2020051205 (2)








最近は、キャンプブームということもあり、たくさんのアウトドアブランドから、いろいろなキャンプアイテムが発売されています。


実際に購入する時、いろいろありすぎて、何を購入したらいいのか迷われると思います。






「今回紹介する鉄製のタークフライパンは、ロングセラー商品で、キャンプで使うフライパンでとても人気があります」


タークのフライパンは、鉄の厚みが2mm~3mmもあるので、熱伝導率が良く保温性が高いのが特徴。


2020051201 (8)









「例えばステーキを焼いた時、温度が下がりにくく水分をよくとばすため、外はカリッと、中は肉汁を留めジューシーに焼けます」


タークのフライパンで焼くステーキは、かなり美味しいです。


2020051201 (5)









今回は、鉄製で最強のフライパン、タークのフライパンの使い勝手と、タークのフライパンで焼いたステーキも詳しくブログで紹介したいと思います。








2020011652






お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram






タークフライパン:


2020051201 (1)









「鉄製のフライパンは、いろいろなメーカーから発売されていますが、キャンプで使うフライパンで特に人気があるのが、タークのフライパン」


タークのフライパンは、インスタグラムやツイッターでも、かなりの人気。




ターク社は、100年以上も続くドイツの老舗企業。しっかりとしたつくりが有名で、フライパンを購入すると長年使用できます。


2020051202 (1)









「タークのフライパンには、クラッシックとローストの2種類があります」


FullSizeRender









「クラッシックは、ドイツの職人が一つ一つ手作りしており、フライパンが一体型になっているのが特徴」


FullSizeRender









「一体型なので、メンテナンスさえすれば半永久的に使えます」


鉄の厚みは3mmもあるので、熱伝導率がかなり良く、保温性に大変優れています。




一つ一つ手作りされているので、値段設定が高くされているのがデメリット。


FullSizeRender



「ローストは、機械プレスされた大量生産型フライパン」


大量生産されているので、クラッシックの三分の一の値段で購入できます。


2020051203









「柄と本体が溶接されているので、一体型のつくりではありませんが、しっかりとしたつくりで長年使用できます」


ローストも同様に、メンテナンスさえすれば、半永久的に使えます。


2020051202 (1)









「鉄の厚みは2mmもあるので、かなり熱伝導率が良く保温性が高いのが特徴」


2020051201 (8)









「ローストは我が家も使っており、いつもキャンプで便利に使用しています」


2020051501 (1)









タークのフライパンで、ステーキを焼く:


2020051901 (1)









タークのフライパンは、鉄の厚みがあるので、外はカリッと中はジューシーに焼けます。






「まず、ステーキの筋切りをします」


赤身の多い牛肉は、特に筋切りをよくして下さい。



2020051901 (2)

2020051901 (3)









「筋切りしたステーキに、マキシマムをふります」


マキシマムは、宮崎県の中村食肉が製造販売している万能スパイス。


キャンプの3大スパイスのひとつで、マキシマム・ほりにし・黒瀬スパイスがあります。




マキシマムは、どんな食材にかけても美味しいですが、特に肉類にかけると、より美味しさがアップします。


2020051901 (5)




「筋切りしたステーキにマキシマムをかけ、タークのフライパンで焼くだけで、かなり美味しいステーキが焼けます」


2020051201 (5)

2020051204









タークのフライパンで焼いた牛肉は、外はカリッと中はジューシーになり、ビールと一緒に美味しくいただきました。


2020051803

まとめ:


2020051201 (6)









タークのフライパンは、鉄製でできており、テフロンされたフライパンと焼き上がりがかなり違います。


特に肉類などの、シンプルな料理を作る時におすすめ。




タークフライパンは、値段の高いクラッシックが有名ですが、ローストでもかなり丈夫で使い勝手が良いのでおすすめできます。


以上、「我が家も使用!キャンプで使う鉄フライパンはこれしかない!詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!