2019010701 (1)






最近、テントや2ルーム内の灯りとしてよく使われているのがLEDランタン。


LEDランタンは一酸化炭素や燃料がいらず、手軽に使えるのがメリット。


テントや2ルーム内の灯りとして、ほとんど方がLEDランタンを使われていると思います。




今回紹介するのが、100円ショップのダイゾーで販売されているLEDライトで、幕の天井に吊るすとランタンのかわりになります。


LEDライトは発熱が少なく虫が寄りにくいという特徴があり、100円で販売されているので、手軽に購入できるのもメリット。




今回は100円ショップのダイソーで販売されているLEDライトを詳しくブログで紹介したいと思います。


我が家のおすすめライトなので、ぜひ参考にしてくださいね。








2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram 








LEDライト:

2019010701 (2)






LEDライトはダイソーで販売されているので、100円で手軽に購入できるのがメリット。


LEDライトですが先端にフックがついているので、天井に吊るすとランタン代わりになり、幕の灯りとして使用することができます。

2019010702 (1)

2019010702 (2)






アウトドアメーカーから販売されているLEDランタンの値段は高く、1個5千円以上もするものもあります。


値段が高いLEDランタンより、ダイソーで販売されているLEDライトの方が手軽に使えて明るいので我が家的にはおすすめ。





LEDライトの明るさは1個150ルーメンあり、幕の灯りとして使用するなら1個より2個あった方が幕全体を照らしてくれて明るいと思います。

2019010701 (10)






LEDライトはUSB電源が付いており、モバイルバッテリーを使用して電源を取ります。


2019010701 (3)






モバイルバッテリーは、携帯電話を充電するのに使われており、だいたいの方が持っておられると思います。


モバイルバッテリー1個あれば、一晩の灯りとして十分にもちます。

2019010702 (3)






下記のように、ライトのUSB電源からモバイルバッテリーにつなぐだけで、電源がついて灯りとして使用することが可能。


2019010701 (7)






コードが1.2mしかないのでLEDライトを天井に吊るした時、モバイルバッテリーの置き場に困るので、何らかの工夫が必要です。

2019010701 (5)






我が家は、テーブルの上にテッシュケースを置いて高さ調整をしました。



見た目はそれ程悪くはなかったですが、すっきりとモバイルバッテリーを配置されたい方は、何らかの工夫をして下さい。


2019010701 (8)






サーカスTCやツインピルツTCの幕内で、夜にLEDライトを2個をつけましたが、割と明るく過ごせました。



中ぐらいの大きさの幕ならLEDライトが2個、大型幕なら3個あれば十分に幕内の灯りになると思います。


2019010701 (9)






ダイソーのLEDライトの良い所は、白色だけではなく暖色があること。



白色は明るいですが雰囲気があまりよくなく、暖かい灯りの暖色がいい方はダイソーのLEDライトがおすすめ!




ダイソーのLEDライトは発熱が少なく虫が寄りにくいので、特に虫が多い夏場は重宝すると思います。


値段が100円と安く、気軽に購入できるのもメリット。




プラスチック製で軽く、落としても割れることがないので、キャンプで使用するのには適していると思います。
















まとめ:

2019010701 (10)



アウトドアメーカーから販売されているLEDランタンは、けっこう値段がします。


こだわりのLEDランタンがあればいいと思いますが、こだわりがなく手軽なランタンをお探しならダイソーのLEDライトがおすすめ。




ダイソーで販売されているLEDライトは、幕の天井に吊るすとランタンの代りになり、LEDライトを2個使うと、幕全体を照らしてくれます。


モバイルバッテリーさえあれば、100円なので手軽に購入できるのもメリットだと思います。





以上、「100均のライトでランタン!キャンプで使う灯りはダイソーのLEDライトが絶対おすすめ!」 でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!