2020051205 (4)








牛肉・鶏肉・豚肉など、シンプルにステーキを焼く場合は、テフロン加工のフライパンより、鉄製のフライパンの方が美味しく焼けます。


鉄製のフライパンで肉を焼く場合、温度が下がりにくく水分をよくとばすため、外はカリッと、中は肉汁を留めたジューシーなステーキに仕上がります。


2020052102 (6)









「シンプルにステーキを焼くなら、鉄製のフライパンがおすすめ」


鉄製のフライパンは、いろいろな種類がありますが、キャンプで流行っているのが、タークのフライパン。




ターク社は、100年以上も続くドイツの老舗企業。


厚さ2〜3mmある鉄製のタークのフライパンは、とてもしっかりとしていて丈夫で、メンテナンスさえすれば半永久に使えます。


2020051201 (6)









今回は、タークのフライパンで焼く、皮はカリッと中はジューシーなチキンステーキを、詳しくブログで紹介したいと思います。







2020011652





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






チキンステーキ:


2020051203









「キャンプで長く使われていて、人気があるのがタークのフライパン」


タークのフライパンは、鉄製でつくられていてとても丈夫。




しっかりとメンテナンスさえすれば、長年使用することができます。


2020051202 (1)









タークのフライパンには、クラッシックとローストの2種類があります。






「クラッシックは、ドイツの職人がひとつひとつ手作りしており、一体型のフライパン」


職人が手作りしている分、値段が高く設定されています。


つくりが一体型なので、しっかりとメンテナンスさえすれば、半永久的に使えます。




鉄の厚みが3mmあり、熱伝導率が良く保温性が高いのが特徴。 


FullSizeRender









「ローストは、機械プレスで大量生産されたフライパンで、クラッシックの三分の一の値段で販売させています」


柄と本体が溶接で繋がっており、一体型ではありません。


一体型のつくりではありませんが、しっかりとしたつくりなので、きっちりとメンテナンスさえすれば、長年使用することができます。




鉄の厚みは2mmあるので、熱伝導率が良く保温性に優れています。


2020051201 (2)

2020051201 (8)









タークのフライパンで、チキンステーキ:


2020051501 (1)









タークのフライパンは、鉄に厚みがあるので、外はカリッと、中は肉汁を留めたジューシーな仕上がります。






「鶏肉を筋切りします」


筋切りすることで、ムラなく焼き上がり、反り返らずにきれいに仕上がります。




肉も柔らかく仕上がるので、筋切りは必ずしてください。


2020052101 (2)

マキシマムを振りかける」


マキシマムは、どんな食材にも合う万能スパイス。


特に肉類にかけると、より美味しさがアップします。




マキシマムは、キャンプの3大スパイスのひとつで他に、ほりにし・黒瀬スパイスがあります。









「ニンニクをまんべんなく塗ります」


2020052101 (5)

2020052101 (6)









「チキンを、皮から焼いていきます」


2020052101 (8)

2020052102 (4)









「アルミホイルで蓋をし、蒸し焼きにします」


2020052102 (5)









「裏に返し、焦げ目がついたら出来上がり」


皮をパリッとする為に、裏に返した後は、アルミで蒸らさず焼いて下さい。




鉄の厚みがあるタークのフライパンで焼いているので、より皮はパリッと中はジューシーに仕上がります。


2020051205 (3)









「皮がパリッとしたチキンステーキは、ビールと一緒に美味しくいただきました」


2020051205 (4)









まとめ:


2020051205 (3)









牛肉・豚肉・鶏肉など、シンプルに肉類を焼くなら、鉄の厚みがあるタークのフライパンがおすすめ。




鉄製のフライパンは、テフロン加工のフライパンより、少しだけ手間がかかりますが、それ程面倒ではありません。


タークのフライパンを使った後は洗剤を使わず、湯で数秒ぐつぐつ煮込み、銀たわしでゴシゴシこすって汚れを取って下さい。


空焼きをして、軽く油を塗ったらメンテナンスの完了で、とても簡単です。


以上、「キャンプで作るチキンステーキは絶対にタークのフライパン」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!