3019122201 (11)








年間50泊程する我が家ですが、キャンプを始めた頃は、いろいろな苦い経験もありました。






「今までキャンプをしたことがないので、失敗もたくさんある」


寒さ対策が不十分だったので、寒くて寝れなかったこと。


明るいランタンを保有していなかったので、暗い中夕食を食べたこと。暗い中食べる食事は、全く美味しくなかったですね。




3月終わりだというのに急に冷え込んで、暖房器具が電気ストーブしかなく寒い思いをしたことなど、いろいろと苦い思い出があります。




「キャンプを始めたばかりの頃は、いろいろと失敗することばかり」




今回は、初めてのキャンプの必需品やおすすめする物など、詳しくブログで紹介したいと思います。






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






キャンプ場選び:
2016082815








キャンプに行くのが初めてで不安だという方は、まずデイキャンプから初めて下さい。


デイキャンプで食事を作ったりタープの張り方を練習すると、ある程度の自信がつきます。




テントを張る練習をしたりするのも良いと思います。


3019080301 (2)








「ある程度、野外の過ごし方がわかったら次はキャンプ」


初めてのキャンプ場選びは、電源があるサイトがおすすめ。


2020020207 (2)












高規格キャンプ場:

2020013008 (5)








「初めてキャンプをされる方は、高規格の電源サイトがおすすめ」


ほとんどの高規格キャンプ場は、炊事棟からお湯が出るので、寒い時期に洗い物をするのが楽。


寒い時期は水が冷たいので、洗い物はけっこう大変。

2020020204 (5)

2020020204 (7)








高規格キャンプ場は、場内にお風呂があることも多く、車で行く手間が省け、時間に余裕ができます。


テントの設営や夕食の準備など、初めは時間のかかることばかりなので、少しでも時間に余裕があると助かります。




後、売店が充実しているので、忘れ物があっても安心。

2020020208 (2)

2018120901 (8)







「高規格キャンプ場を使う一番のメリットは、電源が使えること」





キャンプをしていて、電源が使えるのと使えないとでは、かなり居心地が違います。


自宅で使用している家電が持ち込めるのは、電源サイトの大きなメリット。




キャンプ場に家電を持ち込むことが出来れば、ほぼ自宅で過ごすのと同じで、初心者の方は
安心してキャンプができます。


2020013008 (4)








電気ストーブ・セラミックヒータ・電気毛布・ホットカーペットがあれば寒い時も安心。


シュラフが不十分でも、暖かく寝ることが出来ます。


2019012601 (2)








電源サイトなら暑い時は、扇風機なども持ち込めます。







「電源サイトの最大最強の暖房器具は、ホットカーペット+石油ストーブ」


ホットカーペットのサイズ選びは、2人で使用する場合は2畳タイプ、家族4人で使用する場合は3畳タイプのホットカーペットを選んで下さい。


2019012601 (3)
























「石油ストーブは、真冬のキャンプ以外ならトヨトミのレインボーで十分」


トヨトミレインボーの良い所は、燃費が良く値段が安いので手軽に購入できこと。




燃料を満タンにして車で持ち運びしても、燃料が漏れることはありません。


3019081803
























電源サイトは使用できる容量が決まっており、容量が超えてしまうと、ブレーカーが落ちてしまいます。


容量の多い電気カーペットと、何かしらの電化製品を併用するのは無理。







「ミニセラミックヒーター+容量の小さい電気毛布なら併用して使うことができます」


電気毛布をホットカーペット代わりに使用すると、ほんのりと暖かいです。



が沈むと、テントやタープの中は、思っている以上に暗くなります。





ランタン1個ぐらいでは、明るくなりません。


暗い中で過ごすのは不便で、特に食事の時が困ります。






「電源サイトの照明は、吊り下げの照明器具などがあるとかなり明るい」


我が家は、ニトリで購入したクリップ式の吊り下げ照明を使用。




クリップ式なのでポールなど、どこにでも吊り下げられます。


2020020802 (2)

2020020802 (1)

2020020802 (3)






















芝サイト:

2016051605








マットを敷かないとテントの床部分は硬く、かなり居心地が悪いです。


インナーマットや銀マットなど、地面の硬さを和らげてくれる物が必要。


特に砂利のサイトや石が多いサイトは、居心地がかなり悪いので、就寝する時が大変で痛くて寝れないこともあります。




芝サイトの場合、マットの装備が不十分でも芝がクッション代わりになり、思っている以上に快適に寝れます。






気温が下がると地面からは必ず冷気が発生し、地面からの冷気を遮断しないと、快適に就寝できません。


地面からの冷気を完全に遮断し、クッション性のある極厚の銀マットをテントの床部分に敷くと、インナーマットの代わりになります。


2020013010 (1)






















テント選び:
2016021607








「我が家が購入した始めのテントが、ロゴスの2ルームテント」


初めて買うタープやテントは、ある程度名前が通っており、手軽に購入できるものが良いと思います。




コスパが良い、コールマン・ロゴス・キャプテンスタッグ・ドッペルギャンガーなどがおすすめ。




無名のアウトドアメーカーのテントやタープは、防水面やつくりに問題があることもあるので、やめておいた方がいいと思います。




キャンプを続けられそうだと思えば、少し値段の高いテントやタープを買えばいいです。








「我が家のおすすめは、寒い時期や暑い時期など、春夏秋冬使える2ルームテント」


コールマンのタフスクリーン2ルームハウスがコスパに大変優れており、しっかりとしたつくりで、家族4人で使用できます。


FullSizeRender

FullSizeRender
























食器や鍋:

2016092709








キャンプを始められたばかりの時は、自宅で使用している食器や鍋で十分。


ある程度、キャンプに行くと自分の好みの食器や鍋がわかってくるので、それからそろえられても良いと思います。




我が家もそうですが、キャンプを始めた頃に買った食器や鍋は、たいてい使わないようになっています。




我が家は木の皿で盛り付けしており、より料理の見た目がよくなります。
























まとめ:

2020013011










テーブルやイスなどは、食事をする時などに必要ですが、キャンプを始めたばかりは高価な物は必要ないと思います。


イスやテーブルの安いものなら、2000円程で購入することができます。



キャンプをある程度していくと、必ず自分の好みがわかってきます。そこで、自分の好みの物を購入すればよいと思います。初めは、出来るだけお金をかけない方がいいですね。


以上、「初心者必見!初めてのキャンプのおすすめな物や必需品を詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!