2018092701 (1)






クイックアップドームは、コールマンから発売されているポップアップ式のテントで、サッと設営してパッと片付けられるのが特徴で、とてもらく。


ポップアップ式に慣れると、他のテントを張るのが面倒になってきます。




クイックアップドームには、「クイックアップドーム/s+」と「クイックアップドーム/w+」があり、今回紹介するのが1人用のクイックアップドーム/s+。


クイックアップドーム/s+は、ソロで使用するテントで定員が1人用になっています。




インナーテントとフライシートを別に張ることができるので、カンガルーテントとして使用でき、あらゆる場面で活躍してくれます。




今回は、スポーツオーソリティに展示されていたクイックアップドーム/s+を実際に見て触れて観察してきたので、詳しくブログで紹介したいと思います。


購入する予定のある方は、ぜひ参考にして下さいね!






2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram 






クイックアップドーム/s+:


クイックアップドーム/s+は、コールマンから発売されているポップアップ式テントで、円盤の形になっており、サッと設営してパッと片付けられるのが特徴。




インナーテントとフライシートを付けたまま撤収ができ、2回目以降はインナーテントとフライシートを付けたまま設営ができるので、とてもらく。

2018092702







インナーテントだけ張るとシェルターやスクリーンタープの中に入れられて、カンガルースタイルとして使用ができます。


カンガルースタイルは雨の日は濡れにくく、寒い時期に暖かいので特におすすめ。





夏場は、オープンタープの下にインナーテントだけを張ると、風通しがよく快適なキャンプができます。

2018092703 (2)






クイックアップドーム/s+のインナーサイズは、210×120×100(h)cmになっており1人用のソロテント。


重さが3.5㎏しかないので、持ち運びがとても楽です。




日光を90%ブロックし温度上昇を軽減しており、締め切ると中は真っ暗。


我が家も、中が真っ暗なテントを保有していますが、びっくりするくらい熟睡ができます。




締め切ると、朝日が幕内に入ってこないので、朝だとわからず寝過ごす可能性があります。

2018092701 (3)






天井には光を取り入れることの窓があり、開閉が可能。

2018092701 (5)






天井の窓を開けると光が入ってくるので、かなり幕の中が明るくなります。


下記は天井の窓を開けて、幕の中から天井を見上げた状態で、かなり光が入ってくるのがわかります。

2018092701 (6)






下部にはベンチレーターあり、外からの風が幕の中に入ってきます。

2018092704






フライシートは、ダークルームテクノロジーを取り入れていて、通常のポリエステルの生地とはさわり心地が違います。



さわった感じは、雨具で使うカッパのような肌ざりの生地で、分厚いつくりになっているのでけっこう生地は丈夫。

2018092701 (2)






インナーもしっかりとした生地になっています。

2018092701 (7)






ソロキャンプで使うポップアップ式テントを探しておられるなら、クイックアップドーム/s+は、おすすめのテント。



コールマンは緑のイメージがありますが、クイックアップドーム/s+は赤と白を基調にしたテントで、見た目がとてもおしゃれ。

2018092703 (4)
https://www.instagram.com/p/BgLl2N9hxKV/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=aoaxsnpjyyq5






販売価格は税込み1万円と、とてもリーズナブルな値段なので、手軽に購入できるのがメリット。


クイックアップドーム/s+は、かなり人気で売れているなーという印象があります。




フライシートとインナーテントが別れており、ポップアップ式テントで値段が1万円というのは、他のテントではないので、かなり希少なテントだと思います。






クイックアップドーム/s+の動画:


















まとめ:

2018092701 (4)






店舗でクイックアップドーム/s+を実際にふれて思ったことは、ソロで使うにはちょうどいい大きさで、しっかりとしたテントのつくりだなーと感じました。




値段が1万円のテントにしては、よくできたテント。



ソロテントでポップアップ式テントを探しておられる方は、購入する候補にクイックアップドーム/s+を入れてみてはいかがでしょうか。



以上、「クイックアップドーム/s+を実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介」でした。



 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!