2019021701 (6)






真冬のキャンプは氷点下まで気温が下がることもあるので、しっかりとした装備が必要です。


幕内で快適に過ごすには、電源サイトの場合はホットカーペットや電気毛布があり、電源無しサイトでは石油ストーブやカセットガスストーブなどが使えます。

3019040801 (5)

2019012101 (5)






起きている時間は、しっかりとした暖房器具があればけっこう快適に過ごせますが、就寝する時は暖房器具を消して寝る場合もあるので、寝床やシュラフに気を付けなければいけません。


今回は冬キャンプで快適に就寝する方法と、冬場におすすめなシュラフを詳しくブログで紹介したいと思います。


電源サイトと電源無しサイトでは、快適に就寝する方法が違うので、ぜひ参考にして下さいね!





2016071108




お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram 





快適に就寝する方法:

3019040804 (5)






真冬は氷点下まで気温が下がることもあるので、快適に就寝するなら寝床とシュラフには気を付けて下さい。


電源があるサイトと電源が無いサイトでは、快適に就寝する方法が変わってきます。




真冬のキャンプを始めたばかりで、寒さ対策に不安のある方は、電源無しサイトより電源があるサイトを利用した方が安心。






冷気に注意をする:

3019040801 (3)






気温が下がる冬場は、必ずといっていい程地面から冷気が発生します。


冬場に地面を手で触ると冷たく感じるのが地面からの冷気で、テントを張って床部分からも冷気が伝わります。




冬のキャンプを快適にするには、地面からの冷気を完全に遮断しなければいけません。


暖房器具をつけて暖かくしても、地面からの冷気を遮断しなければ快適に過ごせません。




オールウェザーブランケットと極厚の銀マットで、冷気を完全にシャットアウト


2019020602






オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれた多目的シート。


3019052301 (2)

3019052307






テントの床部分に敷いておくと保温性があり、テントの床部分の傷や汚れ防止にもなります。


防水性もあるので強雨でサイトに水が溜まってきても、オールウェザーブランケットが雨水を遮断し、シュラフやマットの濡れ防止にもなります。

3019052302






我が家は、オールウェザーブランケットを4枚保有しています。

2018111501







 







オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マット。

3019092303






極厚の銀マットは厚みがあり、完全に冷気を遮断してくれるので、冬キャンプをされるならインナーマットの下に敷くと便利。


極厚の銀マットは値段が安く、手軽に購入できるのもメリット。


1枚より2枚敷くことで、クッション性もアップしてくれます。
















電源サイト:

2018120904 (9)






冬場に電源サイトを使われるなら、ホットカーペットがあると超快適に就寝ができます。


ホットカーペットは電源サイトで使える暖房器具の中で、最強の寒さ対策。

2019012601 (2)






ホットカーペットは、2人で使用されるなら2畳用、3~4人は3畳用を目安に使用して下さい。




ホットカーペットの敷き方は、オールウェザーブランケット+極厚の銀マット+ホットカーペット+インナーマットという感じで我が家は敷いています。

2019012601 (3)

2019012601 (5)






地面にゴツゴツした石や砂利がない場合、極厚の銀マットを2枚敷くことでクッション性がアップし、マットを敷かなくてもそのまま就寝ができます。


シュラフの下にマットを敷かない方が、よりホットカーペットの熱と暖かさが伝わってきます。
















ホットカーペットを使用する場合、真冬のキャンプでもダウンシュラフは必要ありません。


3019092302






分厚い真冬用の化繊シュラフで十分に、快適に就寝ができます。











電源が無いサイト:

2019031101 (1)






電源が無いサイトの場合、湯たんぽを使用すると、より快適に就寝ができます。


我が家が使用しているのがマルカの湯たんぽ3.5Lで、金属製なので直火が可能。

2019020601 (1)






マルカの湯たんぽ3.5Lの良い所は、寝る前に湯たんぽをセットすると、容量が3.5Lもあるので朝まで温かさが続きます。




それに直火ができるので、直接カセットコンロにかけられるのが便利。


石油ストーブを使っておられる方は、ストーブの上にのせて温めることも可能です。

2019020601 (2)
















高価なダウンシュラフではなくても、冬用の分厚い
化繊シュラフ+夏用の化繊シュラフ+湯たんぽで、真冬のキャンプでも快適に就寝ができます


2019021702 (3)






分厚い
化繊シュラフの中に、夏用の化繊シュラフを入れて下さい。

2019021401 (8)

2019021401 (9)
















ダウンシュラフを使用する場合は、滋賀県に本社置く日本製のナンガがおすすめ。



ナンガシュラフの種類の中でも、冬キャンプに適しているのがナンガオーロラ600DX。


ナンガオーロラ600DXは、快適温度は-11度になっており真冬は、湯たんぽや電源毛布をシュラフの中に入れると、より快適に就寝ができます。

3019102702
















真冬のキャンプ、コットを使用することで地面からの冷気を全く気にせずに就寝できます。


真冬のキャンプは、電源がないサイトで就寝する場合、コット寝がおすすめ。

2019021401 (5)






まとめ:

2019032801






冬キャンプは、電源が付いているサイトと電源が無いサイトでは、真冬の装備が少し変わってきます。


最も暖かく過ごせるのが電源があるサイトで、電源サイトを利用されるなら、ぜひホットカーペットを使用して下さい。


テントの中でホットカーペットを使用すると、かなり暖かいです。




気温が下がる冬場は、地面から冷気が発生するので、冷気対策も一緒にし快適なキャンプを過ごして下さいね。


以上、「冬キャンプのシュラフ(寝袋)は絶対これ!ナンガかシュラフ2枚重ねがおすすめ!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!