2018092101 (2)






我が家が雨キャンプを中止にせず、雨でもキャンプに行く理由は、雨キャンプに慣れていることが大きいと思います。


雨キャンプに何回か行くと慣れてきて、コツがわかってきます。




雨キャンプが大変なのは、幕の設営と撤収作業。



小雨の時を狙って、設営と撤収をすれば道具が濡れずに済むので、後で乾かす時間と手間が短くなります。




小雨の時にサッと設営して、パッと撤収するのが大事。



今回は、雨の日のタープの設営の仕方やテント選びなど、雨キャンプについて詳しくブログで紹介したいと思います。


雨キャンプに慣れておられない方は、ぜひ参考にして下さいね!




2016071108




お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram




雨キャンプ:

2017110702






雨の日は、キャンプ場選びも大事



雨の日は、地面が砂利サイトか芝サイトのキャンプ場を選んで下さい。





雨の日に絶対に避けてほしいのが、土や砂のサイト。


土や砂のサイトは、泥や砂でテントや道具が汚れてしまうので、後片付けが大変です。




雨の日は砂利サイトか芝サイトで、一番のおすすめは砂利サイト。



砂利サイトは水はけがよく、テントやグランドシートが汚れないのでおすすめです。

2017110711






雨の日は、天気が良い日に比べてテントやタープの設営撤収がかかり大変なので、できるだけ雨の時間を避けるのが大事


もし、アーリーチェックインやレイトチェックアウトの時間に雨が降らなければ、アーリーチェックインやレイトチェックアウトを取り入れて、雨の設営や撤収を避けて下さい。




雨の時に設営や撤収をされるなら、小雨の時にサッと設営して、パッと撤収を心がけるのが大事




雨は強く降る時もあれば、小雨になる時が必ずあります。



ウエザーニュースの雨雲レーダーで雨の降り方を確認して、小雨の時に一気に設営と撤収をするのがコツ。




ウエザーニュースの雨雲レーダーは、現在の雨雲の位置と動きを確認できるので、小雨になるタイミングがわかります。

2018092102 (1)






雨の日のタープの張り方:

2017101801






雨の日はヘキサタープやワンタッチタープより、四角い形のレクタタープの方が面積が広いので雨に濡れにくいと思います。




タープのポールを低くした方が、雨に濡れません。



タープのポールを低くすることで風がある時、タープがガードして横殴りの雨でも中が濡れにくくなります。




低いポールが無い方は、ポールを斜めにすることで、タープの長さをある程度、低くすることができます。




ポールは、低ければ低いほど横殴りの雨の時に濡れにくくなるので、雨の日は低いポールを使用されることをおすすめ。

2018092101 (1)






ポールは、2本より4本使用した方が、雨に濡れるスペースが少なくなるので、快適にいられます。


我が家のタープの張り方は、赤丸の部分にポールを4本入れ、黄色の所にガイロープをつけます。下記の写真のような張り方。

2018092103

2018092101 (2)






ポールを低くして4本にすることで、相当な雨風以外は濡れずに済みます。


2018092101 (3)






雨の日に設営する時はタープを先に張り、タープの中にテントを入れるとテントが濡れません。



撤収をする時も同じで、テントから先に片付けて、その後にタープを片付けます。




2人用のテントなら、オープンタープの中に入れられます。



オープンタープの中にテントを入れることで、テントが濡れずに済み撤収や後片付けが楽。


2018092101 (2)




我が家のタープは、ポリコットン生地のタトンカタープ1TC。











雨の日のテント選び:


雨の日はサッと設営ができて、あっという間片付けられるケシュアがおすすめ!

2018091102 (9)

2018091101 (6)






ケシュアはポップアップ式のテントなので、サッと設営ができて、パッと撤収ができるのがメリット。


大き目のタープなら、タープの中にケシュアを入れられます。




ケシュアを雨の日に何度も使用していますが、耐水性と撥水は全く問題なし。



ケシュアは雨の日に使用しても、耐水性があるので漏れたりすることはありません。




雨の日は、簡単に設営と撤収ができるテントが良く、ケシュアは数秒で設営と撤収が可能。




関連リンク:ケシュアテント











まとめ:

2017101802






雨の日でもキャンセルができない時や、その日しか休みが取れない方は、雨のキャンプでも行かなければいけません。




せっかくだから、雨キャンプを楽しむ。


雨の日はいつもと違ったキャンプ場が見れて、来られ入る方も少ないので、ゆったり過ごせるのも雨キャンプの良い所。




雨キャンプは設営と撤収に時間をかけずに、サッと設営してパッと撤収を心がけて下さいね!


以上、「我が家が気を付ける雨キャンプのタープの張り方とおすすめテントを徹底検証!詳しくブログで紹介」でした。


 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!