3019110601 (3)






キャンプ業界で、上位のシェアがあるコールマン。


コールマンはキャンプ用品をたくさん販売されていて、その中でもテントが特に人気があり、キャンプ場に行けばコールマンのテントをよく見かけます。


使用されている方が多いということは、それだけ使い勝手がいいということ。




コールマンで昔から人気があるのが、ドーム型テントと2ルームテント。



2ルームテントはテントとスクリーンタープが合体しており、テントとスクリーンタープを別々に購入しなくてもいいので、値段が安くとてもお手軽。





コールマンの中でも手軽に購入できるのが、タフスクリーン2ルームハウス。



タフスクリーン2ルームハウスは値段が安く、6万円程で販売されています。


キャンプをこれから始められる方や、値段の割にはコスパが良いテントを探しておられる方は、コールマンのタフスクリーン2ルームハウスがおすすめ。




今回は、タフスクリーン2ルームハウスを実際見て触れてきた感想を、詳しくブログ紹介じたいと思います。


タフスクリーン2ルームハウスが気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね!





2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram





タフスクリーン2ルームハウス:

3019110601 (8)






タフスクリーン2ルームハウスを販売しているのは、キャンプ業界で上位のシェアがあるコールマン。


コールマンは緑のイメージカラーが特徴で、コールマンのテントを使用されている方をキャンプ場でよく見かけます。


多くの方が使われているコールマンは使い勝手がよく、手軽に購入できるテントが多いのが特徴。




タフスクリーン2ルームハウスも、使い勝手がよく購入しやすい2ルームテント。

3019110601 (3)






我が家は、コールマンのタフワイドドームとスクリーンキャノピータープを保有しています。


数年前に購入しましたが今でも現役で、とても丈夫でしっかりとしたつくりです。


2016011002






タフスクリーン2ルームハウスも、丈夫でしっかりとしたつくり。



生地を触って見て確認しましたが、生地はめちゃくちゃ分厚くはありませんが、とてもしっかりとした生地でしっかりとしたつくりです


3019110601 (2)






骨組みのポールはアルミですが太く、がっちりとしています。

3019110601 (7)






年間数泊から10泊ぐらいのキャンプなら、スノーピークやキャンパルジャパンの値段が高い2ルームテントはもったいなく、リーズナブルな値段で購入できるタフスクリーン2ルームハウスがおすすめ






基本スペック:



2017050810





タフスクリーン2ルームハウスの一番の魅力は、テントとスクリーンタープが合体しているので、リーズナブルな値段で購入できます。




コールマンのタフスクリーン2ルームハウスは、6万円程で販売されています。



スノーピークやキャパルジャパンで2ルームテントを購入しようと思えば10万円以上はしますから、タフスクリーン2ルームハウスの6万円はかなり手ごろで購入できる2ルームテント。




タフスクリーン2ルームハウスは、コールマンから販売されているのでコスパがよく、手頃な値段の割りにはしっかりとしたつくり。



タフスクリーン2ルームハウス

■1人でも設営可能なアシスト機能

■室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステム

■キャノピーポールで前室も活用できる広々リビングスペース

■強風でもびくともしないアルミ合金製メインポール

●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm) 

●定員:4~5人用 

●インナーサイズ:約320×230×170(h)cm 

●収納時サイズ:約ø30×74cm 

●重量:約16kg 

●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/210Dポリエステルオックスフォード

●付属品:キャノピーポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース








リビング:

3019110601 (9)






リビングは約340×260×215(h)cmあり、コンパクトなキャンプをするなら4人家族でも十分に過ごせます。

3019110601 (1)






4人家族なら、お座敷スタイルにするとゆったりと過ごせるので、お座敷スタイルは特におすすめ。




タフスクリーン2ルームハウスは、リビングの出入口の3面全てにキャノピーがつけられるので、どんな形のキャンプサイトでも対応ができます。


キャンプサイトの形や広さで、キャノピーをする場所が決められるので、とても便利。




夏場は出入り口の3面と、インナー部分のメッシュを開けてフルオープンにすれば、風通しが良くなり夏場のキャンプも快適。


2019020305
2019020304





リビング部分にスカートが付いているので、気温が下がる春や秋のキャンプでも問題なく使用できます。

3019110601 (10)






インナー:

2017050802






インナーサイズは約320×230×170(h)cmあり、大人2人と子供2人の4人家族がベスト。


大人2人と子供3人の5人家族で使用する場合、荷物を入れなければ寝るスペースだけは確保できます。

3019110601 (6)






インナーの生地も、しっかりとしたつくり。

2017050805






インナーテントは吊り下げ式なので、雨の日の設営撤収の時、インナーテントが濡れなくてすみます。

3019110601 (5)






タフスクリーン2ルームハウス設営方法:






タフスクリーン2ルームハウス撤収方法:








タフスクリーン2ルームハウスは、ベージュの色とは別にオリーブやレッドなどいろいろな色があるので、自分好みの色が選べるのもタフスクリーン2ルームハウスの良い所。


















まとめ:

3019110601 (8)






タフスクリーン2ルームハウスは、2017年からカラーが変わり、緑色からベージュになりました。


ベージュの色もまだまだ浸透していなく、キャンプ場には緑色のコールマンテントが多いので、ベージュでも人と違った雰囲気のテントになります。




値段が安い割にはしっかりとしていて長年使えるので、これからキャンプを始められる方で、2ルームテントを探しておられる方にもおすすめ。


値段が安く購入しやすいのも、タフスクリーン2ルームハウスの魅力。




設営を1人でしなければいけない時、アシスト機能が付いているので簡単に設営することができます。


例えば、奥さんにお子さんを預け、自分1人設営もできます。





以上「タフスクリーン2ルームハウスを実際に見て触れて感じたこと全てを詳しくブログで紹介」でした。


 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!