20171231001






尾高高原キャンプ場の良さは、景色がよく眺めがいいこと。


特に夜景が素晴らしく、我が家が行ったキャンプ場の中で上位に入るぐらいきれい。




オートサイトの値段は(5000円+入場料)で、それ程安くはありませんが、ロケーションの良さを考えると5000円を出す価値はあります。


夏はオープンタープで景色を楽しんで、寒い時期は幕内で暖房器具をつけて出入り口を開けると景色を楽しめます。お酒を飲みながら夜景を見るのは最高ですよ!

2017123133






今回は、三重県にあるロケーションが最高なキャンプ場!尾高高原キャンプ場を紹介したいと思います。


まだ行ったことがない方は、一度利用してみて下さいね!とても良いキャンプ場です。








2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








尾高高原キャンプ場:

2017123111





詳細:

住所: 三重県三重郡菰野町杉谷2300−1
電話番号:059-396-3900



オートサイト(AC電源付き):5000円

フリーサイト:テント1張り3000円、タープ1張り500円

設営テントサイト:テント1張り(3人用)2000円、テント1張り(6人用)4000円

(入場料:大人200円、子供100円)


デイキャンプ:小学生以上1人400円















尾高高原キャンプ場は東名阪自動車道の四日市IC から20分程で行け、比較的アクセスがよく、特に東海地方に住んでおられる方は、割と利用しやすいキャンプ場だと思います。




名前に高原とありますが、標高はそれ程高くありません。


山奥に
あるキャンプ場ではないので、道も整備されていて運転しやすいので安心して行くことができます。

2017123105






整備された道を少し車で登ると看板が見えます。


看板を左に曲がるとすぐ尾高高原キャンプ場で、道中はせまい道はありません。

2017123106

2017123107






我が家は滋賀からなので、国道421号線を通りました。



尾高高原キャンプ場は、名神八日市から1時間程度で行くことができ、滋賀方面からもそれ程時間がかからないキャンプ場です。











国道421号線は、三重県桑名市から滋賀県近江八幡市に至る一般国道。


滋賀県側は所々せまい道もありますが、トラックなども通っているので、それ程通りにくい場所もありません。

三重県側は、良い道が続いています。

2017123103

2017123104






尾高高原キャンプ場の近くには、高規格で有名な青川峡キャンピングパークがあり、尾高高原キャンプ場から青川峡キャンピングパークまでは20分程度で行くことができます。


青川峡キャンピングパークを利用したことがある方は、周辺の雰囲気がわかると思います。






管理棟:


場内に入ってすぐ管理棟があり、受付は管理棟でおこないます。


予約は電話のみになってるので、利用される方は事前に予約が必要。


キャンセルされる場合、キャンセル料はかかりません。

2017123110






管理棟の貸し出しや販売は下記の通り。


販売されているもので確認できないものもあったので、購入される方は事前に電話で確認してください。




販売:

薪:200円
割り木:350円
炭:200円
ビール:300円
発泡酒:200円
ジュース150円
お茶:150円
カップ食品:200円




貸し出し:

鉄板(ヘラ付)飯盒(しゃもじ付)大鍋(おたま付):200円
小鍋(おたま付)毛布:150円
金網(トング付)まな板、包丁:100円








2017123112






※尾高高原キャンプ場を利用して残念と思ったのが、ゴミを捨てることができないこと。出たゴミは捨てることができないので、持ち帰る必要があります。






温泉:



詳細:

住所:三重県三重郡菰野町菰野4800-1
電話番号:059-394-7733

入浴時間:6時~24時
料金:大人:600円、小人300円(3才~小学生)、幼児:0円(3歳未満)












尾高高原キャンプ場にはシャワーがありますが、料金が3分200円と料金が高めなので、家族で使うと結構かかります。


おすすめは車で15分程の所にあるアクアイグニス片岡温泉で、値段が安くゆったりと入浴できます。




アクアイグニス片岡温泉の良い所は、熱めの源泉100%の掛け流しで、加温・加水・循環・消毒は一切していない良質のお湯。


内湯1個(中浴槽)と露天(座り湯・寝湯・樽風呂中浴槽)のお風呂が楽しめます。

2017123160






湯質は、ヌルヌルしたお湯で肌がすべすべになり、料金もそれ高くないのでおすすめ。





※シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ドライヤー有り






買い出し:

