2020051201 (6)








「キャンプで使うフライパンの中で、最も人気があるのが、素材が鉄でできているタークのフライパン」


タークのフライパンは、ドイツの鍛冶職人が一つ一つ手作りしているので、値段は高いですがしっかりとしたつくりで、メンテナンスをすれば半永久的に使うことができます。


FullSizeRender









メンテナンスは面倒ではありませんが、鉄製なので、使う前に1度だけシーズニング作業が必要です。


シーズニング作業は、少しだけ時間はかかりますが、それ程面倒ではありません。




今回は、タークのフライパンを使用している我が家が、シーズニング方法を詳しくブログで紹介したいと思います。



2020011652






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram






シーズニング:


2020051201 (3)









「タークのフライパンは、インスタグラムやツイッターでも人気があり、今流行りのキャンプアイテム」


IH対応なので、キャンプだけではなく、自宅でも使うこともできます。


2020051205 (4)









「100年以上使えるタークのフライパンは、メンテナンスさえすれば、孫の代まで使えると言われています」


FullSizeRender










クラッシックとロースト:


2020051203









タークのフライパンには、クラッシックとローストがあり、つくり方・鉄の厚み・値段など、いろいろと異なることがあります。






「クラッシックは、職人が一つ一つ手作りされており、一体型のつくり」


一体型になっているので、メンテナンスさえすれば、半永久的に使うことができます。




職人が手作りするので、値段設定は高くなっています。


FullSizeRender


「ローストは、機械プレスで大量生産する為、値段が安く設定されていて手軽に購入できます」


一体型のつくりではありませんが、鉄の厚みは2mmあり、しっかりとしたつくり。




ローストで肉をよく焼きますが、外はカリッと中は肉汁を閉じこめジューシーに仕上がります。


2020051204









「鉄の厚みは、クラッシックが3mm・ローストが2mm」


クラッシックに比べてローストは、鉄の厚みは1mmだけ薄いですが、1mmなので、それ程変わりはないと思います。


2020051201 (8)










シーズニング方法:


2020051202 (1)









「タークのフライパンは鉄製なので、シーズニング作業が必要になってきます」


鉄でできた、スキレットやダッチオーブンなども、1回限りですがシーズニング作業が必要になってきます。


2020022403 (8)









「タークのフライパンには、出荷時に錆び止めが塗られいるので、まず錆び止めを取る作業が必要」


2020051501 (1)









①フライパンに洗剤をつけ、洗剤で洗います。


2020051501 (3)









②フライパンにお湯を沸かし、沸騰させます。


2020051501 (6)









③お湯を捨て、錆び止めを取る為に、熱して焼き切ります。


色が変わっているのが、わかるでしょうか?




下記のように、フライパンの色が変わったら、完全に錆び止めを焼き切った証拠。


2020051501 (2)

2020051501 (5)









④熱くなったフライパンを冷まし、洗剤で洗います。


2020051501 (4)









⑤フライパンを熱して、オリーブオイルかサラダ塗り、白い煙が出たらシーズニング作業は完了。


2020051501 (7)

2020051501 (8)

2020051501 (9)
















フライパンに、より油をなじませるに、野菜クズを炒めますが、我が家はやっていません。


野菜クズで炒めなくても、フライパンに油はなじみます。









「この日は、牛肉を焼きましたが、とても上手に美味しく焼けました」


2020051205 (1)

2020051205 (2)

2020051204









「フライパンの使用後は、洗剤は使わない」


2020051501 (4)









せっかく油でコーティングしたフライパンが、洗剤で洗うことで、コーティングが取れてしまいます。


コーティングが取れると、錆びつく原因にもなります。




フライパンの使用後は、お湯を沸騰させ汚れを浮かし、洗剤を使わず銀たわしでゴシゴシこすり、汚れを取って下さい。


2020040402 (5)









火にかけ水分を飛ばし、油を薄く塗って保管して下さい。


2020051201 (1)









シーズニング作業は1回限り、絶対必要な作業。


多少時間はかかりますが、それ程面倒な作業ではありませんので、気軽にやって下さい。


タークのフライパンは、半永久的に使えるフライパンなので、錆びつかせず、しっかりとメンテナンスをおこなって下さいね。


以上、「10分で完了!タークのフライパンのシーズニングは超簡単!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!