2019020302






キャンプ業界で上位のシェアがあるコールマン。


コールマンといえばテントやタープが売れ筋で人気があり、キャンプ場に行けばコールマンのタープやテントをよく見かけます。


キャンプをこれから始められる方や値段の割にはコスパが良いテントを探されている方は、コールマンを選ばれることが多いです。




コールマンで昔から人気があるのが、ドーム型テントと2ルームテント。



2ルームテントは、タープとテントが合体しているので、テントとタープを別々に購入しなくてもよく、お得感とコスパに優れています。




コールマンの2ルームテントでお得感がありコスパに優れているのが、タフスクリーン2ルームハウス。


タフスクリーン2ルームハウスは6万円程で販売されているので、手軽に購入できるのも良い所。




今回はタフスクリーン2ルームハウスをスポーツオーソリティーで実際見てふれてきた我が家が、タフスクリーン2ルームハウスを徹底的に検証したいと思います。



タフスクリーン2ルームハウスを購入予定の方は、ぜひ参考にしてくださいね!






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









タフスクリーン2ルームハウス:

2019020303






タフスクリーン2ルームハウスを販売しているのは、キャンプ業界で上位のシェアがあるコールマン。


コールマンといえばキャンプ場でよく見かけるアウトドアメーカーで、緑のイメージカラーでたくさんの方がコールマンのテントを使用されています。




たくさんの方が使われているということは、それだけ使い勝手がよく購入しやすい価格だということ。


タフスクリーン2ルームハウスも使い勝手がよく購入しやすい2ルームテント。




我が家は、コールマンのタフワイドドームとスクリーンキャノピータープを保有しています。



8年前に購入しましたが、今でも使用することができ、とても丈夫でしっかりとした造り。


2016011002






タフスクリーン2ルームハウスの生地をスポーツオーソリティーでさわって見て確認しましたが、生地はめちゃくちゃ分厚くはありませんが、とてもしっかりとした生地でしっかりとした造り


年間数泊から10泊ぐらいしかキャンプに行くことがない方ならスノーピークやキャンパルジャパンの値段が高い2ルームテントはもったいので、リーズナブルな値段で購入できるタフスクリーン2ルームハウスがおすすめ






基本スペック:

2017050810






タフスクリーン2ルームハウスの一番の魅力は、テントとタープが合体しているので、リーズナブルな値段で購入できます。


コールマンのタフスクリーン2ルームハウスなら6万円程で販売されています。



スノーピークやキャパルジャパンで2ルームテントを購入しようと思えば10万円以上はしますから、タフスクリーン2ルームハウスの6万円はかなり手ごろでお得な価格。




タフスクリーン2ルームハウスは、コールマンから販売されているのでコストパフォーマンスがよく、手頃な値段の割りにはしっかりとした造り。



タフスクリーン2ルームハウス

■1人でも設営可能なアシスト機能

■室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステム

■キャノピーポールで前室も活用できる広々リビングスペース

■強風でもびくともしないアルミ合金製メインポール

●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm) 

●定員:4~5人用 

●インナーサイズ:約320×230×170(h)cm 

●収納時サイズ:約ø30×74cm 

●重量:約16kg 

●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/210Dポリエステルオックスフォード

●付属品:キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース








リビング:

2017050804






リビングが約340×260×215(h)cmなので、4人家族で使うなら広々と使うことはできませんが、コンパクトなキャンプをするなら十分。


イスやテーブル、クーラーボックスなど最低必要限でキャンプをするなら特に問題はありません。




4人家族で、お座敷スタイルにするとゆったりと過ごすことができるので、特におすすめ!

2019020306






タフスクリーン2ルームハウスのすごい所は、リビングの出入口の3面全てがキャノピーがつけられること。


キャンプサイトの形や広さで、キャノピーをする場所が決められるので、とても便利。




夏場は出入り口の3面とインナー部分のメッシュを開けてフルオープンにすれば風通しが良くなり夏場のキャンプも快適。



寒い時期はリビング部分にスカートが付いているので、春や秋のキャンプでも問題なく使用できます。


2019020305
2019020304





インナー:

2017050802






インナーサイズは約320×230×170(h)cmあり、大人2人の子供2人の4人家族がベスト。


大人2人の子供3人の5人家族で使用する場合は、荷物を入れなければ十分に寝るスペースはあります。




インナーの生地も割としっかりとした造り。

2017050805






タフスクリーン2ルームハウス設営方法:






タフスクリーン2ルームハウス撤収方法:








タフスクリーン2ルームハウスは通常のベージュの色とは別にオリーブやレッドがあるので、自分好みの色が選べるのもタフスクリーン2ルームハウスの良い所。


















まとめ:

2017050801






タフスクリーン2ルームハウスは、2017年の新製品から緑色からベージュになりました。


ベージュの色もまだまだ浸透していなく、キャンプ場には緑色のコールマンが多いので、同じコールマンのテントでもベージュだと人と違った雰囲気になります。




値段が安い割にはしっかりとしていて長年使えるので、これからキャンプを始められる方で、2ルームテントを探しておられる方にもおすすめ!


値段が安く購入しやすいのもタフスクリーン2ルームハウスの魅力。




設営を1人でしなければいけない時、アシスト機能が付いているので簡単に設営することができます。奥さんにお子さんを預けて、1人設営もありですね!





以上「タフスクリーン2ルームハウスを実際に見てふれて感じたこと全てを詳しくブログで紹介」でした。



 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!