3019040804 (5)






冬キャンプは寒く、朝晩は気温が氷点下まで下がることもあるので、しっかりとした暖房器具が必要になってきます。


電源サイトを利用される場合の暖房器具は、電気毛布やホットカーペット。

3019061302

3019081802 (1)






電源なしサイトを利用される場合の暖房器具は、石油ストーブやカセットガスストーブなどがあります。

2019030701 (10)






冬のキャンプを快適にするには暖房器具も大事ですが、就寝する時のシュラフにも気を付けてほしいと思います。


シュラフに気を付けないと最悪、寒くて寝れなかったということにもなります。




冬場に使用するシュラフは、電源サイトと電源が無しサイトでは違ってきます。


2019032501 (2)






電源サイトではホットカーペットを使用できるので、ダウンシュラフなど冬場の定番のシュラフは必要はありません。

2019012601 (3)






電源無しサイトを利用される場合は、暖房器具が使えなく、使えても湯たんぽだけなので寒く、しっかりとしたシュラフが必要です。

2019020601 (1)






ただ、条件によってはシュラフ無しでも大丈夫で、真冬の気温が下がる冬場でも何とか就寝することができます。


今回は、冬キャンプでシュラフなしで就寝する方法を詳しくブログで紹介したいと思います。




2016071108




お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram





冬キャンプのシュラフ:


できたらシュラフは購入された方がいい:

3019092302






冬キャンプは寒く、朝晩は気温が氷点下まで下がることもあるので、冬キャンプをされるならできれば冬場に使えるシュラフを購入された方がいいと思います。


冬場だからといってシュラフは、ダウンシュラフなどの値段の高いのを購入されなくてもよいです。


値段の安い分厚い化繊シュラフでも、十分に快適に過ごせます。




電源サイトではホットカーペットを使用すると、ダウンシュラフは必要なく化繊の分厚いシュラフでも大丈夫。



化繊シュラフは、ダウンシュラフに比べて値段が安いので手軽に購入できるのがメリット。

2019012601 (2)






電源無しサイトでは湯たんぽを使用すると、より暖かく過ごせます


冬場に電源無しサイトを利用される場合は湯たんぽと、分厚いシュラフ+薄手のシュラフの2枚重ねをすると真冬のキャンプでも割と快適に就寝ができます。

2019021401 (8)

2019021401 (9)






シュラフなし:

2019012101 (1)






冬キャンプは、朝晩の気温が氷点下まで下がることもあるので、できればシュラフを購入された方がいいとは思います。


ただ、条件によっては冬場にシュラフなしでも、何とか就寝することができます。




電源サイトの場合は必ず、ホットカーペットを使用して下さい。

2019012601 (3)






ホットカーペットの温度を上げ強にすると暖かく、シュラフなしでも就寝することできます。


ただ、ホットカーペットを使用しても、厚手の毛布などがあった方が良いです。


ホットカーペット+厚手の毛布を2枚重ねにすると、シュラフは必要なくなってきます。




ホットカーペットを2人で使用する場合は2畳用。4人で使用する場合は3畳用を選んで下さい。










電源無しサイトを利用される場合、大きなテントより小さな低いテントを選んで下さい。小さな低いテントの方が暖かい空気がこもりやすいので断然に暖かいです。


2018091101 (6)






就寝する時は、ユニクロで販売されている、超極暖など分厚いヒートテックを重ね着し、ダウンジャケットやダウンパンツなどを着て就寝すると、より快適に就寝ができます。


就寝する時は、湯たんぽ+分厚い毛布を使用して下さい。毛布は2枚重ねると、より暖かいです。




湯たんぽは、直火式の湯たんぽを選んで下さい。

2019021506






直火式の湯たんぽは、直接火にかけられるので、湯たんぽに水を入れカセットガスコンロで沸騰するまで温めるだけなのでとても簡単。


石油ストーブにもかけられので、放っておくだけで勝手にお湯が沸きます。

2019021005






我が家は、マルかの湯たんぽ3.5Lを使用しています。


3.5Lのお湯を入れられるので、就寝前に温かくしておくと朝まで温かさが持続します。













地面からの冷気に気をつける:

2019031101 (1)






寒くなると必ずといっていい程、地面から冷気が発生します。


寒い時期に地面を手で触ると、冷たいのが冷気で、テントの床部分も冷気が冷え込みます。




我が家は、極厚の銀マットを使用することで、冷気の遮断をしています。


極厚の銀マットは、冷気の遮断だけではなくクッション性もアップするので、1枚より2枚重ねがおすすめ。

3019092303
















自宅の布団をテント内で使用するという選択もありますが、布団はキャンプでは使わない方が良いと思います。


テント内で就寝すると必ず結露が発生し、布団が結露で濡れてします。


濡れた布団は乾かすのが大変で、布団を持ち運ぶので汚れたり砂がついたりすることもあるので、キャンプで布団を使うことはおすすめできません。




布団よりコンパクトな毛布だと、最悪汚れがついても洗うことができます。

キャンプで使用する場合、布団より毛布が良いのかなーと個人的には思います。






まとめ:

3019092302






冬キャンプは冬用のシュラフを使用し、購入された方が快適に過ごせると思います。


シュラフは、値段の高いダウンのシュラフではなく、化繊のシュラフでも2枚重ねをすることで暖かく過ごせます。




電源サイトの場合はホットカーペット、電源無しサイトでは湯たんぽを組み合わせると、より快適に暖かく過ごすことができます。


就寝する時は、よりぶ厚めの服やユニクロで販売されている超極暖を着て就寝すると、暖かく快適。


以上、「冬キャンプでシュラフ(寝袋)なしでも何とか寝れる!我が家の方法を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!