2019031101 (2)






キャンプでゆったりと過ごしたい方におすすめなのがロースタイル。


ロースタイルは地面から近く、イスに深く腰を下ろせるので、ゆったりとキャンプを楽しめます。




キャンプを始めた頃はハイスタイルだった我が家。そこから、徐々にロースタイルに変わっていきました。


我が家がロースタイルに変わった大きな理由は、サンドチェアを購入したこと。




サンドチェアはアメリカ製の荒っぽい造りが特長で、全てハンドメイドで造られているローチェア。


サンドチェアに限らず、ローチェアを購入するとキャンプスタイルが変わっていきます。

2015110912















低いイスは、立ち上がるが大変で腰が痛くなると思われがちですがそんなことはなく、慣れれば意外に快適に過ごせます。


ハイスタイルでキャンプをされている方は、まずロースタイルのイスを購入すると変わっていきます。




今回は、我が家のスタイル!ロースタイルの良い所を紹介したいと思います。







2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






ロースタイル:

2019031101 (1)






ロースタイルの一番の魅力は、やはり見た目が良いこと。


現在発売されているおしゃれなイスやテーブルはロースタイルがほとんどで、見た目がいいイスを購入されたいならロースタイルがおすすめ。






メリット:

2019021701 (7)







ロースタイルのメリットは、ゆったりとキャンプで過ごせること。


イスに座ると足を伸ばせるので過ごしやすく、春や秋など暖かい季節はうたた寝ができ、イス寝はとても気持ちがよく幸せな気持ちになります。


ハイスタイルと違いロースタイルはイスに座り、足を伸ばしてゆったりとキャンプができるのが良い所。




ロースタイルは地面から低い所で過ごすので高さに余裕ができ、家族でキャンプをする場合でも圧迫感がなく、ハイスタイルよりゆったりとキャンプができます。

2019012101 (2)

2019012601 (4)





キャンプで焚き火をする時も、ロースタイルだと便利。

2018122301 (4)






アウトドアメーカーから販売されている焚き火台の多くは、高さの低い焚き火台。


低い焚き火台にハイスタイルのチェアでは焚き火がやりにくいので、焚き火をする時も絶対ロースタイルの方が便利。




ロースタイルのデメリットはあまりなく、現在キャンプをされている方はロースタイルでキャンプをやられている方がほとんど。



ロースタイルの方が多いということは、それだけ居心地が良いということ。




一度座ったら立つのに苦労する、腰が痛くなる、食事や調理が低くてやりにくいという方もおられますが、慣れれば全く問題はありません。


ロールタイルのイスとテーブルで調理ができ、食事も問題なくできます。

2019030301 (1)

2019030302 (10)

2019030302 (11)






我が家は8年以上ロースタイルでキャンプをやっていますが、今の所は特に不便を感じたりすることはありません。




ロースタイルは我が家にとっても、とてもおすすめなキャンプスタイルだと思います。





まとめ:

2019011302 (9)






現在、圧倒的に流行っているのがロースタイル!


おしゃれでかわいいイスやテーブルのほとんどは、ロースタイルが多いです。




ハイスタイルでキャンプをされている方、今からキャンプを初めようという方は、ロースタイルで過ごすキャンプがおすすめだと思います。




以上、「キャンプでロースタイルをやっている我が家がロースタイルの良い所を紹介!」でした。


 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!