2019060901 (1)






タラスブルバはあまり知られていませんが、1976年に日本で発祥した40年以上歴史があるアウトドアブランド。


一時期、会社は活動を休止していましたが2019年に復活し、スポーツオーソリティのプライベートブランドとして復活をしました。




スポーツオーソリティに行くといろいろなアウトドアメーカーがあり、その一角に大きく展示販売されているのがタラスブルバのブランド。


カーキ色とブラックに統一されていてとても目立ち、雰囲気がいいので多くの方が立ち止まって見ておられました。




タラスブルバは、今まで聞き慣れないアウトドアブランドでしたが、とても人気があるアウトドアブランドに変身しています。




今回は人気があって、タラスブルバから発売されている、アッセンブルウッドチェアとクーラーボックスを詳しくブログで紹介したいと思います。


スポーツオーソリティのプライベートブランド、タラスブルバに興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね!






2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram







タラスブルバ:


アッセンブルウッドチェア:


アッセンブルウッドチェアは、タラスブルバから発売されていて、全て木製でできています。


本体価格は17900円と、少々値段は高めですが、その分しっかりとしたつくりで座り心地が最高です。




我が家も座りましたが、とても座り心地が良く、長時間座ってもお尻が痛くなりません。


なかなかよくできているなーというのが、
座った時の感想。

2019060901 (1)






座面と背面は、強度があるコーデュラという頑丈系ナイロン素材が使われており、とても丈夫。


座面と背面は、しっかりとしていて長く使え、布がへたったりしないと思います。

2019060901 (3)






ひじ掛けを含め、チェアの骨組み全ては木製でできており、木にホワイトアッシュが使われています。


ホワイトアッシュは強度が高く衝撃に強いので、長年使用しても割れたり傷ついたりはしません。


さわり心地がよく、高級感のある木を使用しているなーと言うのが、触った時の感想。

2019060901 (2)






脚の先はキャップがついており、地面に砂利や石があってその上にイスを広げても、イスの脚の先の部分は傷がついたりはしません。


キャップがついているとついていないとでは、全くイスの痛み具合が違います。




分解してコンパクトにはできますが、組み立てるのが面倒なので、分解される方は少ないと思います。

2019060902






大体の方は、下記のような形で折りたたんで収納されると思いますが、それ程厚みがないので車の収納の時にも荷物にはなりません。


2019060901 (6)






アッセンブルウッドチェアを見て触れて座ってみて思ったことは、めちゃくちゃ座り心地がよく、丈夫でよくできているなーというのが感想。


値段は高く高価なチェアですが、しっかりとしており長く使えるので購入されても損はないと思います。


タラスブルバからは折りたたみテーブルも販売されており、ウッドチェアとの相性も抜群。


2019060901 (7)












 








クーラーボックス:


タラスブルバのクーラーボックスは18Lと42Lの2種類があり、クーラーボックスの使い方で大きさは決められたらいいと思います。




42Lはメインのクーラーにちょうど良く、たくさんの食材が入れられます。


下記が42Lのクーラーボックスで、すこしわかりづらいと思いますが、メインのクーラーボックスにするのにちょうどいい大きさ。

3019060903 (8)






下記が18Lのクーラーボックスで、補助的に使用するのがいいと思います。



メインのクーラーボックスではなく、たとえばペットボトルやビールなどの専用クーラーボックスとして、補助的なクーラーボックスの大きさです。

3019060902 (1)






我が家は、最強のクーラーボックスとして有名なイエティ クーラーボックスを保有していますが、それに匹敵するくらいにクーラーボックスの厚みがあります。


3019051912






タラスブルバのクーラーボックスは厚みがあるので、かなりの保冷効果があると思います。


3019060903 (4)






クーラーボックスを閉める留め具はしっかりしており、きっちりと隙間なく閉められるので、保冷能力が落ちることがありません。


閉めるのに、力が全くいりません。


3019060903 (1)

3019060902 (2)






付属品としてバスケットが付いており、野菜などを持っていくのにバスケットに入れておくと、野菜の痛み防止にもなります。


野菜の他、バスケットにはいろいろな物が入れられます。


3019060903 (3)

3019060903 (2)






クーラーボックスには、カップホルダーもついています。


3019060903 (5)






クーラーボックスの持ち手はしっかりとしていているので、重いものを入れても大丈夫。

3019060903 (7)






18Lの本体価格が24900円、42Lの本体価格が34900円と一般的なクーラーボックスと比べて高価な値段になっていますが、丈夫でしっかりしていて長く使え、保冷能力も高いので購入して損はないと思います。

















まとめ:

2019060901 (1)






ウッドテーブルやクーラーボックスの他に、タラスブルバからはテントも発売されていて、カーキ色で数種類のいろいろなテントあり、自分好みの形のテントが選べます。



最近はカーキ色が流行りなので、タラスブルバはかなり人気が出るなーと思います。













以上、「タラスブルバが今大人気!アッセンブルウッドチェアとクーラーボックスを実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!