2020072301 (5)









「最近は、キャンプブームということもあり、どこのキャンプ場もいっぱいで、たくさんに方がキャンプに来られています」


2020041802 (8)









「以前とは違い、キャンプ場が混み合うと心配なのが新型コロナ」


2020072301 (6)









「キャンプ場は、野外にあると言っても、人と接する場所もあります」


サイトだけにいるのなら安心ですが、トイレ・炊事棟・管理棟・シャワー・お風呂などを利用する場合、人と接する機会が増えます。




それらの場所を利用する場合、しっかりとした対策をしなければ、感染するリスクが増えます。


3020011014









今回は、我が家が気をつけている、コロナ対策を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






コロナ対策:


2020061203 (2)









「キャンプ場を利用される方は、野外にいるという気持ちがあって、マスクをされる方が、ほとんどいません」


できるだけ、人と接する場所を避け、マスクを着用した方が感染するリスクが減ります。




今回は、我が家の新型コロナ対策を紹介。


2020061203 (9)









①マスクの着用


202072302 (2)









「サイトにいる場合は、マスクの着用が必要ありませんが、トイレ・炊事棟・管理棟を利用する場合は、マスクの着用をおすすめします」


特に、トイレと炊事棟は、人との距離が縮まってしまいうので、マスク必要。






















②消毒液


2020072301 (5)









「トイレ・炊事棟・管理棟を利用されたあと、サイトに戻ってきたら、消毒液で手を消毒して下さい」


新型コロナは、アルコール消毒などで、感染力を失います。




アルコール消毒などが、最も効果的です。


2020072301 (6)






















③ウェットティッシュ


2020072301 (7)









「我が家は、100円ショップで購入したウェットティッシュで、汚れた食器やフライパンなど、使用後のものを拭いています」


ウェットティッシュで使用後の食器を拭くことで、炊事棟に行く回数を減らしています。




 ウェットティッシュは、ノンアルコール・無香料・純水使用で、パラベンが使われていないものを選んで下さい。手と口ふき用なので食器を拭いても日本製で安心。


2020072301 (8)










④炊事棟


2020070801 (2)









トイレは、利用しない訳にはいきませんが、炊事棟の利用を避けることはできます。




「我が家は、炊事棟の利用を控える為、ウォータータンクを使用しています」


1泊2日で家族4人のキャンプなら、水20Lもあれば十分過ぎる程の量。




水20Lあれば、炊事棟を利用することもありません。


2020070801 (4)









「ウォータータンクは、見かけがよくないイメージがあって、使用されている方も少ないと思います」


我が家は、ウォータータンクにチャムスのステッカーを貼り、見かけよくおしゃれにしています。


2020070802 (4)


































⑤お風呂とシャワー。


2020072301 (1)









「気温が上がると、設営する時など、どうしても汗をかいてしまいます」


汗をかくと、お風呂やシャワーを利用したくなります。


我が家は、新型コロナ対策として、できるだけシャワーやお風呂を控えています。




体の汗や汚れは、汗拭きシートを使用して拭き取っています。


2020072301 (4)









「男性用の汗拭きシートは、液たっぷり・厚手・大判サイズがあるので、しっかりと汗や汚れが拭き取れます」


連泊とは違い、1泊2日ならお風呂やシャワーを使わず、汗拭きシートで十分。


2020072301 (3)






















⑥大型のグループキャンプはやらない


2020030803 (3)









「我が家も、年に数回あった大型のグループキャンプは控えています」


人が集まれば、どうしても新型コロナになるリスクが増えます。


こじんまりとした、2〜3組ほどのグループキャンプには参加していますが、大型のグループキャンプには最近参加していません。




リスクが増える、大型のグループキャンプは、避けた方が良いと思います。


2020041401 (3)











➆大型連休は、キャンプを避ける


3019091503 (1)









「何もない土日でも、混み合うキャンプ場が、連泊だとかなりの人が集まります」


管理されているキャンプ場なら、人の制限はありますが、無料のキャンプ場だと、よりたくさんの人が集まります。


人が集まると、新型コロナになるリスクが増えます。




大型連休は、できるだけ、キャンプを避けた方が安全。









⑧区画サイトよりフリーサイト


2020041802 (7)









「区画サイトは、サイト内に仕切りがある為、隣との距離があります」


フリーサイトは、どこにテントを張っても自由なので、混み合うとすぐそばにテントを張られることもあります。




キャンプ場は、できるだけ、フリーサイトより区画サイトの方がおすすめ。










まとめ:


2020061204 (2)









キャンプ場自体は野外なので、新型コロナに感染するリスクが減ります。


ただ、炊事棟・トイレ・管理棟・シャワー・お風呂など、たくさんの方が利用する場所は、利用するのに気を付けなければいけません。


我が家は、炊事棟・シャワー・お風呂など、できるだけ利用しないか、利用する回数を減らしています。




キャンプ場は、マスクをされている方が少ないので、できるだけ、マスクの着用とアルコール消毒はやった方が良いと思います。


以上、「我が家がするキャンプでコロナ対策8選!こうやってコロナ感染を防いでいます!詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!