FullSizeRender







最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからたくさんの種類の焚き火台が発売されています。






「キャンプで焚き火をするのに、絶対に必要なのが焚き火台」


たくさんの種類の焚き火台の中から、自分に合った焚き火台を選ぶのは、焚き火台の何を重視するかに、変わってきます。




コンパクトさ・薄さ・大きさ・見た目の良さ・火の起こしやすさなど、焚き火台の種類や使い勝手はいろいろとあります。


2020042501 (6)









「今回紹介する、ユニフレームから発売されている焚き火ベース450は、焚き火+焚き火料理を手軽にやりたいという方におすすめ」


FullSizeRender








焚き火ベース450は、焚き火だけではなく焚き火料理など、1台何役もできます。


今回は、ユニフレームから発売されている、焚き火ベース450のメリットとデメリットを詳しくブログで紹介したいと思います。





2020011652






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram





焚き火ベース450:


FullSizeRender









「焚き火ベース450は、アウトドアブランドのユニフレームから発売されている焚き火台」


ユニフレームは、焚き火テーブルやファイアグリルが有名で、ユニフレームのキャンプ用品は、どれもしっかりとした商品ばかり。


2020021301 (2)









「今回紹介する焚き火ベース450も、とてもしっかりとしたつくり」


値段は高いですが、しっかりとしたつくりなので、長年使用できます。




長年使用することを考えたら、購入して損はないと思います。


FullSizeRender

2020051701 (2)

2020051701 (3)





サイズ :

使用時:約500×810×790(高さ)mm

収納時:約500×560×75(厚さ)mm


材質:

本体・フレーム:ステンレス鋼 重量 約5.3kg(炉・フレーム)


付属品S:

カンチェーン×2本

スチール網150×400(1枚)

スチール網300×400(1枚)


分散耐荷重:約15kg










「フレームは、写真を見た限り細いと思っていましたが、実物は思っていたよりも太め」


2020051701 (1)









「脚と本体が二つ折りにできるので、薄くコンパクトに持ち運べます」


FullSizeRender









「別売りの、焚き火テーブルトートを購入すると、収納して持ち運びが可能」


FullSizeRender










焚き火ベース450のデメリット:


FullSizeRender









焚き火ベース450のデメリットは、あまりないと思います。強いて言えば、下記のような3つのデメリット。






「重量が5.3kgあるので、他の焚き火台と比べ、少し重い感じ」


FullSizeRender









「底の部分が平らではないので、火起こしがしづらい」


FullSizeRender









「炭を使う場合、付属の網で底上げをしないと、たくさんの炭がいります」


FullSizeRender










焚き火ベース450のメリット:


FullSizeRender









デメリットより、圧倒的にメリットの方が多いと思います焚き火ベース450は、思っている以上に、使いやすい焚き火台。






「本体が500×810×790(高さ)mmあるので、大きな薪を入れることが可能」


FullSizeRender









「S字フックにダッチオーブンやケトル、フレームにシェラカップをかけることができます」


FullSizeRender

FullSizeRender









「焚き火ベース自体がトライポッドの形をしているので、焚き火料理の時にトライポッドがいりません」


FullSizeRender









「ユニフレームの商品だけあって、つくりがしっかりしていて安定感がある」


2020051701 (2)









「網・チェーン・フックがついているので、組み合わせ次第でたくさんの料理が、同時にできる」


FullSizeRender









「オプションが豊富にあり、おでん鍋や鉄板が特におすすめ」


FullSizeRender

FullSizeRender









焚き火ベース450は、購入するデメリットよりメリットが多い焚き火台。


値段は高めに設定されていますが、長年使用でき、使い勝手もいいのでかなりおすすめ。
































まとめ:


FullSizeRender









焚き火ベース450は、値段が2万円ほどしますがしっかりとしたつくりなので、長年使えます。


長年使うことを考えたら2万円は、それ程高くない金額。




焚き火ベース450は、焚き火台+トライポッドがついたような形なので、焚き火だけではなく、焚き火料理も手軽に作れます。


網・チェーン・フックがついているので、いろいろな料理が一度にできます。




他にはない形で、とても人気あある焚き火ベース450は、おすすめできる焚き火台。


以上、「焚き火ベース450の使い勝手・メリットとデメリットを徹底的にブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!