2018061411






ケシュアはフランスのアウトドアメーカーで、ポップアップテントが支流の世界37ヶ国で販売されています。




フランスのメーカーだからこそ、見た目がおしゃれ。


我が家が購入したのが、ケシュアのポップアップテント、2SECONDS FRESH&BLACK。


白と黒を基調としたテントで、シンプルな見た目でとても雰囲気がいいテント。


値段が安く手軽に購入でき、ポップアップ式なので簡単に設営ができるのがメリット。




今回は、おしゃれで簡単ポップアップテント、2SECONDS FRESH & BLACKを詳しくブログ紹介したいと思います。


購入を考えておられる方は、ぜひ参考にして下さいね!







2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram 





ケシュアテント:

3019053010






ケシュアは以前、ナチュラムで販売されていましたが、現在はアマゾンとデカトロンのみで販売されています。


アマゾンはケシュアのテントを発売していますが、値段が高いのであまりおすすめできません。




ケシュアのテントを購入するならデカトロンのサイトがおすすめで、我が家もデカトロンのサイトで購入しました。




デカトロン公式サイトCheck!






設営の仕方:


2018061413






ケシュアの一番の魅力は、短時間で設営と撤収が可能なこと。



5分あったら設営や撤収ができるのでとても楽で、ポールを立ち上げたり折りたたむことは一切ありません。




パッと設営ができて、サッと撤収できるのがメリット。



ケシュア本体は、黒いチャック式のカバーに入っています。

2018061431






チャックを開けて取り出すとケシュア本体が現れ、黄色いベルトで固定がされています。

2018061405






黄色のベルト、オレンジ色と黄色のバックルを外したらケシュアが自動的に広がるので、全く力がいりません。


2018061402

2018061403

2018061404






ベルトやバックルを外したら、ケシュアが自動的に広がり、広げるのにコツや手間は一切なし。




ペグ打ちは必ず必要で、4ヶ所はペグダウンして下さい。


ケシュアはペグ打ちをしなければ地面から浮いてくるので、ペグ打ちは必ず必要です。


2018061406






ペグ打ちは、4ヶ所だけでOK!設営は、5分もあれば可能。

2018061415






生地と耐久性:


ケシュアのフライシート、白い部分は丈夫な生地で耐久性があります。


ただ、底の部分がレジャーシートみたいな生地なので、しっかりとしたグランドシートを敷かないと穴が開く可能性があり、耐水性の心配もあります。

2018061413






我が家はブルーシートよりも、分厚いシルバーシートを使用。


シルバーシートは分厚いのでケシュアの底の部分が破れることはなく、耐水性もあります


2018061407
















ポールの素材は、グラスファイバー。


グラスファイバーは弾力ありよくしなりますが、耐久性に乏しいので長く使うには厳しいかもしれません。


長年使用するとポールが縦にひび割れをおこし、さけてきます。




我が家の経験では、3年ぐらいがグラスファイバーの寿命の目安だと思います。


2018061427






使い勝手:


ケシュア2SECONDS FRESH & BLACKは、遮光性ありテントの中は真っ暗。


テントを締め切ると、日光が遮断されて驚くくらい中は真っ暗。




日光が遮断されていて、思っている以上に暗いので朝寝坊する可能性もあります。

2018061408






インナーテントの上半分はメッシュになっています。


メッシュ部分が細かすぎて、テントの中に風があまり入ってこないので、真夏の使用はかなり暑いと思います。




ケシュアの「2SECONDS FRESH & BLACK」のベストシーズンは真夏を除く、春秋冬の季節。


2018061421






ケシュアの中、底の部分もレジャーシートのような生地なので、傷まないようにインナーマットはしっかりしたものを使わなければいけません

2018061408






我が家は、分厚い銀マットを2枚使用。


分厚い銀マットを2枚敷くと、床からの冷気を遮断しクッション性を高めます。


2018061409

2018061410














銀マットの上は、マルチマットレス。


マルチマットレスは、低反発ウレタン1cmと高反発ウレタン3cmの分厚さで、低反発ウレタンの柔らかい沈み込みと、高反発ウレタンの適度な硬さがマッチして寝心地は最高です。


自宅より快適に就寝できるので、マルチマットレスはかなりおすすめです。




マルチマットレスは簡単に丸めることができ、持ち運びも便利。

2018061433



2018061422















2人用のケシュアですが、外国人サイズなので割と広め。



大人2人と子供1人で寝ることもでき、大人2人なら広々と楽に寝ることができます。







インナー部分:


ケシュアはサイドの部分には小窓があり、ロープを引っ張るとメッシュ部分が現れます。


2018061416






ロープは固定することができ、開けた所から外の空気が入り、巻き上げることも可能。


2018061418






ベンチレーターもあります。

2018061414






入口を巻き上げることでメッシュになり、ケシュアの後方部分はロープを引っ張るとフライシートがあがり、後方部もメッシュになります。


2018061424

2018070128

2018070129






真夏以外の季節は、快適に過ごせるケシュア2SECONDS FRESH & BLACK!



遮光性があるケシュアですがメッシュ部分が少なく背が低いので、真夏の使用はあまりおすすめできません。




7月と8月以外の季節は、おすすめできるテントだと思います。







たたみ方:


ケシュアのたたみ方は少しコツがいるので、初めは苦労をするかもしれませんが慣れれば簡単。


テントの中にある赤丸の部分。


オレンジのひもを引っ張ると自動的にテントがたためて、丸い形になります。

2018061434

2018061402






オレンジと黄色のバックルを止めます。

2018061404

2018061403






オレンジのベルトを押さえながら八の字にケシュアを折って、黄色いベルトを止めたら折りたたみが完了。


2018061428

2018061429

2018061430






折りたたむのもすぐで、5分あれば片付けられるのでとても楽。






雨の日の使用:

2018092104






ケシュアは耐水性には全く問題がありませんが、テントに全室がない為に出入りする時に濡れてしまいます。




靴を置ける場所もないので、雨の日の単独ケシュアは、避けた方がよいかもしれません。

2018061424






雨の日は、オープンタープやスクリーンタープなどの屋根がある所に張るのがおすすめ。

2018061411






メリットとデメリット:


ケシュア2SECONDS FRESH & BLACKのメリットとデメリット

 



メリット:

5分あれば、設営と撤収が可能。
幕がせまいので、寒い時期でも快適に就寝ができる。
白色を基調にしているので、見た目がよくおしゃれ。
幕は、しっかりしたつくり。
2人サイズにしては、けっこう広め。
ソロ幕にできる。
暗くなっての設営も、問題なし。




デメリット:

全室がない。
雨の日は、出入りが大変。
靴置き場がない。
床部分がゴワゴワしたレジャーシートの生地。
真夏は暑い。
天井が低いので、圧迫感がある。





ケシュア動画:










まとめ:

2018092101 (1)






先日は、ケシュアのテントをソロ幕として使用しましたが、めちゃくちゃ快適でした。


パッと設営ができて、簡単撤収ができるので、ソロで使用するには最適なテント。





メリットとデメリットは購入してみて感じましたが、総合的に考えてみると買ってよかったと思います。



ケシュアの「2SECONDS FRESH & BLACK」は暑いので、真夏以外の季節、春、秋、冬におすすめできるテントだと思います。




以上、「ケシュアのテントを1年間使用したメリットとデメリットをブログで徹底検証!我が家は「2SECONDS FRESH & BLACK」を使用」でした




アウトドア最安値はこちら!
(ナチュラム)
Check!





 




 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!