2018122701










冬キャンプの暖房で、手軽に使えて幕内を暖めてくれるのが石油ストーブ。


石油ストーブは冬キャンプの必需品で、あるととても便利。






1泊2日でキャンプ場の滞在時間が短かい場合は、石油ストーブに灯油を満タンにしておけば追加の灯油はいりません。


ただ、滞在時間が長い場合は灯油を持ち運ぶのに、灯油のポリタンクが必要です。







灯油のポリタンクは、ホームセンターなどで、1000円までで販売されていて値段は安いですが、あまりおしゃれなものがありません。

622aeb63[1]








見た目にこだわりがなければ、ホームセンターなどで購入したポリタンクの方が値段が安く手軽だと思いますが、おしゃれなポリタンクを探しておられる方は、ヒューナースドルフのポリタンクがおすすめ。




「ヒューナースドルフのポリタンクはドイツ製のポリタンクで、見た目がとてもおしゃれ」





今回は、我が家が使用しているおしゃれなポリタンク、ヒューナースドルフのポリタンクを詳しくブログで紹介したいと思います。










2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









ポリタンク:




石油ストーブにはタンク一体型とタンクが分離型の2種類があり、キャンプでよく使われているのがタンク一体型だと思います。






「タンク一体型には、フジカハイペットやトヨトミレインボーなどが有名」



1泊2日でキャンプ場の滞在時間が短い場合は、石油ストーブのタンクに灯油を満タンにしておけば空になりませんが、それ以外は灯油を補充する為にポリタンクが必要です。






タンク分離型の場合も車の運搬の時に灯油を抜く必要があるので、灯油のポリタンクがいります。


こだわりがなければ、ホームセンターなどで販売されているポリタンクで十分で、値段も安いので手軽に購入ができます。








おしゃれなポリタンクを探しておられる方は、ヒューナースドルフの10Lのポリタンクがおすすめで、我が家も購入しました。



ヒューナースドルフのポリタンクはドイツ製のポリタンクで5Lと10Lがあり、我が家は10Lを使用しています。






10Lはオリーブとレッドの2色で、人気があるのはオリーブで、最近はインスタグラムやキャンプ場でもよく見かけます。

2019010104









我が家はレッドを購入しましたが、安いポリタンクより見た目がよく、高級感がかなりあります。

2019010102 (1)








ステッカーを貼ると、より見た目と雰囲気が良くなり、おしゃれ感が上がるのでおすすめ。


2018122703

2018122702









ステッカーは、両面にチャムスのステッカーを貼っています。


2019010102 (2)

2019010102 (3)














 












ヒューナースドルフのポリタンクには、黒いノズルが本体に収納されているので、石油ストーブに灯油を入れる時はノズルを使用します。


ただ、ノズルと本体の接続部分から石油漏れをおこすものがあります。


2019010102 (7)

2018122704









本体にノズルをつけ灯油を入れてみましたが、我が家のノズルも接続部分から灯油漏れを起こしてしまいました。

2019010102 (10)









フジカハイペットは給油口が小さく、100円ショップで購入した灯油ポンプが給油口とちょうど良い大きさ。

2019010103









ノズルにパッキンをつけて、灯油漏れを起こさないようにしている方がおられますが、フジカは給油口が小さいのでノズルで灯油を入れようと思ったらじょうごが必要です。







じょうごの持ち運びと、タンクを持ち上げて灯油を入れるのも重いので、我が家は100円ショップの灯油のポンプを使用しています。


灯油ポンプは持ち運びが少し面倒ですが、灯油を入れるのがすごく楽。


2018122708






※ノズルのパッキンはTOTOのトイレ用のパッキンTPA-1014がジャストフィット。


















ヒューナースドルフのポリタンクはロック機能付きのキャップなので、タンクが倒れても石油漏れを起こさないというのが良い所。


2019010102 (5)

2019010102 (8)








ヒューナースドルフのポリタンクは10L以外にも5Lがあります。





5Lは10Lと違い、いろいろな色の種類があるのが良い所。

2018122705
 














5Lの場合、1泊2日のキャンプならちょうどよい灯油の量ですが、連泊をする場合は5Lなら足りなくなる可能性があります。


キャンプで連泊をすることが多い方は、5Lより10Lのポリタンクの方がよい感じがします。




















ヒューナースドルフのポリタンクの動画:














まとめ:

2019010101








おしゃれなポリタンクを探しておられる方は、ヒューナースドルフのポリタンクがおすすめ。


インスタグラムで圧倒的に人気があるのはオリーブですが、レッドもステッカーを貼ってアレンジすれば、よい雰囲気になります。






「オリーブと同様にレッドも高級感がある」



黒いノズルは本体に収納ができ便利ですが、ノズルとタンクの接続部分が灯油漏れを起こしてしまいます。


灯油漏れを起すことを除けば、良い雰囲気でおしゃれなポリタンクなので残念ですね。




以上、「キャンプでおしゃれな灯油タンク(灯油缶)!ヒューナースドルフのポリタンク10Lを使用している我が家が徹底検証」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!