IMG_20171218108
(キャンプブログ:キャンプの石油ストーブ)






寒い時期に外で過ごすなら焚き火で暖は取れますが、テントやスクリーンタープなどの幕内で過ごす場合は暖房器具が必要。




手軽に簡単に使えるのが石油ストーブ


日本製の石油ストーブなら石油をタンクに入れたまま車で運んでも、漏れることがなく手軽にキャンプに持っていける。



石油の予備タンクを持っていかなくても、自宅で灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら途中でなくなることはない。



幕内を簡単に暖めてくれてるので、手間がなく気軽に使用ができる。




サイトが電源の場合でも、石油ストーブがあれば便利


電源サイトは電気の使用容量が決まっていて、ホットカーペットなど容量の多い暖房器具を使用すると、ブレーカーが上がり他の暖房器具が使えなくなることがあります。




石油ストーブがあれば、ホットカーペットと併用ができるのが良い所。





電源がないサイトでは、石油ストーブがメインの暖房器具になる


石油ストーブは電源サイトや電源がないサイト両方で、便利に手軽に使うことができます。




今回は、キャンプで使う石油ストーブを詳しくブログで紹介したいと思います。


石油ストーブの購入を検討されている方は、参考にして下さいね!












2016071108














お気軽にフォローしてくださいね^^
Instagram












フジカハイペット:

2017111706






我が家はフジカハイペットとトヨクニの石油ストーブを2台保有していますが、キャンプで圧倒的に使用しているのはフジカハイペット。

2017103121






フジカハイペットの良い所は、使い勝手・暖かさ・燃費のバランスが良い石油ストーブ。




11月以降もキャンプをされるなら、フジカハイペットがおすすめ!





フジカハイペットの価格は送料込で3万円以上しますが、決して高くはない!


石油ストーブは、芯の交換をすると一生使うことができます。




フジカハイペットの値段は3万円以上しますが、何十年と使えることを考えたら、3万円は高くないと思います。




我が家は、2000年製のトヨクニの石油ストーブを芯交換をして、今でも使用し続けています。


18年経っても、芯交換すれば問題なく使用ができます。


2018091202

2018091201






フジカの燃焼継続時間は、約12時間。


燃焼継続時間が12時間もあれば、1泊2日のキャンプなら自宅で灯油を満タンにして持っていけば空になることもありません。




灯油を満タンにして車に積載して運んでも、フジカハイペットは絶対に灯油がもれない。




石油ストーブの燃料は石油ですから、できるだけ信頼ができる日本製が良い


フジカハイペットは、安心・コンパクト・暖かい。




コンパクトで安心の日本製
、11月以降もキャンプをされるならフジカハイペットが良いと思います。








フジカ公式サイト:
フジカハイペット
Check!








アルパカストーブ:

2016121704






フジカハイペットとよく似ているのが、韓国の企業から発売されているアルパカストーブ。

アルパカストーブは、フジカハイペットをコピーした石油ストーブですが、圧倒的に暖かさと燃焼継続時間の長さが特徴。





アルパカストーブ:

燃焼継続時間
:15時間
出力:3.84kw


フジカハイペット:

燃焼継続時間:12時間
出力:2.56kw







アルパカストーブは、燃焼継続時間が15時間と長く、出力が3.84kw。


フジカハイペットの出力が2.56kwですから、アルパカストーブの3.84kwは、かなりの出力が高く暖かい。




暖かさと燃焼継続時間だけで選ばれるなら、アルパカストーブがおすすめ。




アルパカストーブは日本製ではないので、安心感と信頼性にかける。





ジカハイペットは、アフターフォローもきっちりとされており、不具合が出てもすぐに対応してくれます。


長く使うなら安心のフジカハイペット、暖かさと燃焼継続時間を重視するならアルパカストーブになります。




アルパカストーブは燃料計の動作不良や、石油を入れて運搬する時、燃料漏れを起こす可能性があります。


当たりはずれがある石油ストーブがアルパカストーブ。




アルパカストーブは、耐震自動装置がついていない



一部のアルパカストーブの新製品には、耐震自動装置が装備されているのもありますが、耐震自動装置がついていないのがほとんど。




燃焼時間や暖かさは落ちますが、安心して使い続けるならフジカハイペットがおすすめですね。













トヨトミレインボー:

2016102305






手軽に購入できて、日本製で安心なトヨトミレインボー。


トヨトミレインボーは、ホームセンターや家電量販店も販売されているので、気軽に購入することができます。




春や秋のキャンプ、幕内を暖めるにはトヨトミレインボー大丈夫ですが、冬のキャンプはトヨトミレインボーだけでは寒い。


我が家の実家でもトヨトミレインボーを使っていますが、それ程暖かくないので真冬のキャンプを考えておられるなら、アルパカストーブかフジカハイペットがおすすめ。




冬キャンプはやらないという方は、トヨトミレインボーでも大丈夫。


トヨトミレインボーを購入するポイントとして、冬キャンプをやるかやらないかで決められたら良いと思います。




圧倒的な継続燃焼時間


トヨトミレインボーは、継続燃焼時間が20時間あるので、灯油の補充が少なくて済むのが良い所。




トヨトミレインボーはいろいろな種類があり、種類によっては1万円代で購入をすることができるので、コスパがかなり良いと思います。




継続燃焼時間と手軽さを考えておられるなら、トヨトミレインボーがおすすめですね。














タンク分離型:

2017110716






自宅で使われていることが多い石油ストーブは、タンク分離型の石油ストーブ。




タンク分離型の石油ストーブは、キャンプには向いていない。


持ち運びが大変で、灯油が入ったまま車に積むと、タンク部分から漏れるおそれがあるので、けっこう大変。




灯油が漏れないように運ぶには、灯油を完全に抜き取るかタンク本体から取り外して給油口を上に向けて運ぶしかありません。




油受け皿内の灯油も抜き取る必要があるので、とても面倒。




これから、長くキャンプをされるならタンク分離型よりフジカやアルパカ、レインボーなどのタンクの一体型を購入されることをおすすめします。






まとめ:

2018040114






石油ストーブは、灯油を燃料としているので、できれば安心の日本製がおすすめ!


全てにおいてバランスがよく、使い勝手のいいのがフジカで、長く使用ができると思います。




石油ストーブは、使い勝手がよく暖かいので、まだ保有
されていない方はぜひ検討をして下さいね!






関連リンク:
フジカハイペット








以上、「絶対おすすめ!キャンプで使う石油ストーブの比較!年間50泊する我が家が、おすすめ石油ストーブをブログで紹介します」でした。



 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!