2019012101 (3)






シェルフコンテナは、スノーピークから発売されているコンテナボックスで、広げたり積み重ねたりテーブルにできたりと、いろいろな使い方ができます。


いろいろな場面で、自分の好きな使い方ができるので、シェルフコンテナはとても便利。


道具を入れる収納ボックスにしたり、天板があれば棚やテーブルにもなります。使い方は自由で、自分の好きなようにアレンジが可能。




我が家は天板をつくって、シェルフコンテナをテーブルとして使用しています。


ロースタイルの方は、シェルフコンテナをテーブルにするとベストの高さで、とても使いやすいと思います。




テーブルにする場合、シェルフコンテナ専用の天板はスノーピークから発売されていません。


自作をして天板をつくるか、スノーピークから発売されているMyテーブル ステンレストップがジャストサイズ。


Myテーブル ステンレストップは、シェルフコンテナ25には合いますが、シェルフコンテナ50には合いません

2017060503

3019051207











以前は、シェルフコンテナが売れ過ぎて在庫がなく、入荷待ちの状態が続いていました。


現在は、供給が追い付き、楽天やアマゾンでも販売されていて手軽に購入できます。



手軽に購入できるので、シェルフコンテナを1台持っておくとキャンプでとても便利。





今回は、我が家が2年間使用し続けたシェルフコンテナの使い勝手と、簡単につくれる自作の天板を詳しくブログで紹介したいと思います。


シェルフコンテナが気になる方は、ぜひ参考にして下さいね!







2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






シェルフコンテナ25:

3019040801 (5)






シェルフコンテナには、シェルフコンテナ25とシェルフコンテナ50の2種類があり、大きさが違います。


下記のサイズを参考に、シェルフコンテナ25のひと回り大きなサイズがシェルフコンテナ50。



シェルフコンテナ25:W520×D325×H210mm
シェルフコンテナ50:W625×D405×H270mm





2017060502









我が家が購入したのは、シェルフコンテナ25。


シェルフコンテナ25は、シェルフコンテナ50に比べて一回り小さなサイズになっていますが、我が家にはちょうど良い大きさです。


シェルフコンテナ25は、車の積載や持ち運びにちょうどいい大きさで、ベストなサイズ。




安心のスノーピーク製なので、思っている以上に頑丈で丈夫。


本体はスチール製で分厚く、しっかりとしたつくりなので、長く使えるのもシェルフコンテナの良さ。

3019051001






天板:

2017062013






シェルフコンテナ25は専用の天板発売されていないので、Myテーブル ステンレストップを購入するか天板を自作でつくるしかありません。




我が家は木製の天板の方が良かったので、天板を自作しました。


自作というと大げさになりますが、ほんと簡単で誰でも手軽につくることができます。




まず、ホームセンターに行って自分の好みの木板を決め、木板を決めたらホームセンターで切ってもらいます。


自分で切るより、ホームセンターで切ってもらった方が、きれいにできます。




我が家の天板のサイズは、縦33×横45×厚さ1.7cm。 


切ってもらった木板を、100円ショップで購入した紙やすりで研磨します。

2017062002






紙やすりで研磨をしたらオイルステインを塗ります。




最後に、テーブルが動かないように裏面に板をつけるだけ。


裏面の板は、ホームセンターで切ってもらった木材の切れ端を使いました。裏面は見えないので、あまった木材でもよいと思います。

2017062006







下記のような感じで、テーブルの裏面に切れ端を付けます。裏面に付けることで滑り止め効果になります。

2017062012






木板の切れ端と天板の間は、木工用のボンドを使用。


けっこうがっちりつくので、固定は木工用のボンドだけでいいと思います。


2017062007






天板を作ったら、シェルフコンテナにステッカーを貼ります。我が家は、チャムスのステッカーを事前に購入しておきました。


2017062005






ステッカーを貼ることでシェルフコンテナが、より自分好みになるのでおすすめ。


但し、シェルフコンテナの表面にはおうとつがあるので、大きいステッカーを貼るときは注意して下さい。

2017062013














テーブル:

2017062011






シェルフコンテナ25をテーブルにしている我が家ですが、テーブルの中はキャンプの小物を入れています。

2018070937






下記のような感じで、100円ショップで購入した大きめのポーチの中に、箸やナイフやスプーンなどの小物を入れています。


ポーチを種類ごとに分けておくと、探す必要がないのでとても便利。

2018070936






金具をロックしたら固定ができ、ロックを外すとシェルフコンテナがの横に開きます。

2017062010






下記が金具を外して広げた状態で、広げると大きなものが入ります。

2017062009















まとめ:

2019021701 (7)






シェルフコンテナ25を2年間使ってみての感想は、購入して良かった!と思います。


荷物を入れられて、尚且つテーブルとして我が家は使っています。




シェルフコンテナは見た目や雰囲気がよく、ステッカーを貼ることで、より自分好みになります。


安心のスノーピーク製なので、頑丈で丈夫。


しっかりとしたつくりなので壊れることがなく、長く使えるのもシェルフコンテナ25の良さ。




テーブルとして使用する場合、ロースタイルはシェルフコンテナ1個、ハイスタイルの場合は2個重ねるとちょうどいい高さになると思います。





以上、「シェルフコンテナ25を2年間使い続けている我が家が購入した理由を詳しくブログで紹介。天板は自作でつくれます」でした。



 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!