2020031101 (3)








ナイフは、値段の高いものから安いものまで、たくさんの種類があり、どれを購入したらいいか迷います。






我が家は、キャンプで料理をする時に、ナイフを使います。



キャンプで使うナイフは、オピネルナイフが人気で有名ですが、我が家はオピネルナイフより肥後守をよく使っています。


2020012002 (9)








「肥後守は、食材を切るナイフやテーブルナイフとして使える」


2020012002 (3)

2020012002 (6)

2020012002 (8)








肥後守は、日本では鉛筆を削ったり工作で使ったりするイメージですが、フランスではパンや肉を切ったりと、日常使いをしています。




「いろいろなことに使え、便利な肥後守ですが、サイズが3種類ありどのサイズを購入したらよいか迷います」


2020021202 (10)








今回は、肥後守を購入する時、どのサイズがいいか詳しくブログで紹介したいと思います。







2020011652






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram






肥後守のサイズ:


2020012001 (5)








1894年からナイフ製造を始めて100年以上、歴史ある永尾駒製作所は、兵庫県三木市にあるナイフ製造メーカー。




「肥後守を、世界で唯一つくる製造メーカーは、永尾駒製作所だけ」


以前は、肥後守をつくる製造メーカーはたくさんありましたが、年々数は減り、現在は永尾駒製作のみで肥後守はつくられています。






「肥後守の魅力は、無骨なデザインでシンプルなつくり」


シンプルなつくりやデザインだからこそ、値段が抑えられています。


2020012002 (2)








肥後守には、いくつかの種類のブレードがありますが、最も人気があるのが青紙割込でつくられたブレード。


青紙とは日立金属の製品で、クロームとタングステンが混ざった合金鋼。


2020012002 (1)








「サイズは、特大・大・中の3種類あり、大と中の大きさは、ほぼ一緒」


サイズは下記のような感じで、大と中を比べると、ほんの少しだけ中が小さくなっていますが、ほぼ同じ大きさ。






「肥後守を購入されるなら、特大か大のどちらかだと思います」


FullSizeRender








「サイズ選びは、使い方によって変わる」


鉛筆を削ったり工作をしたり、こじんまりと使われるなら、肥後守の大。






「我が家みたいに肥後守で、食材を切ったりするなら特大がおすすめ」


キャンプやアウトドアに使われるなら、同じく特大がよいと思います。


2020012001 (2)








「名前は特大となっていますが、それ程大きくはありません」


2020012001 (8)








ブレードは、一味の瓶とほぼ一緒の大きさなので、それ程大きくはありません。


FullSizeRender








ハンドルは、一味の瓶より、少し大きいくらいです。


FullSizeRender








特大でも、それ程大きくはないので、大か特大かどちらがいいと聞かれたら、我が家は特大をおすすめします。


2020012001 (7)








ナイフには、固定する簡単なロック機構がありますが、肥後守にはロック機構がありません。


その代わりに「チキリ」と呼ばれる、ブレード後部に伸びた突起を親指で固定する工夫がされており、これが肥後守のロック機構です。










まとめ:


2020012001 (4)








肥後守を購入されるなら、サイズは特大の方が、よいと思います。




我が家は、特大がちょうどいい大きさ。


特大はそれ程は大きいサイズではないので、使っていて大きいとは感じません。




最近は、アウトドアやキャンプでも、肥後守を使われる方が増えてきています。


アウトドアやキャンプに肥後守を使われるなら、絶対に特大がおすすめです。


以上、「肥後守を購入するならサイズが特大か大のどっち?!我が家は特大を使用しています」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!