2020012001 (8)








「どんなに切れるナイフでも、使用していると切れ味が悪くなってきます」


我が家が使用している肥後守もそうで、使っていると段々切れ味が悪くなります。


2020012001 (5)









切れなくなった肥後守は、切れるようにしないと、ナイフとしての価値がなくなってしまいます。


今回は、今流行りの肥後守の切れ味が、完全復活する方法を詳しくブログで紹介したいと思います。



肥後守を持っておられる方は、ぜひ参考にして下さいね。






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram







肥後守の研ぎ方:


2020031101 (3)









「肥後守は兵庫県三木市にある、永尾駒製作所でつくられる純国産のナイフ」


肥後守の良さは、純国産でしっかりとつくられており、値段が安いこと。


一番人気がある青紙割込のブレードでも、2000円程で購入できます。


2020012001 (7)









ひと昔前は、鉛筆を削ったり工作をするのに使っていた肥後守ですが、現在はテーブルナイフや食材を切ったりするのに使われています。


肥後守は、我が家もキャンプで食材を切るのに、便利に使用しています。


2020012002 (3)









「どんなナイフでも使っている内に、切れなくなってしまいます」


2020012002 (1)









切れなくなったナイフは、砥石を使われる方が多いと思います。


砥石は、研ぐ角度や研ぐ時間が難しいので、慣れていないと上手に研ぐことができません。






「おすすめは、京セラから発売されているロールシャープナー」


2020021701 (3)









ロールシャープナーは、どんなブレードの肥後守でも研げます。


我が家の青紙割込のブレードも、ロールシャープナーで研ぐと、とても切れるようになりました。


2020030502 (11)









「耐久性に優れた、ファインセラミック砥石を採用」


ファインセラミックの硬さは、ダイヤモンドに次ぐ硬さで、耐久性にも優れていて、業務用にも使われています。


2020021701 (4)









「砥石と同様に、縦方向に研磨」


2020021702 (4)










セラミック砥石が回転しなが研ぐので、手作業で砥石を研ぐのと同様にとげ、切れ味が良い状態が長く続きます。


研いだけど、すぐに切れなくなることはありません。


2020021701 (3)










「荒削りと仕上げが一度にできるので、手軽で簡単」


砥石部分には、荒削りする溝面と、仕上げをする平らな面があるので、一度に荒削りと仕上げができます。


2020021702 (6)









「ナイフを、10回程前後に動かすだけ」


2020021702 (2)









①ロールシャープナーを安定した平らな面に置いて、本体を上から押さえ固定します。


②ナイフを隙間に入れて、10回程前後に動かしたら完了。








「切れ味がよくなかった肥後守が、完全復活」


トマトや豚肉を切りましたが、とてもよく切れるようになりました。


2020030902 (11)

2020030502 (11)









研ぎ機によっては、研いでしばらくは切れ味がよくなりますが、すぐに砥げなくなってしまうものもあります。


ロールシャープナーは切れ味が長く続くので、何度も研ぐ必要がありません。


2020021701 (2)









ロールシャープナーは、2000円程で販売されているので、手軽に購入できるのも良いところ。




2020012001 (4)









肥後守もどんなナイフでもそうですが、使っている内に切れ味が悪くなってきます。


砥石は、100円ショップでも販売されていて、手軽に購入できるのですが、慣れてないと上手に研げません



ロールシャープナーを使うと、水を使わなくても研ぐことができるので、とても手軽です。


以上、「完全復活!砥石不要!切れなくなった肥後守の研ぎ方を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!