3019051209






真夏のキャンプで快適に過ごせるキャンプ場は、標高の高いキャンプ場で、標高が100m上がると気温が0.6度下がります。


平地のキャンプ場より、標高の高いキャンプ場が涼しく過ごせるのでおすすめです。




標高の低いキャンプ場でも林間サイトで、サイトの近くに川があると川の冷たい風がサイトに吹いてくるので、割と快適にいられます。


真夏のキャンプで最も暑く、居心地が悪いのが平地のキャンプ場で、暑さ対策をしなければ暑くてサイトに長時間いられません。




夏場に平地のキャンプ場を利用する場合は、必ず電源があるサイトにしておいて下さい。



サイトに電源があると、家電が使うことができ、自宅から扇風機を持ってこれます。


夏場は扇風機があるとないとでは、居心地がかなり違います。




我が家が夏場に電源サイトを利用をする場合、扇風機の2台体制。


夜になってもテントの中は暑く、両側から扇風機をかけると、家族全員に扇風機の風が当たるので、割かし快適に就寝ができます。


夏のキャンプで扇風機は暑さ対策の必需品。




扇風機の他に、夏のキャンプで快適に過ごす為におすすめなのが、テントの中に敷くマット。


我が家は夏場、テントの中にクールマットを敷いています。


気温が上がる季節、テント内でクールマットを敷くことで、体感温度をできるだけ下げられます。




今回は夏のキャンプの必需品、テントの中に敷くクールマットを紹介したいと思います。


暑い季節をできるだけ快適にキャンプで過ごしたい方におすすめです。










2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







 
夏キャンプに快適:

3019051903 (1)






夏場に少しでも快適に就寝するには、テントをインナーのみにすると涼しいです。


フライシートは通気性がなく、インナーテントの上からかぶせるので暑いです。


天気予報を確認し、雨が降らないようならインナーテントのみの設営で大丈夫。




テントは寝るだけに入り、電気をつけなければ、テントの中は透けて見えません。


雨が心配ならインナーテントの上にタープを張ってやると雨避けになります。


2017081807

2017081809

2017081829
















テントの中に敷くマットも大事で、我が家はテントの床部分に、オールウェザーブランケットを敷いています。


オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれいます。

3019052301 (2)






夏場は特に、ゲリラ豪雨になる場合があり、一時的に雨が集中すると地面が水を染み込むことができず、水たまりになります。


水たまりにテントを設営していると、テントの中に雨水が入ってきて、最悪浸水になる可能性もあります。

3019052302






我が家はテントの中にオールウェザーブランケットを敷いていて、中まで水が染み込むことがなく安心。
















オールウェザーブランケットの上には、マルチマットレス。


マルチマットレスは厚さが4㎝あり、1cmの低反発ウレタンと3cmの高反発ウレタンの二重構造。




低反発ウレタンがやわらかく沈み込み、その下にある適度な硬さの高反発ウレタンで跳ね返すことで快適な寝心地があります。

3019052303






マルチマットレスは、折りたたんでもめちゃくちゃ小さくはなりませんが、邪魔にならないサイズでマジックテープで固定ができるのがとても便利。

3019052304

3019052305







 








マルチマットレスの上には、ひんやりマットの「強力接触冷感Q-MAX0.5」を敷いています。


強力接触冷感Q-MAX0.5は、楽天のランキングでも上位で人気があり、一般的なクール敷きパッドよりひんやり感が得られます。

3019051208 (2)

3019051208 (3)






肌触りがよく、接触冷感加工がされているので触るとさらさらしていて、ひんやりしています。


敷いていて、めちゃくちゃ冷たくはありませんが、我が家は満足で、夏キャンプにあると便利。




我が家はマットを並べて敷く為、ひんやりマットの大きさをセミダブルにしました。


リバーシブルになっており、表がひんやり面で裏がふわっと面になっているので、どんな季節でも使えます。


洗濯機で丸洗いできるのも強力接触冷感Q-MAX0.5の良い所。

















まとめ:

3019051903 (2)






夏キャンプを快適に過ごすなら、テントの中に敷くマットがかなり重要。


我が家は暑さ対策に、ひんやりマットの強力接触冷感Q-MAX0.5を敷いています。


めちゃくちゃ冷たくはありませんが、サラサラした肌触りで、手で触るとひんやりしています。




真夏のキャンプは、ひんやりマットの強力接触冷感Q-MAX0.5を敷いて、少しでも快適なキャンプを過ごして下さいね。



以上、「夏キャンプに快適!テントのマットはコレしかない!我が家が使用しているひんやりマットを詳しくブログで紹介」でした。


 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 




 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!