2018112721 (2)






ちびパンは、ユニフレームから発売されている黒皮鉄板を採用したミニフライパン。


スキレットよりも使い勝手がよく、使い終わった後の手入れも楽なのがメリット。




黒皮鉄板は、スキレットや鉄のフライパンより錆びにくく、使用後は洗剤を使って洗っても特に問題はありません。


我が家はユニフレームのちびパンを購入して7年程になり、主に自宅使用してましたが最近はキャンプでも便利なので使っています。




今回は自宅でもキャンプでも便利に使える、ユニフレームのちびパンを紹介したいと思います。


まだ、ちびパンを購入されていない方は、ぜひ参考にして下さいね!








2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram








ちびパン:

2018112720 (3)






ちびパンは、ユニフレームから販売されている黒皮鉄板を採用したミニフライパンで、スキレットと違い使い勝手が良く、使用後の手入れが楽。


使用後のちびパンは洗剤でサッと洗い、軽く裏表に油を塗るだけでOK。

2018112720 (6)






油を塗り忘れても表面に付着した水分をバーナーで飛ばしておけば、スキレットみたいにすぐには錆びません。




もし、ちびパンが錆びてしまったら、錆びた部分を金属たわしでこすって取り除き、もう一度シーズニングをすると錆びにくくなります。



ちびパンはスキレットより使い勝手がよいので、たいへん重宝しています。

2018112720 (2)






シーズニング:


ちびパンは、出荷から初使用まで錆びないようにクリアラッカーが塗られているので、初めて使用する際に1度だけシーズニング作業をおこなわければいけません。


シーズニングは少し面倒ですが、1度きりの作業なので必ずおこなって下さい。




シーズニングはスキレットと同じやり方なので、特に難しくはないと思います。




シーズニングのやり方:


 





おいしく焼ける:


黒皮鉄板を採用しているちびパンは熱伝導率がよく、食材を焼くと外はカリッと中はジューシーに焼け、焼いた食材が冷めにくというのがメリット。




ちびパンは、手軽に使える鉄製のミニフライパンと想像してもらったら良いと思います。


いろいろな食材が手軽に焼けるちびパンで、今回は日本ハムのグルメイドステーキを焼いてみました。




グルメイドステーキは、あらびきソーセージに豚バラ肉を巻いたジューシーなステーキで、こんがりと焼くとおいしくいただけます。

2018112720 (7)






焼く前はちびパンに油を塗り
、けむりが出るくらい温めておけば、食材を入れても焦げないと思います。


2018112720 (8)






ちびパンで焼くことでカリッと焼け、冷めにくいのでいつまででも熱々が食べれます。


2018112720 (9)






ちびパンで焼いた食材は皿に移さず、そのまま食卓に出せるのがメリット。

2018112721 (2)






ちびパンはスキレットと同じく肉類を焼くと、外の部分はカリッと中はジューシーに焼けるのでおいしくいただけます。


もちろん、グルメイドステーキもおいしくいただきました。






ハンドルカバー:


ちびパンは持ち手のハンドル部分が熱くなるので、耐熱グローブでさわるかハンドルカバーが必要。


2018112720 (5)






我が家は、ちびパンのハンドルカバーとして、ロッジのミニシリコーンホットハンドルホルダーを使用しています。





ロッジのミニシリコーンホットハンドルホルダーはシリコンでできており、油などで汚れたらきれいに洗えるのがメリット。


ちびパンのハンドルカバーとしてちょうどいい大きさなので、おすすめです。

2018112720 (4)

2018112720 (1)








我が家は赤色を使用していますが、黒色もあります。











ちびパンの蓋:


ちびパンには専用の蓋が販売されていますが、我が家は100均の蓋で代用。




セリアで販売されている「ステンレス親子鍋用蓋(16cm用)」が、ちびパンの蓋にちょうどいい大きさでジャストフィット。



100円なので、手軽に購入できるのがメリット。

2018112721 (3)

2018112721 (4)
















まとめ:

2018112720 (1)






ユニフレームのちびパンは黒皮鉄板でできているので、手軽に使用できるのが良い所。




我が家は自宅で7年程使用していましたが、使い勝手や使用後の手入れが楽でした。


自宅ではチキンやステーキを焼いたり、高温で焼けるので表面がパリッと焼け、中はジューシーに仕上がるのでおいしくいただけます。




1人分のチキンやステーキを焼くのにちょうどいい大きさで、できあがりは皿に移さず、そのまま食卓に出せるのがメリット。



スキレットより使い勝手がいいので、おすすめできるミニフライパンですね。




以上、「ちびパンを7年間使用してきた使い勝手を詳しくブログで紹介!我が家はちびパンの蓋を100均で代用」でした。




アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!