3019120201 (1)








「年間50泊、キャンプに行っている我が家」


真夏の暑い日や気温が下がる冬場も、一年を通してキャンプを楽しんでいます。




夏キャンプは、日陰にいても過酷で、気温が上がるとやはり快適には過ごせません。


2020083101 (3)









「夏キャンプと違い冬キャンプは、しっかりとした装備をすれば、幕内で快適に過ごせます」


2020013008 (7)









「幕内で暖房器具を使用していて、気をつけて欲しいのが一酸化炭素中毒」


電源サイトの場合は、セラミックヒーター・ホットカーペット・電気毛布など、一酸化炭素が発生しない暖房器具が使用できますが、電源なしサイトではまた変わってきます。


2019012601 (3)









「電源なしサイトでは暖を取るのに、石油ストーブ・カセットガスストーブなど、一酸化炭素が発生する暖房器具を使用されると思います」


幕内をしっかりと換気し、一酸化炭素中毒には絶対に気をつけて欲しいです。


3019120201 (1)









今回は、冬キャンプに一酸化炭素中毒にならない方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。


我が家の防止法なので、ぜひ参考にして下さいね。







2020011652







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






冬キャンプ一酸化炭素:


2019030701 (7)









「冬キャンプの暖房器具といえば、石油ストーブやカセットガスストーブを使っている方が多いはず」


石油ストーブやカセットガスストーブは、キャンプで手軽に使用できるので、とても重宝します。


3019111701









「手軽に使用できる、石油ストーブやカセットガスストーブですが、必ず一酸化炭素が発生します」


幕内で使用する場合、換気をしないと一酸化炭素中毒になってしまいます。


2019030701 (10)









「冬キャンプに、石油ストーブやカセットガスストーブを使用する場合、絶対に換気は必要」


換気をする方法も、テントとシェルター・2ルームテント・スクリーンタープを使用する場合、変わってきます。


2020030301 (3)





テントで暖房器具:


2020030301 (1)









「テントで、石油ストーブやカセットガスストーブを使用する場合」


テントは、床と壁が縫い付けてあるものが多く、気密性が高いので、しっかりと窓や出入り口を開け、換気をして下さい。


2020013008 (7)









「一酸化炭素は、空気より若干軽いので、テント上部に溜まる可能性があります」


石油ストーブやカセットガスストーブを、テントで使用する場合、ベンチレーターを必ず開けてください。




上部に溜まった一酸化炭素が、ベンチレーターを開けることで、外に出ます。


2016100903









「しっかりした換気が必要ですが、あまり換気をしすぎると、テント内が全く暖まらないということになるので、神経質にはならず、ほどほどの換気が重要です」


20cm程を2〜3ヶ所、窓か出入り口を、換気の為に開けて下さい。




換気は、出入り口か窓を20cm程2〜3ヶ所と、ベンチレーターを開けることで、一酸化炭素中毒を防ぐことができます。


2016020707









シェルター・2ルームテント・スクリーンタープで暖房器具:


2019022201 (1)









「シェルター・2ルームテント・スクリーンタープは、テントとは違い、床と壁が縫い付けられていません」


床部分は開いているので、一酸化炭素中毒になる可能性が低くなります。


2017111925









「床がない幕は、一酸化炭素に神経質にならなくても、よいと思います」


ただ、一酸化炭素が上部に溜まるので、ベンチレーターは必ず開けて下さい。




換気も、窓や出入り口を20cm程を1~2ヶ所開けおけば大丈夫だと思います。


2017111918










一酸化炭素警報器:


3019040801 (2)









「石油ストーブやカセットガスストーブは、必ず一酸化炭素が発生します」


幕内で使用する場合、必ず一酸化炭素警報機を設置して下さい。


一定以上の一酸化炭素が発生すると、警報機が知らせてくれます。




石油ストーブやカセットガスストーブの故障、不完全燃焼で、予期せぬ事態になる可能性もあるので、一酸化炭素警報機はとても重要です。









「幕内で、石油ストーブやカセットガスストーブの使用は、一酸化炭素の危険があるので、メーカー側からは推奨されていません」


これで我が家は、一酸化炭素中毒を防止していますが、これはあくまでも我が家の方法。




幕内での、石油ストーブやカセットガスストーブの使用は、あくまでも自己責任になるので、使う場合はしっかりと対策をして下さい。


3019120201 (2)










まとめ:


3019112601 (2)









石油ストーブやカセットガスストーブを使用すると、必ず一酸化炭素が発生します。


一酸化炭素中毒を予防するには、換気がとても重要。


換気の為、窓や出入り口を開けすぎると、全く幕内が暖まらないので、しっかりと換気は必要ですが、ほどほどが大事。


幕内で、石油ストーブとカセットガスストーブを使用する場合、換気+一酸化炭素警報機を必ず設置して予防して下さいね。


以上、「冬キャンプの一酸化炭素中毒の予防はこれしかない!我が家の方法を詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!