2020013008 (6)









「年間50泊を目指して、キャンプに行っている我が家」


真夏の暑い時期や、真冬の冬キャンプまで、1年を通してキャンプを楽しんでいます。


2020083101 (1)









「真冬のキャンプは寒いので、楽しめないという方もおられますが、きっちりとした装備と対策をすれば、真冬のキャンプでも暖かく快適に過ごせます」


2020013008 (7)









今回は、冬キャンプの我が家のレイアウトを、詳しくブログで紹介したいと思います。





2020011652






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






冬キャンプレイアウト:


2020013008 (7)









「我が家の冬キャンプのメインの暖房器具は、石油ストーブを使用しています」


石油ストーブは電源を使わず、幕内を簡単に温めてくれるので、とても便利。


冬キャンプをされるなら、石油ストーブは、絶対に持っていてほしいキャンプアイテム。




我が家は、フジカハイペットを使用。


3019120201 (1)








「フジカハイペットは、コンパクトなストーブで暖かく、冬キャンプに適したストーブですが、現在はなかなか購入できない状況」


フジカハイペットを購入する場合、予約をして1年以上待たなければいけません。




1年以上も待てないという方は、トヨトミのKS・KRシリーズがおすすめ。


FullSizeRender









 「トヨトミKS・KRシリーズは、見た目がよく暖かいので、冬キャンプに向いています」 


 日本製の石油ストーブなので、灯油を入れたまま車で運搬しても灯油が漏れません。




 運ぶたびに、灯油の抜き取り作業をしなくてもいいので、楽で手軽にキャンプで使えます。


image









 「トヨトミKSシリーズは、幅482×奥行482×高さ583mmとフジカハイペットと比べてひと回り大きなサイズですが、暖房出力が高いので冬キャンプに向いています」 


FullSizeRender









 「トヨトミKRシリーズは、KSシリーズより、ひと回り小さなサイズ」 


 サイズが小さいだけに、KSシリーズより、暖房出力がおちます。 


FullSizeRender









 「KSシリーズの暖房出力が6.6kwに対し、KRシリーズは4.7kwになっています


 ただ、暖房出力が4.4kwだといっても、フジカハイペットが2.56kwなので、4.4kwあるトヨトミKRシリーズはかなり暖かいです。 


image

























 「コンパクトで選ぶならKRシリーズですが、見た目と暖かさならKSシリーズ」 


 インスタグラムやツイッターを見てみると、圧倒的に人気があるのが、KSシリーズです。


FullSizeRender
























「石油ストーブは、必ず一酸化炭素が発生します」



幕内で石油ストーブを使用されるなら、一酸化炭素警報機は必要です。


FullSizeRender

























オールウェザーブランケット:


2020013007 (10)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています」


保温性のあるオールウェザーブランケットを、テントの床部分に敷いておくと、傷やダメージ防止にもなります。


2020013007 (11)









「最近は、急に雨が降ることもあり、雨が急に降ると、地面が水を吸収できず、水たまりになることもあります」


テントの床部分が水たまりになると、テントの中まで、雨水が浸水してくる可能性があります。




防水機能があるオールウェザーブランケットを床に敷いておくと、雨水をシャットアウトし、シュラフやマットを濡らしません。


3020011203 (4)









「防水機能があり、保温性があるオールウェザーブランケットを数枚持っておくと、キャンプでとても便利」


2020013007 (10)









「我が家は、オールウェザーブランケットを、4枚保有しています」


2020013003

























極厚銀マット:


2020013010 (1)









「寒い時期は、必ずといっていい程、地面から冷気が発生します」


テントの床部分からも冷気が発生し、冷気対策をしなければ、床が冷たく寒くて寝れません。


我が家は、地面の冷気対策に、分厚い銀マットを使用しています。




分厚い銀マットを敷くことで、冷気をシャットアウトし、クッション性を高めます。


2020013010 (1)

























