2018091901 (2)
(キャンプブログ:滋賀県でデイキャンプ)






黄和田キャンプ場は、滋賀の東近江市にあるキャンプ場。

2018091901 (8)






国道421号線沿いにあり、愛知川の上流にある為、水がとてもきれいで澄み切っています。


夏場は、川遊びの目的で県外からもたくさん来られます。

2018091902 (7)






黄和田キャンプ場は、我が家からそれ程時間がかからないこともあり、最近はよく利用しています。





気軽に行けるのが良いですね!





黄和田キャンプ場は、フリーサイトで車が横付けでき、利用料金が安いのが魅力。


利用料金は、一人当たりの値段ではなく車1台の値段。


車1台が1000円で、何人利用しても車1台の値段しかかかりません。





幕は早く来た人から張れて、林間と広場のサイトに分かれています。


夏場は木陰がある林間の方が、人気がありますね。





今回、真夏の暑い時期に利用したということもあり、林間サイトを狙ってましたが駄目でした。




我が家が着いた頃は、林間はすでに満サイト。


広場サイトの一部が空いていたので、今回は夫婦で広場サイトを利用しました。










2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








夫婦でデイキャンプ:

2018091901 (2)






日差しがきつく、暑い時期におすすめなのが、ポリコットンタープ。


一般的にタープで使われている生地は、ポリエステルが多いと思います。


ポリエステルの生地より、ポリコットンタープの方が遮光性があり涼しく過ごせます。




ポリエステルより圧倒的に遮光性があり、影が濃いのがポリコットンタープ




我が家はポリコットンタープのタトンカタープ1TCを使用。


タトンカタープ1TCは4人ぐらいで使用するのがベスト人数。我が家は広く使いたいので夫婦2人で使用しています。


2018091901 (3)

2018091901 (1)
















夫婦でお酒を飲みたいんですが、奥さんは車の運転があるので、わたしだけビールをいただきました。


2018091901 (4)






ゆったりとのんびりでデイキャンプを楽しみます。

2018091901 (9)






10時30分過ぎで、気温は30度。


2018091901 (5)






人もだんだんと増えてきて、ほぼ満サイト。



川沿いで、人気のある場所は全て埋まっています。


2018091901 (8)






少し昼食の時間としては早めですが、メスティンで炊き込みご飯を炊いていきます。





ヤマモリの釜めしの素を使って、簡単炊き込みご飯。


2018091701






米2合を炊くので、釜めしの素+水で200㏄。



研いだ米に200㏄の出汁と釜めしの具を入れ、1時間30分程、米を浸して放っておきます。


2018091704

2018091703

2018091705




米を浸して放っておく間、豚肉を焼いていきます。


2018091902 (12)








炭火は、カリッ焼けるのが良い所で、おいしくいただけます。

2018091902 (13)

2018091902 (14)







一瞬!強風が吹き半分以上残っていた肉が全部地面に!


美味しい部位を残しておいたので、とても残念。


2018091902 (1)






気を取り直して、炊き込みご飯を炊いていきます。


米は1時間30分以上浸しているので、十分に吸水されています。


2018091711






上手に米を炊くには、火加減が大事。



沸騰するまで中火で炊き、沸騰したら超弱火に切り替えます。




水分がなくなるまで炊いていくんですが、焦げ臭い匂いとチリチリという音がしたら、炊き上がりのサイン。



最後に完璧に水をとばす為、5秒ほど強火にかけてできあがり。




炊き込みご飯の素を使ったので安定の味で、失敗なし!おいしくいただきました。

2018091709

2018091710


















時刻は、14時30分。


気温は37度ですから、かなり温度が上がって暑いです。

2018091902 (2)






サイトでゆったりと過ごして、16時過ぎに撤収作業。

2018091902 (4)

2018091901 (10)






1時間程度で荷物を車に入れ撤収完了。

2018091902 (3)






少しアクシデントはありましたが、朝から夕方までゆったりとデイキャンプを楽しめた所が良かったですね!



黄和田キャンプ場は気軽に利用でき、利用料金が安いというのが魅力!





アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!