2017100207
(キャンプブログ:キャプテンスタッグのレザーグローブ)








スキレットやダッチオーブンを持ち運ぶ時に使うのがレザーグローブ! レザーグローブは皮でできているので、ある程度熱さを保護してくれます。キャンプをする上で、持っていると非常に役に立つと思います。



レザーグローブはスキレットやダッチオーブンの他に、火起こしや焼き料理の際にも使います。割といろいろなことに使えるんですね!


我が家は、バーベキューの火起こしに、よく使用していたので炭で真っ黒になっていたんです。なので、今回買い替えたんです。








スノーピークやグリップスワニーなど、革の厚さと縫製が割りと優れているレザーグローブは結構高価です。


我が家が購入したのがキャプテンスタッグのレザーグローブ!1000円以下で販売されています。



皮の厚さと製法は優れていませんが、値段が1000円以下なので安値で買えるんですね!質より値段だなーという方は、おすすめするレザーグローブだと思います。



今回は、我が家も購入したキャプテンスタッグのレザーグローブを紹介したいなーと思います。レザーグローブで迷われている方は、ぜひ参考にして下さいね!














2016071108












お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram















キャプスタのレザーグローブ:

2017100203







以前使用していたレザーグローブは、炭で真っ黒。バーベキューの炭を触ったり焚き火に使って汚れてしまったので、今回は買い替になりました。


我が家は、割とすぐに汚してしまうので、それ程高価なレザーグローブはいりません。安いので十分なんです。







キャプテンスタッグのレザーグローブは、スノーピークやグリップスワニーなどのレザーグローブと比べて、皮の分厚さが劣ります。やはり値段が安いということで薄手になるんですね。


皮が薄い分、割と柔らかいなーという印象です。我が家が以前使用していたレザーグローブより薄いんですが使いやすい感じですね!それに薄手なので、割りとゴワゴワしません。

2017100202









キャプテンスタッグのレザーグローブを手にはめてみると少し余る感じです。


わたし自身、手はそれ程大きくないですがジャストフィットではありません。なので、手が大きい人でも大丈夫だと思います。


2017100201










熱々のスキレットを持った感じは、短時間なら大丈夫です。長く持っていると、やはり皮が薄いので熱さが伝わってきます。ですが、使いにくいなーということはありません。

2017092507










メスティンの蓋は、素手で触れないくらいの熱さです。アルミですから熱さが割と伝わってくるんですね。


でも、この程度の熱さならキャプテンスタッグのレザーグローブで長時間触っても全く問題なしです。





我が家は、いつもメスティンの蓋を取る時や裏返す場合に使用しています。


2017100206









1000円以下で買えるレザーグローブとしては、見た目が良いと思います。それ程作りも雑ではありません。






キャプテンスタッグのレザーグローブが1000円以下で販売されているので、安いから我が家は購入しました。


もし、この商品が3000円以上するなら絶対買わないと思います。安値で売っているので、購入したということになります。


2017100205










やはり、手に付けた感じは薄いなーという印象です。分厚いレザーグローブが欲しいなーという方は、やめておいた方がいいかもしれません。


皮が薄い分、柔らかいので我が家は使いやすいと思いました。使い勝手は、それ程悪くはありません。
























まとめ:

2017100204







わたし自身、レザーグローブをすぐに汚してしまいます。割と真っ黒になるんですね。なので、高価なレザーグローブは必用ないなーと思いキャプテンスタッグのレザーグローブを今回購入しました。


安いレザーグローブだと、いつでも買い替えできますからね!我が家みたいに、すぐに汚してしまう方はキャプテンスタッグのレザーグローブが良いかもしれません。





1000円以下で購入できるので、お得感はありますね!少々薄手というのが難点ですが、使用してみて使いやすいなーと思いました。




以上、「キャプテンスタッグのレザーグローブを購入!メリットとデメリットを詳しく紹介します」でした。



アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!