3019122201 (2)










焚き火をする為にキャンプに行くという方もおられ、キャンプにはなくてはならないのが焚き火台。


焚き火台といえばキャンプの必需品で、絶対に購入しておきたいキャンプアイテム。


我が家も焚き火台は、3個ほど保有しています。


3019122201 (6)








焚き火台にはいろいろなアウトドアブランドからたくさんの種類が発売されており、どれを購入したらいいか迷います。




焚き火をする人数によっても、焚き火台の種類は異なってきます。







今回は家族で焚き火をするのにちょうどいい、我が家がおすすめするおしゃれな焚き火台を詳しくブログで紹介したいと思います。


価格の安い焚き火台も紹介するので、ぜひ参考にして下さいね!






2016071108





お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram




 
おすすめ焚き火台:


ユーコの焚き火台:

3019050602 (2)





材質:ステンレス

重量:1.75kg

サイズ: 34×25.4×28.5cm(使用時) 37.5×27×3.5cm(収納時 )

付属品:網用ハンドル、収納ケース










ユーコの焚き火台は今人気の焚き火台で、我が家も保有していて、キャンプで便利に使用しています。


ユーコの焚き火台が人気のある理由は、値段が安く7000円程で手軽に購入できるのが良い所。


値段の割には、ステンレスの素材が分厚いです。







「収納ケース・網・網用ハンドルが付属されていてとてもお得」

3019050603 (8)








焚き火台を横から見るとハートの形がかわいく、ゴツゴツした感じがないので女性の方にも人気があります。





折りたたむとB4サイズで薄くなり、持ち運びにも便利。

3019120802 (6)

3019122201 (5)

3019122201 (2)

3019050602 (6)








よく売っている薪のサイズも入り、薪は細かくする必要はありません。

3019050601 (8)

3019050602 (1)






ユーコの焚き火台は、我が家が購入して良かったと思える焚き火台です。









 













ファイアグリル:

3019061702





サイズ:430x430x330mm

材質:(本体)18ステンレス(焼き網)鉄・クロムメッキ

重量(約):2.7kg

収納サイズ:380x380x70mm










ユニフレームのファイアグリルは、楽天の焚き火台ランキングで常に上位で、累計販売で一番売れている焚き火台。


キャンプ場に行っても、必ず使っておられのも見かけます。







我が家もファイアグリルを保有しており、主に家族でキャンプに行く時に使用しています。



ファイアグリルは家族で焚き火をするのにちょうどいい大きさで、特に家族で使用する方におすすめな焚き火台。

3019053004








ファイアグリルの人気がある理由は、値段が安く7000円程で手軽に購入ができる所。







オールステンレスでしっかりとしたつくりで、簡単に組み立てができます。




ファイアグリルの脚に、ファイアグリルの本体をのせたら焚き火台として完成。

3019061703

3019061704









よく販売されている薪のサイズも、問題なく入ります。

3019053003






焚き火台で一番売れているのがファイアグリルで、我が家のお気に入り焚き火台。








 













焚火台М:

3019053005



 

材質:本体/ステンレス

サイズ:350×350×248mm

収納サイズ:450×515×32mm









ファイアグリルについで、よくキャンプ場で見かけるのが、スノーピークから発売されている焚火台М。


スノーピークからは焚火台のS・М・Lの3種類があり、使い勝手がよく人気があるのが焚火台М。







スノーピークの焚き火台は、他の焚き火台にはないステンレスの分厚さで、とても丈夫で頑丈。

FullSizeRender








値段は13000円程しますが、長年使用できるので、購入して損はないと思います。




スノーピーク製なので、安心して使用できるのも良い所。























ファイアーディスク:

3019053007






使用時サイズ:約φ45×23(h)cm

収納時サイズ:約φ46×8.5(h)cm 

重量:約1.6kg 

材質:ステンレス

収納ケース付き










ファイアーディスクはコールマンから発売されている焚き火台で、楽天の焚き火台ランキングで常に上位で、とても人気があります。






円盤型の焚き火台で使い勝手がよく、脚を広げて畳むだけなので設置と片付けがスピーディーにできます。



素材がしっかりとしたステンレスで、手軽に購入できるのでお得感があります。


3019053008








店でよく販売されている薪のサイズも入り、家族で焚き火をするのに問題ない大きさ。




しっかりとした、手軽に購入したい方におすすめな焚き火台です。






















サテライトファイヤベース:

FullSizeRender






総重量:1790g

収納サイズ:直径7cm L41cm

使用時の寸法:縦 43cm、横 46cm、高さ 24cm










ムラコは、2016年にできた新しいアウトドアブランドで、白と黒を基調としたスタイリッシュなつくりに人気があります。






2019年6月に新しく発売されたのが、ムラコから発売される焚き火台のサテライトファイヤベース。

FullSizeRender








今どきの新しい形の焚き火台で、見た目もかなりおしゃれ。


コンパクトにでき、耐久性と安定感に優れた焚き火台で、とても人気があります。






両端のステンレス製ボトルを緩めピンの付け外しで、焚火台の設置と収納ができます。


3019061701 (1)









取り外したフレームとメッシュをくるくると巻いたら、とてもコンパクトに収納ができます。



メッシュ部分は、耐熱ステンレスでできているのでとても丈夫。


3019061701 (2)

3019061701 (3)

3019061701 (4)


























焚き火スタンド:

