2018031148






大曽公園キャンプ場は知多半島の常滑市にあり、名古屋から車で30分。


名古屋から近いということで利用されている方は愛知県の方が多く、愛知県に住んでおられる方は気軽に行けるので、特におすすめするキャンプ場です。




大曽公園キャンプ場の良さは利用料金の安さで、1泊2日で740円。


1泊2日で740円ですから、とてもお得に手軽に利用できるキャンプ場だと思います。




名古屋から近く、利用料金が安いのにそれ程込み合うこともないので、ゆったりとキャンプができます。



荷物の搬入搬出時はサイトの近くまで車を停められるので、オートサイトではありませんが、それ程大変ではありません。




公園の中のキャンプ場という感じはありますが場内はとても静か、フリーサイトなので好きな所にテントが張れるのも良い所。




今回は利用料金が安く、手軽に利用できる大曽公園キャンプ場を詳しくブログで紹介したいと思います。


まだ、利用されたことがない方は、ぜひ参考にして下さいね!








2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








大曽公園キャンプ場:


料金:



大曽公園キャンプ場:

住所:愛知県常滑市大曽町6丁目3番地
電話:0569-35-2745(大曽公園管理事務所)



キャンプ場利用料:320円/1日、640円/1泊 

テント1張り:(タープも含む) 50円/1日、100円/1泊
BBQ場使用料:(専用サイト)1280円/1日、2560円/1泊

たき火台使用料(持込使用料) 320円/1日、640円/1泊
薪ストーブ使用料: 320円/1日、640円/1泊











大曽公園キャンプ場の1泊の利用料金は、キャンプ利用料(640円)+テント1張り(100円)で合計740円。


タープを使う場合は、テント2張りの値段になって合計840円になります。




焚き火をする場合は、プラス640円追加料金が発生。


焚き火をする場合、芝を痛めない為に焚き火専用の布を貸してもらい、その布を焚き火台の下に敷いて焚き火をします。


薪ストーブをする場合も640円の追加料金が発生




焚き火をしなくてテント1張りなら1泊が740円になるので、かなりお得にキャンプができます。






管理棟

2018031104






予約は電話でおこない、キャンプ場の入り口にある公園の事務所で手続きをします。


キャンセルをしてもキャンセル料が発生しないので、予定が変わって変更する場合も安心です。




管理棟の販売品とレンタル品


販売品:

薪:(ピザ窯用、たき火台用)300円/1束
バーベキュー用の炭 :500円/約3㎏
バーベキュー用の網 :150円/1枚
着火剤:100円/1個



レンタル品:

ピザ窯用板台+鉄板2枚(セット)100円/1日200円/1泊
バーベキュー用コンロ+網1枚(セット): 500円/1日、1000円/1泊
タープ(250㎝×250㎝)600円/1日、1200円/1泊
キャンプ用テント(3〜4人用)320円/1日、640円/1泊
ハンモック:300円/1日、600円/1泊








事務所でチェックインの手続きをすると旗がもらえ、旗はサイトのみえる所に置いておきます。

2018031123

2018031124






チェックインの時に下記の報告書を渡されるので、チェックアウトの際に報告書に必要事項を記載して旗と一緒に返します。


報告書と旗を返して、チェックアウトの手続きが完了。


2018031125






チェックインが8時30分でチェックアウトが17時までなので、1泊2日でもゆったりとキャンプができます。






荷物の搬入搬出時:


荷物の積み込みと積み下ろしは、サイト近くまで車を乗り入れできますが、10分以内と決められています。

2018031109






車が乗り入れできる道がせまく一方通行で、車が1台しか通れないので、車がすれ違うことができません。


荷物を降ろしている時に他の車が来ると後ろで待たれるので、積み込みと積み下ろし時間が重なると、せわしい感じがするかもしれません。

2018031106

2018031135






サッと荷物の積み込みや積み下ろしをする必要があるので、荷物の下に敷くブルーシートやシルバーシートがあれば便利。


下記のように荷物の下にシートを敷いて荷物をまとめると、短時間で車に積み込みや積み下ろしができます。


2018031126






荷物をおろしたらサイトの近くに専用の駐車場があるので、車を停めます。


専用の駐車場はキャンプ場の入り口にあって、サイトからは場所にもよりますが、歩いて数分なので遠いことはありません。


2018031107

2018031108






フリーサイト:


