2018010810
 





寒い季節、キャンプで快適に過ごしたいなら電源サイトがおすすめ。


電源サイトの良い所は、あらゆる電化製品がキャンプ場で使えること。

2018010801






電源があるので、寒い時はホットカーペットや電気毛布などが使えます。


ファンヒーターも使うことができるので、自宅にいるより快適に過ごせるかもしれません。




我が家の冬場のおすすめスタイルは、電気毛布やホットカーペットを使ってつくる簡単こたつ。


テントの中をこたつにすることで、寒い時期でも居心地がよく、より暖かく過ごせます。

2018010811






今回は電源サイトでできる、簡単な即席こたつのやり方を詳しくブログで紹介したいと思います。


寒い季節は、簡単にできる暖かいこたつが超おすすめです。





2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






電源サイトでこたつ:



ファミキャンはこたつがおすすめ:


我が家は夫婦でキャンプに行くことが多いですが、ときどき娘が来る時もあり、娘がキャンプに来る寒い時期はよくこたつをします。


こたつにするとゆっくり過ごせるということもあり、娘がとても喜びます。




少ない暖房器具で、幕内の温度が低かっても、こたつがあると意外に快適に過ごせます。寒い時期は、特にこたつがおすすめ!






こたつの作り方:


自宅などで使用しているこたつは重く、幅も広いので持ち運びが大変。


こたつには折りたためないタイプや重量があって、持ち運ぶのにけっこう大変で、車に積載できるかどうかの問題もあります。




わが家がキャンプに使うこたつは、手軽に持ち運べる即席のこたつで、アウトドアで使われているテーブルを使用するので、簡単にできるのがメリット。






用意するもの:



電気毛布かホットカーペット
折りたたみテーブル(120㎝×60㎝)
シュラフ(夏用×2)
天板(段ボール)







簡単こたつの作り方(マット):


オールウェザーブランケット:


まずは、テントの下にオールウェザーブランケットを敷きます。


オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています。

3019052307






アメリカの軍隊やボーイスカウトでも使用されている有名なシートで、我が家は4枚保有しています。


オールウェザーブランケットは防水性に優れており、雨の日でサイトに雨水が溜まってテントの中に浸水してきても、オールウェザーブランケットが雨水を遮断してくれます。

3019052302






オールウェザーブランケットを敷いておくと、テントの床の傷防止にもなります。

2018010901















極厚銀マット:


オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マットを敷きます。


極厚の銀マットは薄いタイプのものではなく、分厚いのを使用して下さい。


極厚の銀マットを敷くことで地面からの冷気を遮断し、2枚重ねるとクッション性がアップします。




銀マットは銀の方を下にすると、インナーマットを敷いた時にインナーマットが滑りにくくなります。

2018010903

3019092303















インナーマット:


銀マットの上には、インナーマットを敷きます。



我が家はコールマンのインナーマットを使用していますが、インナーマットは普段テントの中に敷いているものでもなんでも良いと思います。

2018010902














電気毛布:


インナーマットの上には電気毛布を2枚か、ホットカーペットを敷きます。


電気毛布は2枚使用しないと、温かいスペースが少ないです。


2018010904






我が家は、ホットカーペットの2畳用を使用しています。


ホットカーペットのサイズは、2人で使用する場合は2畳用。4人で使用されるなら3畳用を目安に購入して下さい。


3019061302



















毛足の長いラグ:


電気毛布やホットカーペットの上には、毛足の長いラグを敷きます。


もし、毛足の長いラグを敷かない場合は、極厚銀マットとインナーマットの間に電気毛布かホットカーペットを敷いて下さい。




毛足の長いラグは、敷いても敷かなくてもどちらでもよいとは思いますが、毛足の長いラグを敷いた方が、より幕内で暖かく過ごせます。


ふかふかでさわり心地がよく、毛足の長いラグを敷くと暖かく、座布団がなくてもお尻や足が痛くなりません。

2018010905















こたつのつくり方:


折りたたみテーブル:


テーブルは、良く使われているアウトドア用の折りたたみテーブルを使います。


大きさは、一般的によく使われているいる120㎝×60㎝のものがおすすめ!家族4人で使うならちょうどいい大きさ。

2018010906















夏用シュラフ:


折りたたみテーブルの上にシュラフを掛けます。
シュラフは冬用の分厚いシュラフではなく、夏用の薄いシュラフが良いと思います。


シュラフが分厚いと、ごわついて天板が置きにくいです。


2018010907






シュラフを2枚使うとちょうどいい大きさで、シュラフがこたつ布団のかわりになります。

2018010908
















天板(段ボール):


天板は木製の方が使いやすいとは思いますが、我が家は段ボールを使用しています。


木製で天板をつくると購入するのに値段がかかりますが、段ボールだと無料でもらえるのでお金がかかりません。


年に数回しか使わないこたつの為に、木製の板を購入するのはもったいないと思い、我が家は段ボールの天板を使用しています。




スーパーなどで段ボールをもらってきて、段ボールに布のガムテープを巻きます。


ガムテープを巻くことで強度が増し見た目が悪いですが、最後に上から布を掛けると見えません。

2018010909

2018010910






薄い布:


段ボールの上に布をかぶせたら、即席の簡単こたつのできあがり。


布をかぶせることで段ボールが見えず、段ボールはガムテープを使用しているので、けっこう丈夫。


こたつの上で食事をしても、問題はありません。


2018010810






簡単こたつの動画:










まとめ:

2018010811






寒い時期にテント内をこたつ仕様にすると、より快適に冬キャンプができます。それ程、手間がかからないので、こたつはかなりおすすめ!




天板の段ボールは、布製のガムテープを使用することで強度が増します。見た目以上に固いので、その上で食事などもできます。


電源サイトでこたつのやり方に悩んでおられる方は、ぜひ参考にしてくださいね!


以上、「キャンプでこたつ!電源サイトで簡単にできる自作こたつを詳しくブログ紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!