3019091601 (1)







サーカスTCは、WILD-1から発売されているテンマクデザインのテント。


購入されている方がかなり多く、キャンプ行ったらよくかぶってしまいます。




持っておられる方が多いということは人気があり、それだけ魅力があること



サーカスTCの魅力は、3万円台と値段が安い割にはポリコットン幕で幕質が丈夫。


つくりはしっかりしていて、ポリコットンの厚みは分厚く幕の質感もいいので、人気が出るのは当たり前だと思います。


最近は売り切れ状態ですがタイミングが合うと、アマゾンや楽天からも手軽に購入できます。




お座敷スタイルにすると、家族4人までならOK。



サーカスTCは、ソロキャンパーの方が多く使用しているのでソロ幕だという印象がありますが、お座敷スタイルにすると家族4人ぐらいなら大丈夫。




今回は、サーカスTCの張り方からお座敷スタイルのやり方まで、詳しくブログで紹介したいと思います。


まだ、サーカスTCを購入されていない方やお座敷スタイルの方法を知りたい方は、ぜひ参考にして下さいね!






2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









サーカスTC:


幕の質感:


サーカスTCは、3万円程で販売されているので、他のポリコットン幕に比べてとても低価格。


低価格な割には幕質は丈夫でしっかりしていて、細かい所まで丁寧に作られていているなーという印象があります。




幕質はポリコットンで、見た目以上に分厚い感じ。


我が家はツインピルツフォークTCとタトンカタープ、ノルディスクのポリコットン幕を保有しています。


サーカスTCの幕の分厚さは、タトンカタープより分厚くノルディスクよりは劣るといった感じ。


ツインピルツフォークTCと同じぐらいの幕の質感だと思います。10万円の幕と同じ質感ですからコスパは非常に優れています。


2017111909






スカート:


寒い時期にサーカスTCを使用する場合は、スカートをペグダウンすることをおすすめ。


床がないサーカスTCは、地面と幕の間から風が入ってくるので、ペグダウンすることで隙間風が軽減されます。




スカート部分の下記の写真で赤丸をした所も、ペグで留められます。


寒い時期や強風の時は、赤丸部分もペグダウンすると風が入りにくく、けっこう快適に過ごせます。

2017111930

2017111925






強風:


一般的にワンポールは風に強い幕だと言われています。


ただ、サーカスTCは床部分がないので、他のワンポールよりは風に対しては劣ると思います。


ガイロープやスカートの全ての箇所にペグダウンすることによって、風に対する強度が増します。




この日は、かなりの強風でしたが全く大丈夫。


あまりの強風で、オープンタープを張っている方は、タープが崩壊されてました。




強風の時は、ガイロープやスカート部分、全ての箇所にペグダウンすることをおすすめします。

2017111915






暖房器具


春や秋は石油ストーブ1台でサーカスTC内は暖まりますが、冬場は石油ストーブ1台では厳しいものがあります。


真冬にサーカスTCを使用される場合は、石油ストーブと他の暖房器具を併用されることをおすすめします。




電源サイトでは、石油ストーブとミニセラミックヒーター。


電源なしのサイトでは、石油ストーブとカセットガスストーブがおすすめですね。











この日は、まだ11月だったので真冬ほど冷え込まず、石油ストーブ1台で十分でした。

2017111922






必ず乾燥させる:


サーカスTCは、テントやタープによく使われているポリエステルの素材ではなく、ポリコットンの素材を使用しています。




ポリコットン幕は、濡れたままで放っておくとカビやすいという欠点があります。雨の日に使用して濡れた場合は、早めに必ず乾燥させて下さい。




乾燥撤収や後日乾燥できない場合は、雨の日に使わない方がよいと思います。他のポリエステルの幕を使用した方がいいですね。


我が家も雨撤収になる時は、ポリコットンの幕を使用しません。雨撤収はカビが生えるリスクが高くなります。




サーカスTCは素材がポリコットンなので、垂れるような結露はありません。


濡れるような結露がないので、日光が当たるとすぐに乾きます。結露を拭く作業がいらないので、撤収も楽。


2017111914






張り方:

2017111902






サーカスTCは、他の幕に比べてとても早く設営することができて、ポールを立ち上げるまでだったら10分もかかりません。




※サーカスTCの設営


五角形の布と付属のベルトを使用。

2017111926

2017111927






まず、五角形の布の真ん中にベルトの先を通し、付属のペグで固定します。

2017111903






赤の矢印の方向にベルトを伸ばし、ベルトの先端5ヶ所をペグダウン。

2017111934

2017111904






ペグダウンした5ヶ所の部分に、幕を引っ掛けます。

2017111906






最後に幕の中に入りポールを立ち上げたら完成で、ポールはとても太くスチールで頑丈にできています。

2017111905






スカートまでペグをして、20分もあれば設営ができると思います。


ワンポールの初心者の方でも簡単に、サーカスTCを張ることができるのが良い所。

2017111918






サーカスTCをきれいに張るコツは、ガイロープのペグと幕の距離をあけないこと。


ガイロープのペグと幕の距離を広くすると、幕が横に引っ張られてきれいな三角の形になりません。



下記のような感じで、ペグと幕の幅を狭くしてペグダウンして下さい。

2017111935






夏場は前後をフルオープンすることで、涼しく快適。



幕質がポリコットンなので遮光性が高く、風が通り抜けるので夏場でも涼しくいられます。

IMG_2017112660

2018053007

2018060610






ファミリーで使用

2017111917






お座敷にすると、幕内でゆったりすることができます。


ファミリーでサーカスTCを使いたい方は、お座敷スタイルがおすすめで、お座敷にすると家族4人程なら大丈夫だと思います。


ただ、暑い季節はお座敷にすると、シートの中に虫が入ってくることがあるので注意が必要。


お座敷にするなら虫の少ない季節にされることをおすすめします。




この日は寒かったので、幕内にこもってお座敷でゴロゴロしました。お酒を飲んだり鍋をしたり、最高にくつろげましたよ!

