3019120201 (4)









「最近は、キャンプブームということもあり、オンシーズンは、どこのキャンプ場もいっぱいで、たくさんの人がキャンプをされています」


特にオンシーズンは、ファミリーでキャンプをされる方が増えます。


2020041802 (8)









「オンシーズン、たくさんの家族連れの中で、ソロキャンプをするのはなかなか難しく、ゆったりと過ごせない時もあります」


ソロキャンプをゆったりと過ごすなら、オンシーズンより、人の少ない冬場のオフシーズンがおすすめ。


3019120501 (2)









「寒い時期は、しっかりとした装備や暖房器具が必要ですが、ソロキャンプをする時は、小さいテントなので、暖房器具にそれ程神経質にならなくても大丈夫」


3019120201 (3)









今回は、冬場のソロキャンプ、暖房器具と装備を詳しくブログで紹介したいと思います。








2020011652





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram





冬のソロキャンプに必要なもの:


3019120201 (5)









「ソロでキャンプをされる時、1人なので大きなテントより小さなテントを選ばれると思います」


小さなテントを冬場使う場合、それ程暖房器具にこだわらなくても大丈夫だと思います。


3019120202









「家族で使用される大きなテントは、石油ストーブなどしっかりとした暖房器具が必要で、テントが大きい程暖房器具にこだわって下さい」


我が家はソロテントではなく、大きなテントを使う場合、石油ストーブのフジカハイペットを暖房器具に使っています。


3019120201 (2)









「フジカハイペットは、こじんまりした大きさの石油ストーブで、持ち運びがとても便利」


しっかりと幕内を暖めてくれ、使い勝手が良いですが、人気があり過ぎて1年以上待たなければいけません。


3019040801 (2)









「1年以上待てないという方は、今人気があるトヨトミから発売されている、トヨトミKSシリーズがおすすめ」


トヨトミKSシリーズは、フジカハイペットより暖房出力が高く、かなり暖かいです。


「ソロキャンプで使用される、1〜2人用のテントは小さいので、カセットガスストーブで十分に暖が取れます」


我が家が冬場、ソロテント用のパンダテントを使うことが多いですが、幕内の暖房器具はカセットガスストーブ1台しか使用していません。




テントが小さいので、カセットガスストーブで十分。


3019120501 (2)









「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」

「カリフォルニアパティオは、とてもおしゃれで、我が家も使用しています」









「イワタニからも、カセットガスストーブが販売されています」













「就寝する時は、地面にマットを敷くスタイルではなく、コットを使用」


気温が下がると、必ず地面から冷気が発生します。




テントの床部分からも、冷気が発生するので、マットを敷いて冷気対策をしなければいけません。


2020013008 (7)









「コット使用すると、直接地面と接することがないので、冷気対策は必要ありません」


3019120801 (5)









「我が家は、クッション製を高める為に、コットの上にマルチマットレスを使用」


マルチマットレスの幅は、60cm×180cmあるのでコットの上に敷いて、ちょうどいい大きさ。



3019120801 (8)









「もちろん床の上に敷くこともでき、分厚いので、地面からの冷気対策にもなり、クッション製もあります」



寝心地とソフトな反発力がとても心地いいので、自宅のベッドで寝るより、寝心地が良いです。



2018020202









「1cmの低反発ウレタンと、3cの高反発ウレタンで厚さ4cmあり、快適に就寝できます」



値段もそれ程高くないので、手軽に購入できるのもマルチマットレスの良い所。



2018020206









「マルチマットレスは、めちゃくちゃコンパクトにはなりませんが、クルッと丸められ、持ち手があるので、持ち運びやすいです」



我が家は、年間50泊程キャンプにいきますが、全てのキャンプに、マルチマットレスを使用しています。



2018020207




















焚火陣幕:


2020090507 (8)



 





「冬場、外で過ごす時は、焚き火で暖を取っています」



冬場は特に、北風が強い日が多いので、キャンプで焚き火がやりにくいです。



風が強いと、火の粉が舞い上がり、テントやタープに穴があいたり、ダメージがおきます。





我が家は、焚き火専用の陣幕、焚火陣幕を使用しています。



2020090508 (1)









「焚火陣幕は、幅240cm(上部140cm)あるので、ソロで焚き火をするのに、ちょうどいい大きさ」



高さが70cmなので、焚き火台だけを風からガードします。


2020090507 (2)









「座って焚き火をする場合、焚火陣幕が焚き火台だけをガードし、高さ70cmと低いので、目線や周りの風景をそこないません」


2020090509 (5)









「焚火陣幕を設営する時、フレームをつけるのですが、そのフレームにシェラカップや小物を吊せます」


2020090506 (4)









「付属のランタンハンガーを使用すれば、ランタンを吊り下げることも可能」


2020090506 (5)









「焚火陣幕は、風から焚き火を守りますが、それ以外にリフレクターの代わりにもなり、反射熱で暖かいです」


特に冬場に焚き火をされる場合、なくてはならないキャンプアイテム。


2020090506 (6)









「見た目がかっこよく、焚火陣幕があるとおしゃれなキャンプサイトになります」


2020090508 (2)









「こじんまりとした、焚き火をする為のスペースができるので、ゆったりと、焚き火を楽しめるのも、焚火陣幕を使用するメリット」


2020090507 (8)









「焚火陣幕は、火の粉でダメージや穴があきにくいコットン製になっており、とても丈夫」


購入して触ってみるとわかりますが、思っている以上に分厚い生地。




しっかりとしていて、分厚く丈夫なので、長く使えるのも焚き火陣幕の良い所。


2020090503 (4)









「ポールと幕が一体型になっており、ぺぐタウンも5ヶ所のみなので、設営撤収が5分程ででき、とても簡単」


2020090501 (9)

2020090501 (8)

2019021701 (6)









最近は、キャンプブームということもあり、オンシーズンはなかなかゆったりとキャンプができません。


ソロでゆったりとキャンプをされるなら、冬場のオフシーズンがおすすめ。




冬場のソロキャンプは、家族で行くのとは違い、こじんまりとしたテントを使用します。


テントが小さい分、暖房器具もしっかりとしたものを使わなくても大丈夫。




我が家は、ソロキャンプの暖房を、カセットガスストーブを使用しています。


カセットガスストーブは、カセットガス1本で、暖かくなるので、とても便利です。


ソロキャンプをされるなら、カセットガスストーブを1台持っておくべきだと思います。


以上、「冬のソロキャンプに絶対必要!暖房器具とおすすめ装備はこれしかない!詳しくブログで紹介」でした


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!