2019020401 (3)






キャンプで使う鍋といえばダッチオーブンが有名ですが、最近はダッチオーブンよりホーロー鍋の方が流行っているような気がします。


ダッチオーブンは煮たり焼いたりでき、蓋が重く密閉性があるので圧力鍋のように料理が仕上がります。


ただ、ダッチオーブンは重量があるので持ち運びが大変で、鉄製なので手入れをしなければすぐに錆びついてしまうので扱いがけっこう面倒。




ホーロー鍋は、ダッチオーブンのように蓋が重いので密閉性があり、特にホーロー鍋で煮炊きをすると短時間でやわらかくなり、おいしく料理が仕上がります。


ホーロー鍋で有名なのがル・クルーゼやストウブで、自宅で使用されている方も多いと思います。




ル・クルーゼやストウブは値段が高く2万円以上するので、けっこう高価。


自宅で使用すのは問題がないと思いますが、キャンプで使う場合は持ち運びをしなければいけないので、割れたり欠けたりするリスクがあります。




我が家が使用しているホーロー鍋、ボンボネールココットは7千円程で販売されているので、気軽にキャンプに持っていけるのがメリット。




今回はキャンプで使うおしゃれなボンボネールココットを詳しくブログで紹介したいと思います。






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram 







ボンボネールココット:

2019012111 (5)






イシガキ産業から発売されているボンボネールココットは、蓋が重く密閉性があるので、煮込み料理をすると短時間でやわらかく仕上がります。


2019011301 (2)






我が家は、寒い時期に石油ストーブをキャンプに持っていくので、フジカハイペットの上に置き、コトコトと煮込みます。


2019011302 (7)






ボンボネールココットでクリームシチューやビーフシチューを作りましたが、ジャガイモや人参などの野菜はやわらかくでき、特に肉類はとてもやわらかくおいしく仕上がりました。




ル・クルーゼやストウブと変わりなく料理ができあがるので、ボンボネールココットは我が家のおすすめのホーロー鍋。

2019011302 (9)

2019011302 (1)






ボンボネールココットの蓋には突起があり、蓋の突起部分に付着した蒸気が水滴となり、小量の水分でも料理ができあがります。

2019011303






今回のキャンプは、夜がかなり冷え込んだので夕食に鍋をしました。



寒い時期の鍋は体が温まり、冷たいビールと飲めば最高。

2019020401 (1)






味付けはエバラ食品のプチッと鍋。



プチッと鍋はいろいろな種類があるので、何種類か購入しておくと、その日の気分で鍋の味が楽しめます。


2019020401 (5)

2019020401 (3)






夜は熱々の鍋と冷たいビールがおいしく、体が温まり最高のキャンプでした。

2019020401 (6)






我が家はボンボネールココットの22㎝を使っており、4人家族でちょうどいい大きさ。












まとめ:

2019011701 (10)






ボンボネールココットは、7千円程で購入できるホーロー鍋。


値段が安い割にはしっかりと造られていて、見た目もおしゃれ。





インスタグラムをやっておられる方は写真映えして、おしゃれなpicができると思います。

 





ボンボネールココットは蓋が重く、煮込み料理をすると短時間で圧力鍋のようなできになります。


キャンプでおいしい料理を作るならボンボネールココットがおすすめ!


以上、「キャンプで使うおしゃれな鍋!我が家がおすすめするのはボンボネールココット」


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!