2016050206






スキレットを使うメリットは鉄製で熱伝導率が高いので、パリッと食材を焼くことができます。


一度温めると冷めにくいので、いつまでも温かい料理を食べれるのが良い所。





どんな料理でもスキレットで焼くと外はカリッと中はジューシーになり、フライパンで焼くよりスキレットの方が断然おすすめ。


我が家もキャンプの時は、よくスキレットを使って料理をします。上手においしく焼けるんですね。




冷凍のピザをスキレットで焼くと生地がカリッと、本格風なピザになります。

2016050208






スキレットでトンテキを焼きましたが、分厚い豚肉の割にはとてもやわらかくおいしく焼けました。


2016080509






スキレットを使っての冷凍たこ焼き。


油を多めにすると外はカリッと中はトロトロ。お店で食べるような感じで、本格的なたこ焼きになります。


2016080205






どんな料理もスキレットを使うとおいしくなり、キャンプ必需品だと思います。


キャンプで使うと便利なスキレットですが、汚れがひどくなる時もあります。例えば、我が家はマーボー豆腐を作った時など。

3019050702 (1)






汚れがひどい時は、洗剤でスキレットを洗っても大丈夫。


我が家はよくスキレットを洗剤で洗い、絶対に洗剤を使ったらいけないということもありません。


今回はスキレットを洗剤で洗い、洗った後のスキレットの保存方法を詳しくブログで紹介したいと思います。







2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram




スキレットを洗剤で洗う:

2017032807






スキレットで肉を焼いたりすると汚れがつき、焦げ付いたりして、油でコテコテになります。肉の油の独特な匂も、けっこう気になります。

2017032210

2017032211






例えば、中華料理などを作った時などもスキレットはけっこう汚れ、匂いもします。


3019050702 (1)






スキレットに水を入れ煮詰めて沸騰させると、焦げ付き黒ずみは浮いてきて汚れは取れます。


ただ、汚れや匂いは、洗剤を使わなければ完璧に取れるような気になりません。





スキレットの汚れや匂いがひどい時は、洗剤を使って汚れをきれいに落としても大丈夫で、特に問題もありません。


スキレットは絶対に、洗剤を使って洗ってはいけないということもありません。




洗剤を使うと匂いや汚れが完璧にとれ、安心して次回も使えます。

2017032605






スキレットを洗剤できれいに洗った後は、必ずやらなければいけないことがあります。


スキレットを洗剤できれいに洗った後は、必ず水分を全て飛ばして下さい。


水分が残っていると、1晩であっという間に錆びてしまいます。




火にかけるかして完璧に水分を飛ばし、水気を残さないようにして下さい。


2017032603






水分を飛ばしたスキレットを、熱い内にサラダ油やオリーブオイルを塗ります。キッチンペーパーなどを使うと、うまく油を塗ることができますよ。

3019070701 (2)






油を塗ったスキレットは新聞紙かキッチンペーパーに巻いて保存し、ラップで巻いておくと、油が漏れたりはしません。




これで洗剤で洗ったスキレットも、次回も問題なく使えます。


スキレットは水分を飛ばして、油を塗っておけば絶対に錆びることはありません。長期保管もできます。






まとめ:

2017040210






スキレットの汚れがひどい時や、匂いが気になる時は洗剤を使用して洗っても良いと思います。その時は、完璧に水分を飛ばして油を塗って下さいね。


油は、サラダ油やオリーブオイルで大丈夫。キッチンペーパーを使うと、簡単に塗れます。


濡れたまま放っておくと、あっという間にスキレットは錆びてしまいます。




錆びてしまうと、錆を取るのがけっこう面倒。


スキレットが錆びないように、油を塗って保管をして下さい。スキレットは鉄で出来ているので、メンテナスさえすれば長年使用ができます。




キャンプの料理にスキレットがあれば、フライパンで焼くより美味しく焼け、キャンプの絶対の必需品。




以上、「スキレットの汚れや匂いが気になる時は洗剤で洗っても大丈夫。スキレットを洗剤で洗った後の対処方法を詳しくブログで紹介」でした。



 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!