2019012002






尾高高原キャンプ場から車で15分程度の所に、ザ・ビッグ菰野店があります。



ザ・ビッグ菰野店は、イオンタウン菰野の中にあるディスカウントスーパー。




イオン系のスーパーで食料品が豊富に置いてあり、安く購入することができます。


尾高高原キャンプ場を利用される方は、ザ・ビッグ菰野店で買い物をされることをおすすめします。


我が家も尾高高原キャンプ場に行く前に、食材を購入しています。



ザ・ビッグ菰野店

住所:三重県三重郡菰野町宿野神明田357
電話番号:059-394-7031
営業時間:8時00分~20時00分













尾高高原キャンプ場から20分程の所に、イオンモール東員があります。


イオンモール東員は、専門店とアミューズメントからなるエンタテイメントモール。





いろいろな専門店があるので、キャンプの帰りに行っても楽しめ、我が家も尾高高原キャンプ場の帰りに寄りました。




イオンモールには、スポーツオーソリティがあり、冬場ということもあってキャンプ用品が全く売っていなかったので残念でした。

20171231200













オートサイト:



詳細:

料金:5000円(AC電源付)+入場料(大人1人200円、小人1人100円)

チェックイン:11時

チェックアウト:10時







2017123164






オートサイトのチェックインは11時とありますが、時間より早く入れます。詳しいことは予約する時、電話で確認してみてください。


予約は電話のみになっており、ネットからはできません。




オートサイトには全て電源が装備されているので、暑い時や寒い季節は便利に利用することができます。


特に寒い季節に電源あると、ホットカーペットや電気毛布が使えるので助かります。

2017123136






寒い時期のおすすめスタイルは、幕内を暖かくして出入り口を開けると景色がよく見えます。




尾高高原キャンプ場は、夜景が最高なんです。



夜景を眺めながら飲むお酒はとてもおいしく、飲みすぎることもあるので注意が必要。

2017123133






オートサイトの一番の良さは、景色や夜景がきれいなこと。



少し標高があるので、四日市コンビナートや名古屋の夜景が楽しめます。


iphoneで撮ったので、きれいさが伝わらないのが残念ですが、想像している以上に夜景がきれいで、我が家がいままで行ったキャンプ場の中で上位に入るぐらいです。

2017123134





下記の地図を見てもらうとわかると思いますが、サイトは段々畑のような感じになっています。


1段目から5段目がサイトになっていて、全てオートサイトで車の横付けができるので、荷物を遠くから運ぶ必要はありません。

2017123162






横からサイトを見るとわかりやすく、段々畑のようになっているのがわかると思います。


各段は、それ程たくさんのサイトがなく、少人数で使えるのでゆったりと過ごせます。




サイトはフリーサイトなので、良い場所を確保されるなら早めに行くことをおすすめします。


2017123117

3019050501 (5)

3019050501 (6)

3019050501 (3)

3019050501 (8)






管理棟前の道路、看板がある所を下るとオートサイトがあり、道を車で下ると全てのサイトに行くことができます。

2017123122

2017123115

2017123116







おすすめサイト:



サイトは、1段目から5段目あり下に行くほどトイレが遠くなります。




下記の地図の赤丸の所がトイレになっており受付のすぐ横なので、トイレに行くのに登り下りしなければいけません。



トイレは、1ヶ所のみ。

2017123167






下るのはよいと思いますが、登りが大変。


階段になっているので、トイレのに行くのに割と苦労をします。


2017123118

2017123119






トイレから近い1段目か2段目が利用するには、最高の場所だと思います。後は、景色が上にいくほどきれいなので、夜景も素晴らしいです。






サイト状況:


オートサイトは、日影になるものが一切ありません。


夏場に利用される場合は、日よけタープが必ず必要です。




名前は高原とありますが標高がなく真夏は暑いので、景色が見えなく残念ですが、真夏は木陰がある林間サイトがおすすめ。




●5段目:

