2018090214 (4)






コールマンのウェザーマスターシリーズには3種類の2ルームテントがあり、一番お得に購入できて一番コンパクトなのが、ウェザーマスターワイドツールームSTD。




ワイドツールームSTDは、3種類の中で最もコンパクトな2ルームテント。


ワイドツールームSTDは、幅335×奥行575のサイズなので、せまいサイトでも十分に張れるのが魅力。



ワイド2ルーム コクーンⅡ→幅400×奥行670×高さ220

ワイド2ルーム コーチ→幅365×奥行610×高さ205

ワイドツールームSTD→幅335×奥行575×高さ200







他の2種類のウェザーマスターシリーズと比べて、圧倒的に値段が安く購入できるのも魅力。



スポーツオーソリティやヒマラヤで20%オフのSALEで購入すれば、8万円台で購入が可能。



ワイドツールームSTD→8万円台で購入が可能。







コールマンのウェザーマスターシリーズは、楽天やアマゾンで購入できないので、お得に購入するならスポーツオーソリティやヒマラヤがおすすめ!


スポーツオーソリティやヒマラヤなら、店頭で展示がされている店が多いので、実際に触って幕の質感や大きさが確認できます。




今回はスポーツオーソリティに展示されていた、ウェザーマスターワイドツールームSTDを実際に見て触れてみた感想を詳しくブログで紹介したいと思います。







2016071108





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram





ワイドツールームSTD:


ウェザーマスターワイドツールームSTDは、リビングスペースが幅335×奥行315㎝あるので、4人家族で過ごすのにちょうどいいスペース。




コールマンの公式ホームページには、使用人数が4~5人と記載されていますが、実際使用できる人数は4人までで5人だと窮屈。


4人で使うのにちょうどいいスペースで、ゆったりと過ごすなら3人がベスト。

2018090210






リビング内にベンチレーションがあるので、冬場に石油ストーブを使用しても安心


石油ストーブを使用すると、一酸化炭素が必ず発生します。


一酸化炭素は空気より軽いという特性があるので、テントの上部にベンチレーションがあると安心。

2018090204






夏場はフルオープンしたり、メッシュにもできます。

2018090214 (1)






サイドのドアをオープンにすると、夏場はオープンタープを使わなくても大丈夫。


ワイドツールームSTDのドアを全てフルオープンにすると、風通しがよくなりかなり涼しいと思います。




もちろん、全てのドアをメッシュにすることも可能。


2018090212

2018090202

2018090203






ワイドツールームSTDにはスカートが付いていて、ペグダウンが可能



スカートが付いていてもペグダウンができない幕が多い中、ウェザーマスターワイドツールームSTDはスカートがペグダウンができます。




風のない時は問題ありませんが、スカートをペグダウンできなければ、風が強い時は幕内に風が入ってきます。


特に寒い日に幕内に風が入ってくると、幕内の温度は低下。




スカートがついていてペグダウンができるので、風の侵入を防ぎ真冬でもキャンプができるのが魅力。

2018090214 (5)






インナーテントは、4人まで使用が可能。


インナーサイズは、幅300×奥行225×高さ175㎝なので、4人が就寝するにはギリギリのサイズ。


インナーテントに荷物を入れて、ゆったり使うなら3人がベスト。


2018090826






インナーテントは、今流行りの吊り下げ式。


吊り下げ式のインナーテントの良い所は、雨の日の設営と撤収が楽だということ。


フライシートに吊り下げるだけなので、雨に濡れることはありません。


2018090213

2018090206






幕の分厚さは、めちゃくちゃ厚みはありません。



スノーピークやキャンパルジャパンの幕の分厚さと比べて、けっこう薄目。




これは好みなので一概にはいえませんが、分厚い幕の方が全てにおいて安心感はあります。


通常ランクの緑のコールマンの幕よりは質感はよく、厚みはあります。

2018090201






コールマンの上位モデルなら当たり前ですが、天井にランタンをかける場所があります。

2018090207






ウェザーマスターワイドツールームSTDのサイズは335×575なので、せまいサイトでも張れるのが良い所




サイズが大きい2ルームテントは、場所選びや設営するのもけっこう大変。


ウェザーマスターワイドツールームSTDは、サッと張れてパッと片づけられるのが魅力。




気軽に手軽に張れる幕の方が、長年使用ができます。





手軽に張れる幕が一番使う幕



値段もそれ程高くないのも、気兼ねなくガンガン張れる所。




ウェザーマスターワイドツールームSTDは、ひとりでも張ることが可能ですが、できればふたり以上で設営することがおすすめ!







ウェザーマスターワイドツールームSTDの張り方:





















まとめ:

2018090214 (4)






ウェザーマスターシリーズの中で、コンパクトなサイズでお得に購入できるのが、ウェザーマスターワイドツールームSTD。




4人家族でも、問題なく使用ができるのが良い所。


2ルームテントの魅力は、夏場オープンタープが必要ないので、設営が楽だということ。





ウェザーマスターワイドツールームSTDは、春夏秋冬使える2ルームテントだと思います。


以上、「ウェザーマスターワイドツールームSTDを見て触れてきた感想はズバリこれ!おすすめな所を詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!