2016071109






インスタグラムやツイッターをやっておられる方は、自作のステッカー作りをされていることが多いです。


自作のステッカーを名刺代わりに交換。ステッカーは、ボードに貼ったりクーラーボックスなど目立つ所に貼り、キャンステを見て楽しみます。




キャンステを作っていないと、けっこう不便。




名前を憶えてもらいにくい。

キャンステが集まりにくい。






キャンステを作っていると、相手からもらいやすいというメリットがあります。




キャンステを作る前は面倒だと思っていましたが、出来上がってみると意外に簡単で、名刺代わりに人に渡せて喜ばれるので、作って良かったと思いました。




複雑なキャンステじゃなければ、自作が可能です。


アプリのラインカメラを使用すると簡単に作ることができます。今回は、ラインカメラを使用したキャンステ作りを詳しくブログで紹介します。





2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram







キャンステ作り:


アプリのラインカメラを使用。


まず、キャンステにする土台の写真を選びます。写真が決まったら、ラインカメラを使用。

2018050404






ラインカメラの「アルバム」を使って、写真に文字を書き込んでいきます。


「アルバム」をタップし、「キャンステになる写真」をタップし、「編集」をタップするといろいろな機能がでてきて、文字も入れることができます。

2018050401






文字の色も簡単に変えられるので便利。

2018050403






写真を加工したり枠をつけたり簡単にでき、あっという間に自分の好みの雰囲気に変えられます。




好みの写真が完成したら、スマホに保存。


スマホに保存した写真からパソコンに移して、自分好みのサイズにします。


サイズ変更は、「マイピクチャ」「編集」でやると簡単にサイズ変更ができます。

2018050408






サイズ変更した写真を右クリックで「コピー」して、ワードに「貼り付け」

2018050409






下記のように、どんどん貼り付けていきます。

2018050410

2018050411






写真をA4サイズいっぱいに貼り付けたら、最後に印刷。






ラベル用紙:



我が家が使用したのは、ダイソーで購入したラベル用紙。


ラベル用紙は、3枚入りでパソコンから印刷することができ、光沢紙になっています。




裏面は、シールになっているので、ステッカーとして使用ができます。


2018050405

2018050406






ワードで作った画像を印刷していきます。

2018050412

2018050413

2018050417






印刷されたものを、自分の好みの大きさに切ります。


ハサミはよく切れるハサミを使用すると、切り口がきれいになります。


2018050415

2018050416






切るのに少し時間がかかり面倒ですが、後の作業は簡単にでき、短時間で作ることができます。




追記:ダイソーで購入したラベル用紙ですが、日光に弱く時間が経つと印刷した写真の柄が消えていきます。


しっかりとした用紙を購入すると、長年使用できるのでおすすめ。

















まとめ:

2016071109






複雑なものを作るのは難しいですが、シンプルなステッカーなら簡単に作れます。




我が家はプリンターがあまり高価ではないので、印刷するのに結構時間がかかりました。


早く印刷できるプリンターなら、あっという間に自作ステッカーが完成できます。




ラインカメラを使用して、100均のラベル用紙ですから、キャンステを作るのにかかった金額は108円。お手軽に作れるというのも魅力ですね。


以上、「キャンステはアプリのラインカメラからできる!簡単に自作できる方法を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!