2018020202






キャンプで快適に就寝するには、シュラフの下に敷くマットがかなり大事で、きっちりとしたマットがあれば快適に寝ることができます。




シュラフの下に敷くマットは大まかに3種類に分かれ、ウレタンマット、エアーマット、インフレータブルマットがあります。




ウレタンマットは、ウレタン系の素材でできているマット。


広げるだけで使えて便利なんですが、クッション性がないので寝心地があまりよくはありません。


クッション性がない分、腰痛の方はつらいかもしれません。


2017121810






エアーマットは、空気で膨らますマット。


厚みがあって使いやすいんですが、穴が空きやすいというデメリットがあります。


寝心地は好みによるので一概には言えませんが、わたしは好きではありません。

2017121811






インフレータブルマットはバルブを開けると中のウレタンマットが広がり自動的に空気を取り込んで膨らみます。


多くのメーカーから発売されており、マットとして使われているのが一番多いと思います。

2017121812






シュラフの下に敷くマットは、インフレータブルマットが無難ですが、価格が高いのと空気を使っているので破れるリスクがあります。




我が家がマットとして使用しているのが、マルチマットレスという低反発のマットレス。



マルチマットレスの良い所は、低価格で寝心地がよく快適に就寝することができます。




今回はシュラフの下に敷くマットでおすすめのマルチマットレスを紹介したいと思います。マットで悩んでおられる方は、ぜひ参考にして下さいね!






2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









マルチマットレス:


マルチマットレスの良い所は、値段が安く作りがしっかりとしていること。


マットの厚みがあるので、地面の状態が悪く砂利サイトでもマルチマットレスを敷くと快適に就寝することができます。




砂利サイトにマルチマットレス、その上にシュラフを敷いて就寝しましたが、朝までぐっすりでした。

2017121202






2人用のテントの中にマルチマットレスを2枚敷くと、ちょうどいい大きさでサイズもぴったり。

IMG_2017121807

IMG_2017121804






マルチマットレスの幅は60cm×180cmあるのでシュラフの下に敷けます。


マットの寝心地は固すぎす柔らかすぎずちょうど良い感じで、腰痛の方でも腰が痛くならず快適に就寝ができます。

2018020202






マルチマットレスはめちゃくちゃコンパクトにはなりませんが、巻いて持ち運びができます。

巻いているだけなので、パッと出してサッと片付けられるのがメリット。

2017121208

2017121209






くるくると巻いて最後はベルトで留めるだけなので、とても簡単で手軽。


マルチマットレスは、空気で膨らます形状ではないので穴があくことなく、長く使うことができます。


2017121210






1cmの低反発ウレタンと3cmの高反発ウレタンで厚さが4cmあるので快適に就寝ができ、寒い時期でも地面からの冷気を遮断してくれます。


程よい厚みとクッション性があり、カバーが洗えるのも良い所。




マルチマットレスを使用していて体が痛くなることもなく、朝までぐっすりと就寝することができます。


2017121207






インナーマット:


我が家はテントの床の一番下に、分厚い銀マットを2枚重ねて敷いています。


分厚い銀マットを敷くことで、寒い時期の地面からの冷気を遮断してクッション性を高めます。




冬場に地面を手で触ると冷たいのが冷気で、気温が下がると地面から必ず冷気が発生します。


寒い時期に
快適に就寝するのは、地面からの冷気対策がかなり重要。




銀マットの敷き方は、銀を上にすると滑ってマットがずれてしまうので、銀の方を下にした方がよいと思います。


銀マットはテント全て敷かなくてもよく、座ったり就寝したりするスペースだけでOK。

2018020101
















銀マットの上は、オールウェザーブランケットを敷いています。


オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト、防水・保温性にすぐれいます。


素材は、プラスティックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスティックフィルムの4層構造でとても丈夫。




テントの床の一番下にオールウェザーブランケットを敷いてもOKで、我が家は銀マットを隠して見えなくする為に銀マットの上にオールウェザーブランケットを敷いています。


2018020102








 








その上は、アウトドアブランドから販売されているインナーマットやラグを敷いています。


2018020103

2018020104

20181212001 (3)
















就寝する時に、マルチマットレスを敷いて寝ています。









まとめ:

20181212001 (1)








キャンプで使用するマットは、ウレタンマット、エアーマット、インフレータブルマット等がありますが、我が家はマルチマットレスを使用しています。


マルチマットレスは3500円程度で販売されているので、家族全員分購入してもそれ程値段が高くはなりません。




巻いてベルトで留めることで持ち運びやすくなるので、キャンプで使用しやすいと思います。




以上、「我が家が使うキャンプで寝る時のマットを紹介!快適に就寝ができるのでおすすめ」でした。


アウトドア最安値はこちら!
(ナチュラム)
Check!