3019102402 (3)






焼き芋って毎日食べると飽きますが、キャンプをしていると食べたくなる時があります。


大抵の人はキャンプで焼き芋を作る時、アルミホイルで巻いたさつまいもを焚き火に入れて作られると思います。


ただ、焚き火で焼き芋を作る場合、火加減や出来上がる時間が難しく、せっかく作った焼き芋が焦げ付くこともあります。




焼き芋は、フライパンやスキレットで簡単においしく作れます。


今回は、フライパンやスキレットで作る簡単焼き芋を紹介したいと思います。手軽に作れるので、ぜひ参考にしてくださいね!





2016071108




お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram





簡単焼き芋:

3019102403 (2)






昔と違って最近は、いろいろなさつまいもの種類が売っています。


今回、我が家が使用するのが、焼き芋にするとしっとりとしていて甘いシルクスイート。




値段がそれ程高くない割にはおいしいので、おすすめのさつまいも。

3019102401 (1)

3019102401 (3)






作り方:


さつまいもを水で洗い、塩水に1時間程浸けます。


さつまいもを塩水に漬けることで、出来上がった時に、より甘い焼き芋になります。




我が家は、フライパンに塩水を入れさつまいもを漬けましたが、ジップロックがある方はジップロックを使ってもOK。


3019102401 (2)

3019102401 (6)






1時間ほど塩水に漬けたさつまいもをキッチンペーパーに包み、キッチンペーパーごともう一度塩水に漬け絞ります。

3019102401 (8)

3019102401 (10)

3019102401 (11)






キッチンペーパーで包んださつまいもを、アルミホイルに包みフライパンに入れて焼きます。


さつまいも+キッチンペーパー+アルミホイル





3019102402 (1)

3019102402 (2)

3019102402 (5)






火加減は弱火で、まんべんなく回しながら15分~20分程焼いていき、竹串がスーッと通ったらでき上がり。


フライパンに蓋をすると、より早く火が通ります。

3019102402 (4)






アルミホイルを開く時は熱いので、皮手袋があると安心。

3019102402 (8)

3019102402 (9)

3019102402 (10)

3019102402 (11)

3019102403 (1)






塩水に漬けていることもあって、めちゃくちゃ甘く、しっとりとしてとてもおいしかったです。


フライパンではなく、スキレットでも簡単に焼き芋を作ることが可能。


3019102403 (2)






まとめ:

3019102402 (3)






さつまいもは塩水に漬けることで、より甘くなるので、フライパンで焼く前に必ず塩水に漬けて下さい。




焼き芋はフライパンだけではなく、スキレットでも簡単手軽に焼けます。



思っている以上に簡単においしく出来るので、フライパンやスキレットで焼き芋はかなりおすすめ。




焚き火に入れて焼き芋を作ると、火加減や焼き時間が難しいので、ぜひプライパンやスキレットで焼き芋を焼いて下さいね。



以上、「フライパンやスキレットで焼き芋は簡単に作れる!キャンプでさつまいもはおすすめです」でした。




アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!