ペグの本数が多くなってくると入らないケースもあります。我が家はキャ ...

我が家はキャンプがメインですが、デイキャンプにもよく出かけます。デイキャンプの魅力は、手軽にアウトドアを楽しめること。キャンプと違って、デイキャンプは最低限の装備でOK!デイキャンプは、下記のようにフル装備で行くこともありますが、ほとんどは軽装備で行きます ...

青川峡キャンピングパークは三重県の北中部にあるキャンプ場で、施設はとてもきれいに管理されており、全国有数の高規格キャンプ場。最近は人気がありすぎて、なかなか予約が取りにくいのが残念な所。青川峡キャンピングパークは、3ヶ月前から予約をすることが可能なので、利 ...

キャンプでバーベキューをする時は、炭火でやることが一般的ですが、手軽にやりたい時もあります。家族で手軽にバーベキューをするなら、炉ばた大将が絶対おすすめ!炉ばた大将は焼肉を、手軽にできるのが魅力。カセットボンベを使用するので、簡単にバーベキューができます ...

無印で販売されている頑丈収納ボックスは、キャンプで使う小物や道具を入れるのに、ぴったりのボックス。我が家は、無印の頑丈収納ボックスを5年以上キャンプで使用していましたが、サイズ替えをしました。無印の頑丈収納ボックスの大から特大に買い替え今までキャンプで使っ ...

我が家のシングルバーナーは、SOTOから発売されているシングルバーナーST-301。シングルバーナーST-301の良さは、CB缶(カセットボンベ)を燃料として使用するので、どこでも購入ができ燃料代が安く済むとこと。カセットボンベなら、安売りの時に3本で200円程で購入できるこ ...

メスティンの見た目は、アルミの弁当箱のようで、とても懐かしい感じがします。メスティンは、スウェーデン製の飯盒でご飯を炊くのに、とても便利。米を浸す時間と水加減を間違わなければ、ほぼ失敗することはなく、おいしいご飯が炊けます。我が家はラージメスティンを2個と ...

↑このページのトップヘ