2016041025






真冬にキャンプをする場合、テント内はカセットガスストーブだけでは暖まりません。


ソロで使用する小さいテントなら大丈夫ですが、4人用のテントの大きさ以上になるとカセットガスストーブ1台では無理。




我が家が真冬にキャンプで使用する場合は、補助的な使い方をしています。


石油ストーブと併用してカセットガスストーブをつけると、真冬でもテント内は暖かく過ごせます。





我が家は石油ストーブを2台保有していますが、2台とも車に積載させるのは無理なので、冬場は石油ストーブと併用して小さいカセットガスストーブを使っています。



冬場はテント内を十分に暖めてくれるので、カセットガスストーブは石油ストーブの補助的な使い方をするのがおすすめ。




春や秋のキャンプ、テント内を暖めてくれるのは、カセットガスストーブ1台で十分。


外で使用しても、足元に置いておくと足元が暖まるのでとても便利。


我が家は夏場以外の季節、カセットガスストーブを常にキャンプに持っていっています。


カセットガスストーブはあると便利で、手軽に使えるのも良い所。




カセットガスストーブはいろいろなメーカーから発売されていて、我が家が使用していておすすめするのがカリフォルニアパティオ。


カリフォルニアパティオは、見た目がおしゃれで使い勝手の良いカセットガスストーブ。




今回は、我が家も保有しているおしゃれなカセットガスストーブ!カリフォルニアパティオを詳しくブログで紹介したいと思います。


カセットガスストーブを、まだ保有しておられない方はぜひ参考にして下さいね。








2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram 








 
カリフォルニアパティオ:


2016010602






カセットガスストーブのカリフォルニアパティオは、カセットボンベが1本で約3時間使用することができます。


ホームセンターやスーパーでカセットガスボンベを購入すると3本で1セットになっており、値段も200円前後とお得。


カセットボンベ3本×3時間ですから、1セットで9時間使えるということになり、200円で9時間使えるので、キャンプで使用するにはとてもコスパに優れています。



カリフォルニアパティオ:


使用ガス:ブタンカセットボンベガス
発熱量:1.1kW (950 kcal/h)
ガス消費量:0.80 kg/hr
連続燃焼時間:約 3 時間
総重量 :2.4 kg
外形(幅×高さ×奥行):280 mm x 230 mm x 210 mm







カリフォルニアパティオの良い所は、他のカセットガスストーブと違って見た目が良く、かなりおしゃれ。


サイト内にカリフォルニアパティオを置いておくと、暖房器具として使わなくてもインテリアにもなります。




せっかくカセットガスストーブを購入するだったら見た目が良く、自分が気に入った物なら長く使えると思います。

2016041025






つけ方:

2016041101






カリフォルニアパティオのつけ方はとても簡単で、普段使用されているカセットガスコンロと同じつけ方。


つまみをひねるだけでガスが出て、点火することができます。


カセットコンロと同様にガスが漏れたりすることがなく、我が家は6年以上使用していますが、いまだに問題なく使うことができていてとても丈夫。














2019年のカリフォルニアパティオは、3種類の色が発売されていて、値段は他のストーブと比べて高めに設定されています。


ただ、値段は少々高いですが、見た目がかなりおしゃれで使い勝手がいいので、我が家が絶対おすすめするカセットガスストーブ。

2019030601







カリフォルニアパティオの専用の収納袋も販売されているので、合わせて購入するととても便利。

2019030602

















まとめ:

2017011905






春や秋にかけてはカセットガスストーブが1台あるととても便利。


ガスボンベをさっと装着するだけで使え、石油ストーブと違ってお手軽に使えます。




カリフォルニアパティオは見た目が良くおしゃれで、使い勝手がいいカセットガスストーブだと思います。



我が家は6年以上使用して、今でも問題なく使っており、安全性も大丈夫。




さすがに真冬はカセットガスヒーター1台でキャンプをするのは無理ですが、秋キャンプや春キャンプはとても活躍して、1台あると便利だと思います。





以上、「カリフォルニアパティオを6年以上使用している我が家が詳しくブログで紹介!2019年度はカリフォルニアパティオは3つのカラーで復活」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!