3019061501





使用時:約41×41×34.5cm

収納時:約7×7×44cm

個装サイズ:9×9×46cm

重量:約1kg










バンドックから発売されているのが、メッシュ型の焚き火台。




メッシュ型の焚き火台でよく知られているのが、ユニフレームのファイアスタンドですが、バンドックの焚き火スタンドはユニフレームのファイアスタンドとよく似ており類似商品。

FullSizeRender









焚き火スタンドは、コンパクトにたためるので、持ち運びや車の積載にも便利。


3019061502








メッシュ型で下からの空気を取り込むので、薪が良く燃えます。


メッシュはステンレス製で、交換用のメッシュも売られているので、傷んでも安心。






値段が安いのでお手軽に購入ができ、軽い・よく燃える・コンパクト・耐久性に優れているので、おすすめできる焚き火台。























Our’s 焚き火台:

3019061504 (2)






本体:ステンレス

脚:ステンレス

ロストル:ステンレス

収納時(脚など含む):たて約25cm×よこ約32cm×厚さ約1cm

使用時:たて約36cm×よこ約36cm×高さ約31cm

重量:約1.4kg










Our’sというブランドは、新生のできたばかりのアウトドアブランドで、聞き覚えがない方が多いと思います。




Our’sは、それ程大きな企業ではないので、お客さんの要望などを反映させて良い商品を販売されています。




社長自ら商品開発や販売をされているので、生産者の顔がわかり安心して購入できるのも良い所。







三角形の3面でできている焚き火台でオリジナリティーがあり、とても見た目が良く美しい焚き火台。


3019061504 (1)










焚き火台はオールステンレスで分厚く丈夫で、長く使えるのがメリット。




折りたたむと、B4サイズにできるのもOur’sの良い所。


3019061504 (3)

3019061504 (4)




















ラウンドファイアベース:

3019061505
https://www.instagram.com/p/Bx3ZWVUBUB5/









キャプテンスタッグから発売されているのが、ラウンドファイアベースという焚き火台。


今大人気のペトロマックスのファイヤーボウルとよく似た焚き火台ですが、ファイヤーボウルと最も大きな違いは、焚き火台の皿の部分の深さ。








ペトロマックスのファイヤーボウルは薪を燃やす皿の部分が深くないので、アシモクラフトなどのプレートを別途購入しなければ、薪や灰が地面に落ちてしまいます。

3019601505






材質:本体/鉄(電着塗装)、ゴトク/鉄(クロムめっき)、収納バッグ/ポリエステル

サイズ(約):外径540×高さ300mm

収納サイズ(約):630×640×厚さ80mm

重量(約):3.5kg

ゴトク耐荷重:2kg












ラウンドファイアベースは、薪を燃やす皿の部分に高さがあるので、アシモクラフトなどのプレートが入りません。

FullSizeRender








ダッチオーブンが使え、五徳が標準装備されているので、ケトルやスキレットが置けます。

3019061506










コンパクトに収納でき、収納袋付きで値段が6000円というのは、けっこうお得感があります。

3019061508

3019061507

























ノートブックSS

FullSizeRender





材質:ステンレス

寸法(折りたたみ):W485×D30×H540mm

寸法(使用時)W485×D390×H400mm

重量:3.9kg









ダイレクトデザインは、イギリスに拠点を置くアウトドアメーカーで焚き火台が有名。



最近は、ダイレクトデザインの焚き火台をキャンプ場でも見かけることもよくあります。








スタイリッシュで見た目がスマート、他にはないデザインでとてもおしゃれ。


日本のアウトドアメーカーの焚き火台とは、また違った雰囲気があります。








我が家がおすすめするのが、ダイレクトデザインのノートブックSS。



オールステンレスのつくりなので丈夫で頑丈。パッと広げられてサッと片付けられるのが良い所。

FullSizeRender








折りたたむと約3㎝と薄くなるので、持ち運びや車の積載にもとても便利。





他にはないスリムさで、とても人気があります。


3019061513






















COOKING FIRE PIT:

FullSizeRender





重量:3kg

サイズ 組み立て時サイズ:320x173x228mm

収納サイズ:380x173x40mm

板厚:本体2mm・グリル3.2mm

主素材:鉄











YOKAは、2015年に発売されたアウトドアブランド。


そのYOKAから発売されているのが、COOKING FIRE PITという焚き火台。


YOKAは、アウトドアで使用するテーブルやイスが有名で、焚き火台の発売もされています。








COOKING FIRE PITは値段は安くありませんが、デザインがよくしっかりとしたつくり。

FullSizeRender

FullSizeRender









 設置する時は3つのパーツを組み合わせることで完成し、片付ける時は3つのパーツ重ねられるので薄くてコンパクトになり持ち運びも楽。

FullSizeRender










 COOKING FIRE PITの素材は鉄でできており、2mmの厚さで重さが5kg。

FullSizeRender









組み立てサイズはW500×D270×H325mmとなっており、焚き火をしやすくちょうどよい大きさ。

FullSizeRender









COOKING FIRE PITは、他にはない雰囲気の焚き火台で、人とあまりかぶらないのが良いところ。 
    

FullSizeRender









収納する麻袋は、丈夫で入れやすくしっかりとしたつくり。

FullSizeRender























まとめ:

3019052874 (4)









今回は、我が家が使用している焚き火台や我が家がおすすめする焚き火台を紹介しました。




全体的にスタイリッシュで見た目がいい焚き火台なので、とてもおしゃれ。





これから焚き火台を購入される方は、ぜひ参考にしてくださいね!


以上、「2020年最新版!絶対おすすめ!おしゃれな焚き火台10選!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介」でした。