電源サイト:


2020020207 (2)









「電源サイトの場合、暖房器具で最強と言われている、ホットカーペットを使用できます」


ホットカーペットを使用すると、地面からの冷気など全く心配いらず、ホットカーペットを使用している間は、快適に過ごせます。


2019012601 (2)









「ホットカーペットがあれば、ダウンシュラフなどいらず、化繊のシュラフで十分に暖かく就寝が可能」



冬のキャンプは、ホットカーペットがあるとないとでは、居心地が全く違います。




我が家は、夫婦2人で使用するので2畳用のホットカーペットを使用していますが、家族4人だと3畳用がおすすめ。


2019012601 (3)

























電気毛布:


FullSizeRender









「電源がないサイトでも、電気毛布を使用することができます」


ポータブル電源があると、電源がないサイトでも、電気毛布を使用することが可能。


FullSizeRender









「1泊2日のキャンプ、ポータブル電源があると、電気毛布2枚で朝まで暖かく就寝できます」


電気毛布は、基本シュラフの中に入れますが、家族が多い場合は、ホットカーペットみたいに敷くと、電気毛布をみんなでシェアできます。


2020013010 (2)



































陣幕ミニ:


2020083103 (10)









「冬キャンプは、シェルターや2ルームで過ごすという方が多いと思います」


もし、オープンタープで過ごすなら、陣幕ミニを使用して下さい。


2020083104 (2)









「陣幕ミニは、テンマクデザインから発売されている陣幕で、全長300cmで高さが100cmあり、キャンプで使用するのに、ちょうどいい大きさ」


高さが100cmなので、座ると隠れ、立つと見渡せるので、開放感が100%なくなることはありません。


2020083103 (7)









「陣幕ミニを張ると、風除け+プライベート感が出るので、とても便利」


2020083104 (2)









「陣幕ミニは、幕に5本のポールを通しペグダウンするだけなので、とても簡単に設営できます」


2020083104 (3)









「素材は、ポリコットン生地になっており、近くで焚き火をしても、火の粉でダメージや穴があきにくくなっています」


2020083104 (5)









「オープンタープで過ごす場合、寒い時期は、陣幕ミニがあるとないとでは、居心地が全く違います」


2020083104 (4)


























焚火陣幕:


2020090504 (9)









「最近、我が家が購入したキャンプアイテムで、最も便利に使用しているのが焚火陣幕」


焚火陣幕は、クイックキャンプから発売されており、焚き火をする時、便利に使用しています。


2020090507 (8)









「風の強い日は、火の粉が舞い上がるので、焚き火がやりにくいことがあります」


焚火陣幕があると、風がある日でも、他に迷惑をかけず焚き火ができます。


2020090506 (2)









「焚き火台を隠すだけなので、開放感がなくなることもありません」


幅が240cm(上部140cm)×70cmで、焚き火をするのにちょうどいい大きさ。


2020090505 (4)









「焚火陣幕があれば、サイトに焚き火専用のスペースができ、ゆったりと焚き火ができます」


フレームには、シェラカップなどの小物を引っ掛けられ、付属のランタンハンガーを使えば、ランタンを吊るすことが可能。


2020090506 (4)

2020090506 (5)









「見かけがかなりいい焚火陣幕は、かなりおすすめ」


素材は、コットン生地になっており、とても丈夫で分厚いので、長く使用できます。


2020090503 (4)

























まとめ:


2020013008 (4)









今回は、冬キャンプで便利なアイテムと、我が家のレイアウトを紹介しました。


寒い季節は、しっかりとした防寒対策をしていれば、キャンプで暖かく過ごせます。




長くキャンプをされるなら、石油ストーブの購入を考えられた方が良いかもしれません。


石油ストーブがあれば、電源がないサイトでも利用できるので、キャンプ場のチョイスが増えます。


以上、「我が家の冬キャンプのレイアウト&装備は超完璧!詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!