2017111301








「寒い時期のキャンプで快適に過ごせるのが、電源が付いたサイトで、電源サイトは電化製品が使用できるのがメリット」


ファンヒーター・ホットカーペット・電気毛布など自宅で使用しているあらゆる暖房器具がキャンプで使えます。




就寝する時も、電源サイトならホットカーペットや電気毛布が使えるので、朝までぐっすり寝れて、寒さで起きることはまずないと思います。



2020013008 (7)










「寒い時期のキャンプで、快適に寝るなら電源サイト」


キャンプ場によっては電源のないサイトや、電源がない場所しか予約が取れないということもあります。


2020041401 (2)









「電源がないサイトで寒さを和らげて、快適に就寝ができるのが湯たんぽ」



湯たんぽがあると、真冬でも快適に就寝ができます。


FullSizeRender









今回は、電源が無いサイトでも暖かく就寝ができる、我が家のおすすめ湯たんぽを詳しくブログで紹介したいと思います。


寒い時期に電源無しサイトを利用される方は、ぜひ参考にして下さいね。







2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






湯たんぽ:

2020013009 (5)









「湯たんぽの種類は、大まかに分けると2種類あります」



やかんやケトルで沸騰させたお湯を湯たんぽに入れるタイプと、直接火にかけられて直火ができるタイプの湯たんぽ。




多くの方は、沸いたお湯を湯たんぽに入れる、プラスチック製のタイプを使われていると思います。



3019091904









「自宅で使用する場合は、電気ポットや電気ケトルからお湯を入れられるので、それ程面倒ではありません」


キャンプで使用する場合、カセットコンロや石油ストーブでお湯を沸かして湯たんぽに入れなければいけないので、とても面倒。



3019120201 (1)









「我が家は、お湯を入れるタイプの湯たんぽを持っていますが、全くキャンプで使用してません」


数回利用しただけで、全く使わなくなりました。


使わななくなった理由は、手間がかかり寝るのに時間がかかってしまうから。




家族分のお湯を沸かすとなると、かなり時間がかかってしまいます。


3019040801 (2)









「沸いたお湯を湯たんぽに入れるのは、時間がかかりとても面倒で無駄な作業」


それに、やかんやケトルが小さいと、何回もお湯を沸かして入れなければいけません。


3019051902 (2)










直火の湯たんぽ:


FullSizeRender









「キャンプで使用する湯たんぽは、直火ができるタイプがおすすめだと思います」


直火ができる湯たんぽの良い所は、直接カセットコンロにかけられること。


2018020109









「石油ストーブを使っておられる方は、ストーブの上にのせて温めることも可能です」



石油ストーブを使うと、放っておいても水を入れた湯たんぽが沸きます。




ガス代がいならいのも、メリットのひとつ。


2017111308










マルカの湯たんぽ:


3019120802 (3)









「我が家が使用しているのが、マルカの湯たんぽ3.5Lで、金属製なので直火が可能」


マルカの湯たんぽ3.5Lの良い所は、寝る前に湯たんぽをセットすると、容量が3.5Lもあるので朝まで温かさが続きます。


2017111301









「容量が3.5Lもあるので、なかなか冷めないのが大きなメリット」



朝まで暖かく快適に寝ることができるので、寒い時期のキャンプは、湯たんぽが我が家の必需品です。


3019120801 (9)










使い方:


2018020108









「マルカの湯たんぽは、水を入れる穴が狭くないので、水道の蛇口から直接水が入ります」


水は、口元ほぼいっぱいまで、必ず入れて下さい。




水が少ないと空気層ができて、湯たんぽがへこむ原因になります。


2017111303









「湯たんぽのキャップは、パッキンがついているので、キャップからお湯が漏れることがなく、安全に使うことが可能」


2017111302









「マルカの湯たんぽには、付属のカバーが付いています」


カバーは薄くはありませんが、カバー1枚だけだと熱すぎる時もあるので注意が必要。




我が家は、湯たんぽをタオルで包んでから付属のカバーに入れています。そうすることで、低温やけどの発生を防ぐことができます。



タオルを巻いて付属のカバーに入れると、低温やけどの心配もなく快適に就寝できます


2017111304









「マルカの湯たんぽ3.5Lは容量多いので、その分大きくなっています」


家族が多いと、持ち運びや車の積載に大変。


IMG_3091









「我が家は、その日に使わないものを極力減らして、空いた所に湯たんぽを入れて車に積み込んでます」



電源が無いサイトで寒い時期は、必ず持っていきます。




寒い時期に電源無しサイトでキャンプをされるなら、絶対湯たんぽはおすすめ。


2020013009 (5)









「マルカの湯たんぽ3.5Lの大きさは、下記の通り」



ガスボンベと比べてみたら、大きさがある程度は伝わると思います。


2017111305

































まとめ:


2017111301









お湯を入れるタイプと比べて、直火できる湯たんぽは値段が高くなってしまいます。



ただ、買い替えることを考えたら、初めから直火式の湯たんぽを購入された方がよいと思います。


我が家は、お湯を入れるタイプの湯たんぽを数回しか使用せず、結局使わなくなりました。




購入するかどうか悩んでおられる方は、まず1個買われるとその良さがわかると思います。湯たんぽなしでは寝れなくなると思います。


キャンプの湯たんぽを買われる方は、直火タイプが絶対におすすめです。




以上、「3年間使用!キャンプの湯たんぽは絶対にマルカの湯たんぽがおすすめ!使い方を詳しくブログで紹介。」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!