サイトはフリーサイトになっており、早く来た人から好きな場所を選べます。


暑い時期になると木陰があり日陰になる場所が人気の場所になると思うので、良い所を確保したければ、できるだけ早い時間に来られることをおすすめ。




チェックインは8時30分で、チェックアウトが17時になるので1泊2日でもゆったりとキャンプができます。


サイトの感じは公園の中にあるキャンプ場みたいですが、木がたくさん生えていて雰囲気がよくとても静か。




ロケーションはめちゃくちゃ良くはありませんが、ゆったりとキャンプができます。

2018031141

2018031142

2018031143

2018031145

2018031147

2018031150






フリーサイトの動画:

 

 








BBQサイト:


大曽公園キャンプ場にはフリーサイトとBBQサイトがあり、BBQサイトは個別サイト。


BBQサイトは1泊2560円なので、あまり利用料金が安くありません。




荷物の積み下ろしと積み込みの時、荷物を運ぶ時に階段を登らなければいけないのが、けっこう大変。

2018031130

2018031127






サイトは段になっていて区切られているだけなので、プライベート感はあまりありません。


サイトの大きさは広いので、大型2ルームなども設営が可能。

2018031131

2018031132

2018031134






BBQサイト動画:








炊事棟:

2018031112






炊事棟は場内に1ヶ所しかないのでオンシーズンで、利用される方が多い時は込み合う可能性が有り。


炊事棟の中には8ヶ所の水道があります。




炊事棟は割ときれいに掃除がされているので、使いやすいと思います。

2018031110






炊事棟の他に洗い場が場内に1ヶ所ありますが、手を洗うぐらいの所なので、洗い物などはできません。

2018031115






焚き火や炭の灰などは捨てることができます。

2018031117






燃えるゴミや燃えないゴミなど、全て持ち帰りになります。






トイレ

2018031118






幕を張った所によっては、トイレが遠いのでサイト選びは重要。


トイレは、場内に1ヶ所しかないので、オンシーズンだと混雑するかもしれません。




トイレは水洗トイレで洋式と和式があり、洋式は多目的トイレになっていて、手すりがあります。


洋式は個室になっていますが、男性用だけは下記のような感じ。


奥さんに聞きましたが、女性用の洋式は普通の戸になっています。

2018031119






和式には、ちゃんと扉があります。

2018031121






お風呂:


大曽公園キャンプ場から車で10分程の所に、温泉施設があるのでとても便利。




ごんぎつねの湯は、洞窟風呂や露天風呂があり、ゆったりと温泉を楽しむことができます。


※シャンプーやリンス、ボディソープは備え付けのものがあるので、持っていく必要はありません。










ごんぎつねの湯

住所:愛知県半田市平和町5-73

電話:0569-27-8878

営業時間・期間:10:00~22:30 (受付22:00まで)

リンスインシャンプー、ボディソープ備付







買い出し:

2018031101










ベイシアスーパーマーケット常滑インター店:

住所: 愛知県常滑市飛香台3丁目3−2

電話:0569-36-3900







大曽公園キャンプ場から一番近いスーパーが、車で10分もかからない距離にあるベイシア常滑インター店。


車で10分もかからないので、忘れ物をした時や連泊をする時にとても便利。




ベイシアは値段が安く食材も豊富に置いてあるので、買い出しがしやすいと思います。

2018031102






キャンプの買い出しに行った時に安かったということもあって、自宅で使う食材、数日分を購入して帰りました。






大曽公園キャンプ場を利用した際は、ベイシア常滑インター店がおすすめ!






まとめ:

2018031148






大曽公園キャンプ場は、利用料金が安く手軽に利用ができ、名古屋からも30分程で行くことができるのでとても便利。




公園の中のキャンプ場という雰囲気があり、ロケーションはそれ程よいとは言えませんが、自然があり静かなのでキャンプをやりやすく、ゆったりと過ごせると思います。


朝からチェックインができ、次の日の夕方までキャンプができるのも良い所。




他府県から来られる方は大曽公園キャンプ場を拠点に、知多半島や名古屋などの観光をされてもいいですね!




以上、「大曽公園キャンプ場は愛知県で格安で利用できるフリーサイトのキャンプ場!全てを詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!