2017111919

2017111920

2017111921






家族3人で使うならロースタイル

2018060610






ソロ幕の印象が強いサーカスTCですが、ロースタイルにすることで3人でも使用が可能。




4人家族で、幕内にイスを並べてゆったり過ごすなら、サーカスTCのBIGサイズがおすすめだと思います




関連リンク:








グランドシート:


サーカスTCは、タープの種類に分類されるので床が付いていません。お座敷にされる場合は、自作のグランドシートが必要。

2017111907






我が家は、3.6×5.4mのグリーンシートを使用


グリーンシートを使った理由は、見た目をおしゃれな雰囲気にしたかったから。


グリーンシートを使わなくても、ブルーシートやシルバーシートでもOK!

2017111912






サーカスTCのサイズは下記の通りで、3.6×5.4mのシートだと大きいのでハサミで切る必要があります。

2017111932






今回使用したグリーンシートは、ユタカメイクの3.6×5.4m


2017111929















我が家は、3.6×5.4mのグリーンシートを折り込めるように、大き目に四角に切りました。下記の写真で奥の方を折り込んでいるのがわかると思います。

2017111910

2017111911






グリーンシートを四角に切った理由は、雨対策。


5角形の形で、ちょうど良い大きさに切った方が見た目がいいと思います。


ただグリーンシートを寸法通り切ってしまうと、雨が地面にたまった場合に雨水が入ってきます


シートを折って折り上げることにより、雨水がダイレクトに幕内に入ってきません。




この日の夜は、けっこう雨が降って所々に水たまりができていましたが、幕内の浸水はゼロでした。

2017111916






シートを切る場合、よく切れるハサミを使用して下さい。ハサミが悪いとガタガタに切れることがあるので注意が必要です。

2017111928






マット:


お座敷スタイルのやり方は、まずグリーンシートの上に極厚の銀マットを4枚敷きつめます。




銀マットは薄いものではなく分厚い銀マットで、人がいる場所は2重かさねにすると快適に過ごせます。

2017111913








 






銀マットの上に、オールウェザーブランケットを敷きます。 オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シート。


軽量、コンパクトで保温性に大変すぐれいます。我が家は、4枚保有。

2017111933






オールウェザーブランケットは、いろいろな色があって、それ程値段が高くないので数枚持っておくととても便利。


耐久性もあるので、一度購入すると数年は使えます。我が家は、7年以上使用してますが、破れはゼロ。











最後にインナーマットを敷きます。我が家は、コールマンのレジャーシートを使用しています。

2017111917


















極厚の銀マット4枚とオールウェザーブランケット、インナマットで床からの冷気は全くなく快適に過ごせます。




※マットを全面に敷くのが面倒な方は、半分お座敷でも大丈夫。ソロで使用する時は、半分お座敷がとても便利。




こちらも極厚の銀マットとオールウェザーブランケットを使用しています。

2017121214

2017121212






寝る:


シュラフの下に敷くマットは、低反発マットレスのマルチマットレスを使用


幅は60cm×180cmあるので、シュラフの下にもゆったりと敷けます。


低反発なので固すぎす柔らかすぎず、ちょうど良い感じ。地面が砂利でも低反発が吸収してくれるので、快適に寝ることができます。




厚さが4㎝あり冷気の遮断をしてくれるので、寒い時期は特におすすめ。

2017121204






使い終りは、巻くことによって持ち運びが楽になります。それ程コンパクトにはなりませんが、簡単に巻けるので手間は入りません。

2017121209

2017121210
















真冬、お座敷スタイルで寝る場合。


耐寒温度の高い冬用シュラフを使用されるか、暖房器具をつけて就寝することをおすすめします。



サーカスTCは床がないので隙間風が入ってきます。インナーがついているテントよりは寒く感じると思います。


真冬に我が家は、石油ストーブを使用して寝ています。テントの場合は、ストーブをつけて寝ることはありませんが、サーカスTCは床部分がないのでスカート部分から換気ができます。


ただ、幕内で石油ストーブを使用して寝ることは推奨されていません。一酸化炭素の危険があるので注意が必要で、心配な方は石油ストーブをつけて就寝しない方がよいと思います。




電源がないサイトでおすすめなのが、湯たんぽ。直火ができるのを購入すると石油ストーブやカセットコンロの上で温められるので楽です。

2017111922









冬場の電源サイトの場合は、ホットカーペットや電気毛布、電気ストーブやセラミックヒーターを使用すると快適に寝ることができます!




我が家は奥さんと2人で使用していますが、お座敷にして寝るなら4人までなら大丈夫。見た目以上に広く使えますよ!




インナーがあれば、虫の多い夏場もテントとして使用が可能です。













サーカスTCの動画:










まとめ:

3019091601 (2)






サーカスTCはポリコットン幕なので、冬場結露がとても少ないです。


ポリコットン幕は、ポリエステルの幕より分厚いので暖かく過ごせます。




暑い時期は、両サイドを開けて解放できるので快適にキャンプができ、1年を通して使える幕だと思いますよ。




10万円以上する幕だと気を使うこともありますが、サーカスTCは3万円台!ガンガン使用しても後悔することはありません。


幕もけっこう分厚いので、非常にコスパがいい幕ですね。


以上、「サーカスTCを2年間使い続けてわかったことを詳しくブログで紹介!我が家はグランドシートを自作してお座敷スタイルにしました」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!