3019050101 (7)








「最近は、100円ショップのダイソーでも多くの種類のスキレットが販売されており、いろいろな形を選べるのが、ダイソーのスキレットの良い所」


ダイソーには、いろいろな値段のスキレットもあります。


3019050101 (3)

3019050101 (4)

3019050101 (5)









我が家もダイソーのスキレットは何種類か持っており、使いたいサイズに合わせて便利に使用しています。


3019050101 (1)









スキレットがあれば、いろいろな食材が美味しく焼けます。


3019050101 (7)

3019050101 (8)









「スキレットは、購入時に錆止めオイルが塗ってあるので、錆止めオイルを取るシーズニングが必要」


シーズニングは、1度だけの作業で簡単にでき難しくはありません。



3019050101 (2)









「スキレットは、鉄製で熱伝導率が高いので、美味しく食材を焼くことができます」


食材が冷めにくいので、いつまでも温かい料理を食べれるのも、スキレットの良い所。






「我が家はスキレットで、よく肉料理をします」


スキレットで肉を焼くと、温度が下がりにくく水分をよく飛ばすので、中はジューシーで外はパリッと焼け、テフロン加工のフライパンとは全く違う焼き具合になります。




おいしい肉料理を食べたいなら、絶対にスキレットがおすすめ!


2016080508

2016080509

2016073107









「スキレットはメンテナンスさえすれば、半永久的に使用することができ、使った後は必ず油を表面に塗って保管してください」


濡れたまま何も塗らないで放置すると、すぐに錆びてしまいます。




一度錆びてしまうと、錆を取るのがけっこう大変。



3019050502 (6)









「スキレットは購入時に、シーズニング作業を必ずやらなければいけません」


シーズニングとは、スキレットを錆びさせない為に表面に塗ってある、錆び止めオイルを取る作業。



シーズニングは、それ程面倒な作業ではなく、購入して使う前の1回限り作業なので、何度もする必要はありません。




今回は簡単にできる、スキレットのシーズニング方法を詳しくブログで紹介したいと思います。


初めてスキレットを購入される方は、ぜひ参考にしてくださいね。







2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







シーズニング:


2020022403 (1)









「スキレットを洗剤で洗います」


洗剤をつけて銀たわしなどでこすり、洗剤をきれいに洗い流してください。


2017092501









「洗剤で洗ったスキレットに水を入れ、3分程沸騰」


2017092508









沸騰したお湯を捨てて、水分を飛ばします」


強火で数分空焼きをし、錆止めオイルを完全に焼き切ります。




スキレットの表面の色が、白く変わってきたら終了。



2017092504
















「熱くなったスキレットを冷まし、洗剤で洗います」


2020051501 (4)









「サラダ油かオリーブオイルを内側に塗り、火にかけスキレットに油を馴染ませます」


油を塗って加熱すると白い煙が出てきます。


白い煙が出てきたら、スキレットに油が馴染んだ証拠。



2017092506

2017092507









「油をふき取ったら、シーズニング作業は完了」




野菜くずを炒める作業は、やってもやらならくても、どちらでも良いと思います。




スキレットに油を入れて熱しているので、すでにスキレットに油は馴染んでいます。






スキレットに油を塗るのは内側だけでよく、外側や取っ手の部分に油を塗らなくても錆びないと思います。









シーズニングの後は、焼肉!


2017092509









「シーズニングを終えて、タンを焼きます」



スキレットは、温度が下がらないので肉を焼くのに最適で、とてもおいしく焼けます。


2017092512

2017092513









我が家は、炭を使うのが面倒な時は、スキレットでよく焼肉をやります。



焼肉は網で焼くのが一般的ですが、スキレットでも十分においしく焼くことができます。




シーズニングを終えたら、まず肉を焼いてみてくださいね!フライパンよりおいしく焼け、焼き具合が全く違います。










まとめ:


2018090532 (9)









使用後は、お湯でぐつぐつ煮込んで汚れを浮かし、銀たわしでこすり汚れを完全に取り除いて下さい。


水かお湯で汚れを洗い流し、火にかけ水分を飛ばします。


スキレットに油を軽く塗り、保管して下さい。




基本洗剤は使いませんが、汚れが取れない場合は洗剤を使用しても大丈夫で、最後に油を軽く塗って下さい。


油を塗らないで、放っておくと必ず錆びるので、必ず油は塗って下さいね!




以上、「ダイソーのスキレット!シーズニングの方法を詳しく丁寧に説明。15分あればシーズニングは簡単にできる」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!