2018031301









キャンプで使う温度計は必ず必要というわけではありませんが、あるとそれなりに活躍してくれます。


温度計があると幕内の温度や外の気温などが把握できるので、暖房器具や服装など、いろいろと参考になることがあります。




次回のキャンプの参考にもなるので、温度計はあった方が便利。






我が家が、タニタのデジタル温湿度計を購入した理由は、白と木目調のカラーで見た目がよく、とてもおしゃれだったから。


最近はキャンプで木製のテーブルを使われている方が多く、タニタのデジタル温湿度計はフレームが木製になっているので木製のテーブルとの相性は良いと思います。




フレームは本物の木材ではなく木目調プリントになっていますが、剥がれることがなくとても丈夫。


2018031303









「白を基調としている温度計なので、白色のテントと合わせやすいのもポイント」


今流行りのコットンテントは、白色系のテントが多いので、持っておられる方はタニタのデジタル温湿度計との相性が良いと思います。




わが家が保有している、アスガルドやツインピルツフォークTCとも合います。



2020013008 (6)

2020041802 (3)









今回はキャンプで使うおしゃれな温度計、木目調で白を基調としたタニタのデジタル温湿度計を詳しくブログで紹介したいと思います。


キャンプで使う温度計におすすめなので、ぜひ参考にして下さいね!







2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








タニタの温度計:


2019031101 (2)









タニタのデジタル温湿度計は手のひらサイズでコンパクトなので、持ち運びをするのにどこにでも入れておける大きさ。



手軽にキャンプに持っていけるのも、タニタのデジタル温湿度計の良さ。




文字はデジタルで読みやすく、しっかりと表示されるのが特徴。


2018031302









「最高・最低温湿度を表示できるので、とても便利」


最高・最低温湿度を表示する機能が搭載され、「MAX/MIN」を押すと最高・最低温湿度を表示することができます。




最高・最低温湿度は好きな時にリセットできて、そこから計測が始まります。


2018031304










時間と日付も表示:


2018031305









温度や湿度だけではなく、時間・日付・カレンダー表示などボタン1つで切り替えができるのでとても便利。


2018031302










3WAY:


2018031808



                                                           





マグネット・置き式・壁掛けの3WAYで設置できるので、テントのどの位置にでも置くことができます。


我が家は、置き式にしていますが、マグネットで設置しても良いですね。


2018031808









電源:



「電源は、単4乾電池が1本なのでとても経済的」



以前持っていた温度計は、電波時計だったのでキャンプに行かない時は、電池を抜いていました。






タニタの温度計は電波時計ではなく電池を抜くと時間設定をしなければいけなく大変なので、普段も電池を入れっぱなしにしています。


普段も常に電池を入れっぱなしですが、それ程電池の消費はされません。



2018031307









タニタデジタル温湿度計動画:






















まとめ:


2018031301









タニタのデジタル温湿度計は、白を基調に木製のフレームがとても良い感じだと思います。


木製のテーブルやナチュラルカラーのテントにもなじんで相性はかなりよく、値段もそれ程高くないので、購入しやすいのが良い所。




コンパクトながら文字が見やすいというのが特徴で、遠くからでも温度・湿度・時間が確認できます。


最高・最低温湿度が見れるというのも魅力ですね。




以上、「キャンプで使うおしゃれな温度計!おすすめは木目調で白色のタニタのデジタル温湿度計」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!