3019112604






撤収前の朝食は、できるだけ手軽な料理にする我が家。


凝った料理をすると時間がかかり、食器の洗い物なども増え後片付けが大変です。


キャンプ場はチェックアウトの時間が決まっていて、チェックアウトの時間までに片付けなければいけないので、できるだけ朝食は簡単な料理が良いと思います。




手軽に作れてガッツリ感があり、お子さんにも喜ばれるのがホットドッグ。


ホットドッグはウインナーを焼いて、パンに挟むだけなので簡単に作れます。




ホットドッグは、撤収前の忙しい時間に手軽に作れるのが良い所。




今回は手軽に作れてお子さんにも喜ばれる、キャンプで作るホットドッグを紹介したいと思います。






2016071108





お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram





ホットドッグ:

3019112602 (11)







今回、ホットドッグに入れた具材は、ミックスサラダ・らっきょう・シャウエッセン。

3019112601 (3)






ホットドッグにはピクルスを刻んで入れる方が多いと思いますが、我が家はピクルスのかわりにらっきょうを入れています。


らっきょうは甘酸っぱくシャキシャキしていて、ホットドッグに入れるとよく合います。




ピクルスは作るのに面倒で、なかなかスーパーでも見かけないので購入するのが大変。


らっきょうを使うことで、ピクルスのかわりになります。


3019112601 (5)






らっきょうを必要な分だけ刻みます。


3019112601 (8)

3019112602 (5)





3019112601 (6)






ロングシャウエッセンは、テンマクデザインから発売されている男前グリルプレートで焼きます。

3019112601 (10)

3019112602 (2)






男前グリルプレートは、テンマクデザインから発売されている鉄製のグリル。


鉄製なので外はカリッと中はジューシーに焼け、表面に溝があるのでヘルシーに焼けるのが良い所。


3019112601 (9)






我が家は、男前グリルプレートで焼肉をしたりステーキを焼いたり、いろいろなものを焼いて鉄板焼きをしています。

3019041001 (10)

2018101703 (4)

3019050301 (5)

3019041004 (4)

2018110601 (5)














パンの真ん中に切れ目を入れ、千切りキャベツを挟みます。


3019112601 (4)

3019112601 (7)

3019112602 (4)






千切りキャベツの上に、刻んだらっきょうを入れます。


らっきょうは甘酸っぱく、シャキシャキしているのでホットドッグにかなり合います。




ピクルスを入れなくても、十分にピクルスのかわりになります。


3019112602 (8)

3019112602 (6)






ロングシャウエッセンを最後に挟んだら、簡単ホットドッグのできあがり。


3019112602 (10)






食べる前に、マスタードとケチャップをかけます。

3019112603 (1)






そのまま食べてもおいしいですが、パリッとした焼いたパンが好みな方は、ホットドッグをサッと炙って下さい。


我が家は、SOTOのフィールドチャッカーを使用。

3019112603 (2)






フィールドチャッカーは、2000円程販売されているガストーチで、とてもお手軽に購入できます。


炎の調整ができるので、炭の火付けから料理まで幅広く使うことができ、一家に一個、フィールドチャッカーがあるととても便利。

3019112603 (3)






サッと炙ったホットドッグもかなりおいしいです。

3019112603 (4)
















まとめ:

3019112604






ホットドッグはウインナーを焼いて、後は野菜と一緒にパンに挟むだけなので手軽にできるのが良い所。




撤収前の忙しい朝食に良く、割とガッツリと食べれます。


お子さんにも喜ばれると思うので、家族で行くキャンプにもおすすめですね!




ホットドッグはウインナーが決めてで、ロングシャウエッセンはホットドッグと合い、パリッとジューシーなのでかなりおすすめ。


らっきょうを刻んで入れると、甘酸っぱくシャキシャキ感があるので、ワンポイントにもなります。



以上、「キャンプの朝食に簡単ホットドッグ!らっきょうを刻んで入れるとおいしさアップ。」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!