2019012113 (2)






最近、インスタグラムでよく見かけるのがホーロー鍋を使った料理。


ホーロー鍋は短時間で料理ができ、おいしく仕上げることができるのがメリット。


煮込み料理をすると食材がやわらかくなるので、特におすすめです。




ホーロー鍋といえば、ル・クルーゼやストウブが有名で、自宅で使っておられる方が多いと思います。


ル・クルーゼやストウブは、値段が2万円以上してとても高価。




キャンプでホーロー鍋を使う場合、持ち運ばなければいけないので、割れたり欠けたりするリスクがあります。


高価なホーロー鍋をキャンプに持っていくのは、やはり気をつかいます。




我が家が使用しているホーロー鍋のボンボネールココットは、7千円程で販売されているので、キャンプ場で気兼ねなく使うことができます。


値段が安い割にはつくりがしっかりとしていて、見た目もおしゃれ。


インスタグラムをやっておられる方は、インスタ映え間違いなしで、おいしそうな写真をpicできます。


2019012111 (10)









今回は我が家も使用している、イシガキ産業から発売されているボンボネールココットでクリームシチューを作りました。









2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







ボンボネールココット:


ボンボネールココットは蓋が重く密閉性があるので、煮込み料理をすると短時間で食材がやわらかくなり、おいしくできあがります。


2019011301 (2)






値段が安い割にはしっかりとしたつくりで、ル・クルーゼやストウブとかわらない料理の仕上がり。


ボンボネールココットは、見た目がよくおしゃれなのも良い所。


ずっしりと重く、キャンプに持って行くと存在感もあります。


2019012111 (5)






クリームシチュー:


クリームシチューの具は、玉ねぎとジャガイモと鶏肉。


人参やカリフラワー、ブロッコリーなどは冷凍食品を使うと下茹でが必要なく、簡単に作れて楽。

2019012111 (6)






玉ねぎとジャガイモを適当な大きさに切ります。

2019012111 (8)






オリーブオイルを多めに入れて、鶏肉とジャガイモとタマネギを炒めます。

2019012111 (11)

2019012112 (5)






鶏肉、ジャガイモ、玉ねぎを炒めたら分量通りの水を加え、後はしばらく石油ストーブのフジカで煮込みます。


2019012112 (8)

2019012112 (7)






フジカで煮込み、ジャガイモに火が通ったら冷凍の野菜ミックスを加えます。

2019012112 (9)

2019012112 (10)






沸騰したらクリームシチューの素と牛乳を入れ、煮込みます。


石油ストーブは火力が強くなく、じっくりと煮込めるのが良い所で、ホーロー鍋と石油ストーブの相性はとても良いと思います。


2019012111 (9)

2019012112 (1)






石油ストーブのフジカで、コトコト煮込んだらクリームシチューのできあがり。

2019012112 (2)

2019012113 (1)






ジャガイモや玉ねぎ、特に鶏肉はやわらかくでき、とてもおいしくいただきました。




ボンボネールココットは蓋が重く密閉性があるので、圧力鍋のような感じで仕上がります。



普通の鍋と全く違う出来具合でおいしいシチューができるので、イシガキ産業が発売されているボンボネールココットはおすすめ。


2019012113 (3)






我が家は、ボンボネールココットの22㎝を使っていて、4人家族でも十分な大きさ。












まとめ:

2019012113 (2)






ホーロー鍋は、ル・クルーゼやストウブが有名ですが、キャンプで使うのにそんな高級なホーロー鍋はいらないと思います。


キャンプで使う場合、持ち運びをしなければいけないので、ホーロー鍋が割れたり欠けたりするリスクがあります。


ボンボネールココットは、7千円程で販売されているので、気軽にキャンプで使えるのがメリット。




ボンボネールココットは蓋が重く密閉性があるので、食材がやわらかくおいしくできあがります。


見た目のおしゃれで手軽に購入できるので、ボンボネールココットは我が家のおすすめホーロー鍋です。



以上、「キャンプでクリームシチュー!ボンボネールココットがあればおいしくできあがります」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!