2018092102 (5)






キャンプの夕食によく食べるのがバーベキューで、毎回バーベキューだと違ったものを食べたくなる時もあります。


特に連泊の場合は、夕食のメニューに困ります。




キャンプの夕食は手軽に作れおいしく食べれるのが、鮭のちゃんちゃん焼き。


我が家が、先日のキャンプで作った鮭を使ったちゃんちゃん焼きは、カセットコンロと鉄板さえあれば、簡単手軽に作れます。




今回は、簡単手軽に作れる鮭のちゃんちゃん焼きを詳しくブログ紹介したいと思います。


おいしく出来上がるので、ぜひ家族でキャンプに行かれた時などに作ってみて下さいね。





2016071108





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram





鮭のちゃんちゃん焼き:

2018092102 (5)






鮭のちゃんちゃん焼きは、カセットコンロと鉄板さえあれば簡単に作れます。


我が家は、カセットコンロ専用の鉄板で、イワタニの鉄板焼きプレートを使用


2018092109






イワタニの鉄板焼きプレートは、カセットコンロ専用の鉄板なので使用するのに安心。


カセットコンロの五徳と鉄板がジャストフィットして、鉄板がすべることがありません。

2018092107






イワタニの鉄板焼きプレートは、2000円までで販売されているので、手軽に購入できるのが良い所。


フッ素加工してあるので食材がくっつきにくく、汚れもすぐに落ちます。


下記のように、カセットコンロとジャストフィット。

2018092101 (4)






鮭のちゃんちゃん焼きに使用する食材は、鮭・しめじ・いろいろな野菜の袋詰め。


野菜の袋詰めは、切る手間がいらないので、キャンプ向けでとても便利。


今回、包丁で切る物が全くなかったので、とても楽でした。


自宅で野菜を切ってきて、ジップロックに入れてくるということもできるので、その時の状況に応じて材料選びをして下さいね。

2018092101 (5)






ちゃんちゃん焼きのたれは、日本食研のちゃんちゃん焼きのたれがおすすめ。





我が家は、自宅でちゃんちゃん焼きをする時、味噌・砂糖・みりん・酒を入れてたれを作ります。


しかしキャンプ場に調味料を持っていくとかさばってしまうので、手軽に作れる日本食研のちゃんちゃん焼きのたれがおすすめです。




日本食研のちゃんちゃん焼きのたれは、お店で食べるような味に出来上がるので、おいしく食べれます。

2018092102 (1)






作り方:


きのこと野菜をイワタニの鉄板焼きプレートで炒めます。


ある程度炒めたら真ん中を開けて、輪の形にします。

2018092101 (8)






輪の形にし真ん中を開けたら、そこに鮭を入れます。


我が家は夫婦で鮭を2切れずつしたので、合計4切れの鮭を入れました。

2018092101 (10)






鮭を入れたら、ちゃんちゃん焼きのたれを入れます。


2018092102 (1)






ちゃんちゃん焼きのたれを、全体にかけたら蓋をします。



我が家は、アルミホイルを使用しました。


2018092102 (2)

2018092102 (3)






中火で約10分程炒めたら、アルミホイルを取ります。

2018092102 (4)






日本食研のちゃんちゃん焼きのたれを使うと、お店で食べるような味でとてもおいしくいただけました。


ちゃんちゃん焼はたれがかなり重要で、
材料に玉ねぎを加えると、よりおいしくなると思います。




自宅でちゃんちゃん焼きを作る時は、玉ねぎを必ず入れる我が家。


今回は、簡単に作りたいということから、玉ねぎは使用していませんが、玉ねぎを入れるとよりおいしさがアップします。














まとめ:

2018092102 (5)






今回は、キャンプの夕食にちゃんちゃん焼きを作りました。


バーベキューに飽きたと思われるなら、簡単においしく作れるのでちゃんちゃん焼きを作ってみて下さいね!




日本食研のちゃんちゃん焼きを入れると
、お店の味になるのでおすすめです。



以上、「鮭のちゃんちゃん焼きは簡単にキャンプでおいしく作れる!作り方を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!