2015010806
(キャンプブログ:狭いテントの方が暖かい)







寒い時期は、広いテントで寝るより狭い方が暖かいですよー。ですから寝る時は出来るだけ小さいテントを使っています。


例えばピルツですがインナーがなくても使えます。でも寒い時期はピルツの中にテントを入れた方が暖かいんですよね。夏場は使いにくいなーと思うピルツも冬場は居心地のいい空間になります。


さすがに、シュラフなしでは寝れませんがそれほど高価なやつじゃなくても大丈夫ですよ。我が家も、高価なシュラフは使用していませんからね。





2015122725





お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram






真冬になると、外気温が氷点下になることがあります。それにしたがってピルツ内が凍ることもありますからね。さすがにそこまで冷えると寒くて寝れません(苦笑)


そういう時は特に中に小さいテントを入れると暖かいです。何回かブログで紹介をしているのでご承知の方がおられるのかなーと思いますが我が家はキャンパーズコレクションバックパックドームテントを使っています。

2015010805






ピルツにテントを入れると下記のような感じになりますね。ちょうどいい具合に半分に収まっています。半分もあればピルツ内で快適に過ごせますね。

2015010803







関連リンク:
スクリーンタープにテント

 






まぁ、広く使えるのは出来るだけキャンプ道具を少なくしているので、そのせいもあると思います。

2015010804






ピルツのインナーシートはオールウェザーブランケット使ってますよー。オールウェザーブランケットを数枚持っていると非常に便利ですね。例えばグランドシートを忘れたりした時もオールウェザーブランケットがあれば変わりになります。


それに雨が降ってきた時なんかは、荷物の上に掛けておくだけで濡れません。いろいろな使い方があります。

2015010802







オールウェザーブランケットの上は写真には撮っていませんが、厚手の銀マットを2枚敷いてからコールマンのインナーマットを敷いてます。


さすがに、厚手の銀マットを2枚敷くと暖かいですね。冬場はテントの底からの冷気がすごいので寒さ対策としてインフレマットを敷くか厚手の銀マットを使えば、テント内は快適にすごせます。


寒い時期にキャンプを始めようかなーという方に特に気をつけて欲しいのが底からの冷気ですね。テント内を暖かくしても底からの冷気に気をつけなければ快適に過ごせません。

2015010801







関連リンク:
オールウェザーブランケット

  




オールウェザーブランケット

仕様/規格●材質:ポリエチレンフィルム・アルミニウム・繊維・有色ポリエチレンフィルムの4層です ●サイズ:152×213cm ●重量:350g(CS:6/CT:50) カラーブルー メーカー品番22146 商品説明●NASAの開発した多目的なシートで、毛布・グランドシート・タープとさまざまな用途に使えます。 







まとめ:

2015122716







いかがだったでしょうか。寒いし寝れないからキャンプに行けないと思われている方は、一度試してみて下さいね。幕の中に小さなテントを入れると結構暖かいですよ。


それと、底の下からの冷気ですね。どれだけテント内を温めても下からの冷気を考えないと快適には過ごせませんからね。


以上、「キャンプで寝る時は、狭いテントの方が暖かいですよ。我が家が暖かくテントで寝る方法を紹介」でした。