3019091601 (1)






キャンプをする上で、重要でこだわって欲しいことはたくさんあると思いますが、特に気にして欲しいのがキャンプの寝床対策。


寝床対策をしっかりとしないと快適に熟睡できず、寒い季節なら寒くて寝れないということもあります。




大まかに分けると、キャンプの寝床はコット寝かマット泊の2種類に分かれます。


寝床で、コットかマットのどちらが良いのかは使う人の好みと、使う人数や季節によっても違い、それぞれメリットとデメリットがあります。




今回は、キャンプの寝床にコットかマットのどちらがいいのか、詳しくブログで紹介したいと思います。




2016071108




お気軽にフォローしてくださいね^^

Instagram




キャンプの寝床:

3019040801 (3)






キャンプの寝床には大まかに分けると、マット寝かコット泊かの2種類があり、季節や人数によって選び方が違い、それぞれメリットとデメリットがあり使い勝手もちがってきます。




寝床にコットを選ばれると、コットを人数分購入しなければいけないので、初期費用がけっこうかかります。


ソロやデュオでキャンプをされるなら、コットを購入する数は少なくて済みますが、ファミリーでキャンプをされると人数分のコットをそろえなければいけません。




人数分のコットを車に積載しなければいけないので、車の積載が大変。

IMG_3087






ソロやデュオでキャンプをされるならコットで、ファミリーでキャンプをされるならマットがベストだと思います。

2019032802 (1)



ソロキャンプ:コット
デュオキャンプ:コット
ファミリーキャンプ:マット







コットが使用できる季節:

2019021701 (6)






コットが使用できる季節は、虫のいない寒い時期がおすすめ。

特に夏場は虫が多く、コットで寝ると蚊に刺されてしまいます。


虫が多い6月~9月の時期は、コット寝を避けられた方がよいと思います。




暑い時期はメッシュの多いテントでマット寝をし、寒い虫の少ない時期はコットを選ばれた方がベスト。





夏場の虫が多い時期はマットで、寒い虫の少ない季節はコットがおすすめ。







コット寝の仕方:

2019021702 (4)






コットはサッと設置ができ、パッと片づけられるのを選んだ方が楽。




値段が安いコットでも、しっかりとしたマットを購入すれば、寝心地に問題なく就寝できると思います。


我が家も値段の安いコットを使用していますが、こだわりがあり、しっかりとしたマットを選んでいるのでいつも熟睡です。




我が家はコットの上に、ペンドルトンのタオルブランケットを使用。


ペンドルトンのタオルブランケットは、おしゃれな雰囲気の柄と色でとても人気があり、見た目がかなり高級感があります。

2019021701 (9)

2019021401 (3)






ペンドルトンのタオルブランケットの値段は少々高めですが、生地がしっかりとしており長年使用でき、肌触りが良いのでかなりおすすめ。

2019021703






我が家みたいに値段の安いコットでも、とてもおしゃれに見えます。

2019021701 (4)

2019021702 (4)
















ペンドルトンのタオルブランケットの上には低高反発マットのマルチマットレスを使用。

2019021702 (1)

2019021401 (6)





マルチマットレスは、低反発ウレタン1㎝と高反発ウレタン3㎝の2重構造になっています。


低反発ウレタンの柔らかく沈み込む力と、適度な硬さの高反発ウレタンが、心地よく最高の寝心地を作ってくれます。

3019102703 (2)






マルチマットレスは、くるくると丸めることができ、持ち手もあるので持ち運ぶのに便利。


めちゃくちゃコンパクトにはなりまんが、かなり寝心地がよいのでおすすめ。

3019102703 (1)

3019102704






マルチマットレスの上にシュラフを敷くと、寝床のできあがりです。













コットの良い所は地面と接しないので、地面からの冷気を気にしなくて就寝できるのが良い所。


ソロやデュオで、特に寒い時期は、マット泊よりコット寝がおすすめ。






マット泊の仕方:

2018120904 (9)






ファミリーでキャンプをされるご家庭は、マット泊の方がメリットが大きいと思います。


マット泊はコット寝と違い、人数分のコットを購入しなくてもいいので手軽にできます。


何より、家族分のコットを車に積載しなくてもよく、車の収納スペースがあきがでます。




我が家は、オールウェザーブランケット+極厚の銀マット+インナーマット+マルチマットレスで、快適なマット泊をしています




テントの床部分の上に、オールウェザーブランケットを敷きます。

2019112301

3019052306






オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれいます。

3019052307






オールウェザーブランケットをテントの床一面敷いておくと、テントの床部分の傷防止対策にもなります。




防水性があるので、テントの中に敷いておくと、雨水が浸水してきてもオールウェザーブランケットが雨水をガードし、マットやシュラフを濡らしません。

3019052302
















オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マット。

2018091070






寒い時期になると必ず地面から冷気が発生し、寒い時期に地面を手で触ると冷たいのが冷気。


冷気はテントの床にも発生するので、気温が下がる季節は地面からの冷気対策が必要。




我が家は地面からの冷気対策に、極厚の銀マットを使用。


極厚の銀マットは厚みがあるので、冷気を完全に遮断し、クッション性を高めます。
















極厚の銀マットの上には、アウトドアメーカーのインナーマットを敷いています。

2019012602
















寒い時期には毛足の長いラグを敷くと暖かく、肌触りも良いのでかなりおすすめ。

3019040801 (5)
















毛足の長いラグの上には、マルチマットレス。

3019112304






マルチマットレスの大きさは、60㎝×180㎝なのでシュラフの下に敷くのにちょうど良く、低反発ウレタン1㎝と高反発ウレタン3㎝の2重構造になっており、かなり寝心地は快適。
















まとめ:

3019111701








キャンプの寝床にはマットとコットの2種類があり、ファミリーでキャンプをされるならマット泊で、ソロやデュオでキャンプをされるならコット寝が良いと思います。




寒い時期のマット泊は地面からの冷気対策で、極厚の銀マットを使用すると冷気を遮断してくれます。


極厚の銀マットは値段が安く、手軽に購入できるのがメリット。


寒い時期は地面からの冷気に気を付けて、快適なキャンプを過ごし楽しんで下さいね。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!