20171231100






サイトの中で一番広いのが5段目。


広いのでゆったりと過ごすことができますが、受付横のトイレに行くのが遠いので不便です。




5段目には、小さい炊事棟があるので水場には困りません。炊事棟は下記の通り。

2017123126






サイトは、他の場所より広いので張りやすく、混雑している以外はゆったりと幕を張ることができます。

2017123139

2017123140






●4段目

20171231101






炊事棟は5段目の洗い場を使えるので便利ですが、やはりこちらもトイレに行くのが不便。


できれば、1段目や2段目のサイトが良いと思います。


2017123142






●3段目:

20171231102






炊事棟の水場は、2段目が使えます。


トイレは少し遠くなりますが、下の段よりは行きやすいと思います。


2017123144

2017123145






●2段目:

20171231103






2段目には、小さい炊事棟があるのでとても便利。


トイレも他の場所より近く、景色も最高です。




わたしが一番おすすめと思う場所が2段目で、2段目の炊事棟とサイトは下記の通り。


2017123135

2017123147






●1段目:

20171231104






炊事棟の水場も2段目が使えてトイレに近い。2段目と同じく使いやすいサイトだと思います。

2017123148






オートサイト動画:



 










フリーサイト:



詳細:

料金:テント1張り3000円(タープ1張り500円)+入場料(大人1人200円、小人1人100円)

チェックイン:11時
チェックアウト:10時





2017123163






木陰があり、夏場涼しいのがフリーサイト。


名前はフリーですが林間サイトで区画になっており、木陰がたくさんあります。


ただ、林間のサイトからは景色が見れません。




景色を楽しみたい方は、林間のサイトよりオートサイトの方が良いかもしれません。




サイトは芝ではなく土なので、雨の日の利用は避けた方がいいかもしれません。

2017123153

2017123152

2017123151






フリーサイト動画:








トイレ、炊事棟:

2017123166
(赤丸:トイレ、紫:炊事棟)






トイレ


トイレは、残念ながら管理棟の横に1ヶ所しかありません。


フリーサイトからは近いんですが、個別サイトからは場所によっては距離があります。




建物が古く、外観と同様に中もそれ程新しくはありません。

2017123108






トイレは洋式で、簡易水洗トイレになっています。


簡易水洗トイレは見た目が水洗ですが、基本的には汲取式なので使いにくい方もおられます。

2017123109






炊事棟:


炊事棟は合計3ヶ所あり、管理棟の前とオートサイトの2段目と5段目。


上記の地図を参照してくださいね。




●管理棟の前:

2017123120






トイレと同様に炊事棟も建物が新しくありません。


洗い場は多いですが、全体的に古さを感じます。

2017123113

2017123121






●オートサイト側炊事棟:


オートサイトを利用される方の多くは、2段目と5番目の炊事棟を使われると思います。




満サイトの場合、洗い場の数が少ないので込み合う可能性もあります。


込み合う時は、時間をずらして対応をして下さい。

2017123135

2017123126






その他のサイト:


オートサイトやフリーサイトの他に設営テントサイトがあります。


テント1張り(3人用2000円)(6人用4000円)になりますが、木板の上の設営となります。




木板は、とても古く使われた形跡ないのでおすすめできません。サイズも小さいので、幕が張りにくいと思います。

2017123149

2017123150






※デイキャンプは、1人400円でオートサイト、林間サイトが利用できます。






まとめ:

2017123134






尾高高原キャンプ場の良さは、景色や夜景の素晴らしさ。


サイトの利用料金は高めに設定されていますが、ロケーションがいいので景色や夜景を見に行く価値はあると思います。




オートサイトは全て電源サイトになっており、寒い季節は電源が使えるので割と快適。




注意して欲しいのはオートサイトの方が風が強く吹く日があるので、しっかりした張り綱とペグを持っていくことをおすすめします。













以上、「尾高高原キャンプ場をブログで徹底検証!三重県で景色と夜景がきれいなキャンプ場」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!