2019022201 (1)






今回のブログのタイトルが、「冬のキャンプは暖房なしでも大丈夫?!我が家の方法を詳しくブログで紹介!」という記事ですが、冬キャンプの暖房器具は正直、しっかりとしたものを持っていった方がよいと思います。


冬場の昼間は、まだそれ程気温が下がりませんが、朝と夜は氷点下まで気温が下がることもあります。




幕内の寒さ対策に暖房器具は必要。

2019031101 (1)






冬場に幕内で使用する暖房器具は、電源サイトと電源がないサイトでは、少し違ってきます。





電源なしサイトでベストな暖房器具の組み合わせが、石油ストーブとカセットガスストーブの組み合わせ。


冬場は特に朝晩の気温が下がり、石油ストーブだけだと完璧に暖は取れず寒いので、メインに石油ストーブを使い、補助的な暖房器具としてカセットガスストーブがあれば、幕内で23℃ぐらいはキープできると思います。

2019030701 (10)






電源サイトでは、電化製品で最も暖かいホットカーペットが使用できるので、幕内の暖房器具はホットカーペット+石油ストーブがベスト。


ホットカーペットを敷くとかなり暖かく、シュラフも高級なダウンシュラフは必要なく、厚みのある化繊シュラフでも十分に暖かく就寝できます。


化繊シュラフはダウンシュラフと比べて値段が安く、手軽に購入できるのがメリット。

2019012601 (3)

2019012601 (4)






冬の暖房器具として、電源サイトでも電源なしサイトでも便利に使用できるのが、石油ストーブだと思います。


石油ストーブは思っている以上に扱いやすく、日本製のタンク一体型の石油ストーブなら、灯油を入れたまま車で運んでも石油漏れを起しません。




キャンプでおすすめの石油ストーブが、我が家も使用するフジカハイペット。


フジカハイペットは、形・大きさ・性能に優れており、キャンプで使うベストな石油ストーブですが、予約から納期まで9ヶ月程かかってしまいます。

2019012112 (6)






9ヶ月の納期が待てないという方は、トヨトミから発売されているトヨトミKS-GE67がおすすめ。

3019100605






トヨトミKS-GE67は、フジカハイペットよりひと回り大きなサイズですが、暖房出力が高いので暖かく、見た目と雰囲気がかなり良いです。












冬キャンプに暖房器具は、あった方が絶対に便利ですが、暖房器具なしでもなんとか過ごすこともできます。


今回は、冬キャンプは暖房なしでも大丈夫?!我が家の方法を詳しくブログで紹介します。






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








冬のキャンプ暖房器具なし


焚き火


暖房器具がなくても、焚き火があれば暖は取れます。




昼間と夜とで焚き火の薪の量を調整し、焚き火をして下さい。


昼間はそれ程気温が下がらないので薪の量を少なくし、夜間は気温が下がり冷え込むので、薪の量を多めにして焚き火をすると暖かく過ごせます。




我が家はユーコの焚き火を使用しています。



ユーコの焚き火台は、正面から見るとハートの形がかわいく、焚き火をするのにちょうどいいい大きさ。


オールステンレスなので丈夫で、値段が7千円程で手軽に購入できるのがメリット。

3019050602 (4)

3019050602 (5)

3019050602 (2)



夜は冷え込むので、しっかりとした服装で焚き火をして下さい。


我が家はインナーに、ユニクロの超極暖の上下。その上にシャツとユニクロのフリース。その上にコロンビアのジャケットを着用しています。


ボトムスは、ごわつくのが嫌で、超極暖の上にはジーンズのみ。


3019100901 (3)






薪の量が少ない場合は大丈夫ですが、薪の量が多くなる夜間は、火の粉がたくさん舞う可能性があるので、服に火の粉がついて穴が空く可能性があります。


ブランケットなどを服の上に羽織ると、服が火の粉で穴が空くのを防いでくれます。





テント:


暖房器具があった場合は、幕質が分厚く暖かい空気を外に逃がしにくいポリコットン生地のテントがおすすめですが、暖房器具を使用しない場合はポリコットン生地のテントはおすすめできません。




暖房器具を使わない場合におすすめできるテントは、できるだけ小さなテントを選んで下さい。


できれば、高さの低いテントが良いと思います。


小さく高さの低いテントは、熱がこもりやすいので、就寝していても割と暖かいです。




我が家は冬場、ケシュアのテントを使用しています。


ケシュアのテントはポップアップ式のテントで設営がしやすく、値段も安いので手軽に購入ができます。


ポップアップ式の割には、しっかりとして丈夫なのが良い所。

2019022201 (2)






マット:


冬場に地面を手でさわると冷たくなっているのが冷気で、冬場は地面から冷気が発生し、冷気を遮断しなければ幕内で快適に過ごせません。


電源サイトの場合は、ホットカーペットや電気毛布を敷くので地面からの冷気をシャットアウトしてくれますが、電源を使わない場合はしっかりした対策が必要。




我が家はテントの床部分、一番下にはオールウェザーブランケットを敷きます。


3019052301 (2)






オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性にすぐれ、テントの床部分に敷いておくと床部分の痛み防止にもなります。




オールウェザーブランケットは防水効果があるので、もしテントの中に雨水が入ってきてもオールウェザーブランケットを敷いておくと、雨水をシャットアウトしてくれるので、シュラフやマットが雨水で濡れません。


保温性にもすぐれたオールウェザーブランケットは、かなりおすすめ。











オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マットを2枚重ねて敷いています。


2016090405






分厚い銀マットは厚みがあるので、地面からの冷気を完全にシャットアウトし、クッション性もあります。


分厚い銀マットは、それ程値段が高くないので、手軽に購入できるのがメリット。











就寝する時は、マルチマットレスを敷いています。


マルチマットレスは、1cmの低反発ウレタンと3cmの高反発ウレタンで、厚さが4cmあるのでクッション性があり下からの冷気も遮断してくれます。


値段もそれ程高くないので、購入しやすいのが良い所。




マルチマットレスの幅は60cm×180cmあるので、シュラフの下に敷くことができます。

3019052305






マルチマットレスは超快適に就寝ができ、我が家が持っているマットの中で、最高のクッション性。


ちょうどいい硬さなので、快適に就寝ができます。





まとめ:

2019022201 (10)






冬のキャンプ、暖房器具を使用しない場合は、焚き火とお酒があれば何とか寒さをしのげます。


昼間に焚き火をする場合、それ程気温も下がらないので薪は少なめにし、夜の焚き火は気温が下がるので多めに薪をくべて暖かさを調整して下さいね。


しっかりとした服装で焚き火をしたら、それ程寒いとは感じないと思います。




幕内で快適に過ごすには暖房器具が必用で、これから本格的に冬キャンプをされるなら石油ストーブは購入された方が良いと思います。


以上、「冬キャンプは暖房なしでも大丈夫?!我が家の方法を詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!